「古い車の税金が高い」は正しいか否か、厳しい日本の税金制度が意味するもの

「古い車の税金が高い」は正しいか否か、厳しい日本の税金制度が意味するもの

旧車増税は日本だけの制度ではない 日本において車齢13年以上のクルマは自動車税や自動車重量税が重課される。いわゆる「旧車増税」と呼ばれる制度だ。これについて「古いものを大切にしないことを政府として良しとするのか」と憤る声も多い。 日本国内で登録されている乗用車の平均車齢は8.6年。平均で8年を超えているので旧車増税の対象になるクルマは決して少なくない。一般社団法人「自動車検査登録情報協会」のデータから計算すると、普通乗用車で車齢13年以上は約20%、小型乗用車では約25%。乗用車全体でいえば、約22%が旧車増税の対象になっていると予測される。*以下は13年経過の自動車税額早見表・年税額(乗用・自家用)総排気量1リットル以下33,900円総排気量1リットル超1.5リットル以下39,600円総排気量1.5リットル超2リットル以下45,400円総排気量2リットル超2.5リットル以下51,7...

| Auto Messe Web | インタビュー・コラム

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自動車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る