事故が起きても保険金が支払われないことも!自動車保険の「告知義務」と「通知義務」の重要性

事故が起きても保険金が支払われないことも!自動車保険の「告知義務」と「通知義務」の重要性

保険事故歴を偽ってもバレて追徴保険料が発生 自動車保険に加入する時に「告知義務」と「通知義務」というのがある。具体的には、過去の保険事故歴や条件によって保険料が変化するなどの項目で、事実と異なる申告をすると保険金が支払われないとか追徴保険料が発生するケースがある。 損害保険会社は、自動車保険契約を結ぶ時に、記名被保険者の年齢やクルマの使用目的など、リスクに応じて保険料算定や、契約の可否を判断する。それらに大きな影響を与える重要な項目について、記名被保険者に対し、実態にあった正しい申告をすることを義務付けている。「告知義務」には保険会社によって多少の違いはあるが、主に「被保険自動車の情報」、「記名被保険者の情報」、「前契約の等級」、「前契約時の事故の有無」、「契約台数」、「他の自動車保険契約等の情報」などがある。「通知義務」は、主に「被保険自動車の用途車種、登録番号の変更」、「被保険自...

| Auto Messe Web | 役立つ知識

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自動車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る