飯田航太が見たコロナ後のオーストラリア・ゴールドコースト

飯田航太が見たコロナ後のオーストラリア・ゴールドコースト

現在、国際的に深刻な問題となっている新型コロナウィルス。中国を発端とし世界中に拡散、各国は入国制限をかけるなどいわば国際社会は一時的に鎖国状態になっている。国内外ではイベントや集会の禁止、さらには外出区禁止令などの規制がかかり、さまざまなスポーツにも大きな影響がでているのは周知の通りだ。そんな状況の中、サーフィン界では先日3月13日にWSLが3月に開催予定だった全イベントのキャンセルを表明、これにはWSLの最高峰ツアーであるチャンピオンシップツアー(CT)の初戦でさえも含まれた。そして間を置かず、3月17日にはWSL CEOのエリック・ローガンが5月まで世界中で開催される全てのコンテストの延期またはキャンセルを表明し、さらなる衝撃が走った。この状況の中、WSL CT初戦が開催されるはずであったオーストラリア・ゴールドコーストに中学を卒業し渡豪、現在は現地の大学に通いながらプロサーファ...

| SURFIN’ LIFE | その他

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のサーフィン記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る