COVID-19 カリフォルニアの状況

COVID-19 カリフォルニアの状況

刻一刻と変化する、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)3月20日から4月13日までのカリフォルニアの状況レポートです。日本のサーファーの皆様、日々の生活とサーフィンとの向き合い方の参考にしてください。3月20日 皮肉にも到着直後にカリフォルニア州全体にロックダウン宣言が発令される。しかしながら入国、通関全て今までより人も少なく、レンタカーを借りて目的地エンシニータスまでスムーズに到着する。高速道路などは夕方ラッシュ時にも関わらず空いており、道中のサインは”STAY HOME” “SAVE LIVES COVID19″など、いつものハイウェイを運転しているだけであったがどこか非日常である空気が伝わる。3月21日 翌日エンシニータス、カーディフに海の状況を見に行くが、海岸線は思いの他日常が繰り広げられていた、ジョギングする人々、自転車に乗る人々、そしていつもと変わらないサーファー...

| 国際環境NGO Surfrider Foundation Japan |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む