急増する国産高級車、1000万円オーバーのクルマと所有する価値と意義とは

急増する国産高級車、1000万円オーバーのクルマと所有する価値と意義とは

貴重な時間を生み出す特別な世界 クルマの価格が高くなっている。昨今の自動車メディアにおいて飛び交っているそんな言葉は、たしかに現実を反映したものといえるだろう。たとえば軽自動車でも、日本で最も売れている乗用車といえるホンダ「N-BOX」といったスーパーハイトワゴンの最上級グレードとなれば200万円に迫るプライスタグ。コンパクトカーも200万円台というケースは珍しくはない。 しかし、そこには理由がしっかりとあり、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)をはじめとするほんの10年前には考えられなかったコストのかさむ装備がいまや当然となり、ハイブリッドの搭載などコストも増加。車両価格は上昇して当然なのだ。その分は確実に、快適性や走行性能、そして安全性の向上としてユーザーのメリットに反映されている。 いっぽうで、全く別のレベルでも国産車の価格上昇を感じるゾーンがある。1000万円を超える、超高額...

| Auto Messe Web |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む