日本代表選手選考の枠組みが明らかに・2021年マウンテンランニング・トレイルランニング世界選手権

日本代表選手選考の枠組みが明らかに・2021年マウンテンランニング・トレイルランニング世界選手権

トレランJAPAN(一般財団法人日本トレイルランニング協会)は日本陸連とともに来年2021年のトレイルランニング・マウンテンランニング世界選手権 World Mountain and Trail Running Championshipsについて、日本代表選手の選考要項を4月7日に発表しました。今年5月下旬以降に国内で開催される10大会が選考競技会に指名され、これらの選考レースの上位入賞者を中心に選考を実施。クラシック、バーティカル、ショートトレイル、ロングトレイルの4種目の男女それぞれについて2021年1月18日に日本代表内定選手が発表されます。なお、世界選手権の開催地や日程については現在ワールドアスレチックス(WA)で選考が進められており、今年6月15日に発表される予定です。

| DogsorCaravan | トレイルラン

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の登山記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る