チームスズキで全方位的な進化を実現! エンジニアが語る新型ハスラー開発秘話

チームスズキで全方位的な進化を実現! エンジニアが語る新型ハスラー開発秘話

ワゴンならではの優れた使い勝手と、機能性を追求したSUVをかけ合わせた、軽クロスオーバーという新ジャンルのクルマとして、2013年12月に初代がデビューしたスズキ・ハスラー。  同社の主力モデルであるワゴンRと同様の室内の広さや使い勝手のよさを備えながら、遊び心あふれるポップなデザインでアクティブなライフスタイルを楽しむユーザーの心を鼓舞するというコンセプトは、発売直後から大きな反響を呼び、2019年12月には累計販売台数が48万台を突破。まさにスズキの屋台骨を支える基幹車種と呼べるまでの成長を遂げている。  そんなハスラーが初のフルモデルチェンジを実施、2代目へと生まれ変わった。今回の開発でチーフエンジニアを務めた竹中秀昭さんは、任命されたときの気持ちを次のように振り返ってくれた。

| WEB CARTOP | インタビュー・コラム

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自動車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る