どのサーフボードがいい?自粛明けのサーフィンを想像しながら見たい2020最旬サーフボードVol.3

どのサーフボードがいい?自粛明けのサーフィンを想像しながら見たい2020最旬サーフボードVol.3

ファイヤーワイヤーサーフボード「シーウルフ」モデルロブ・マチャドが提案する、2020 年の日本限定モデル。薄めのレール、特徴的なラウンドウェッジ(くさび)テールの融合により軽快なリッピングができる。トライ、ツインスタビ、ツインといろいろなフィンセッティングで楽しめる仕様だ。サイズ:167.6×49.8×6cm、 28.7l、163,000円。ファイヤーワイヤーサーフボード「シーサイド&ビヨンド」モデル作り手のロブ・マチャドをして、驚きのパフォーマンス性能と言わしめたミッドレングス・フィッシュ。「長いレールを使う気持ち良さとグライド感、そしてターンのしやすさに感動したよ。あらゆる波で信じられないほどうまくターンができるんだ」。サイズ: 213.4×54.3×6.8cm、45.3l、168,000 円。 ファイヤーワイヤーサーフボード「エルトモ フィッシュ」モデル「今日までのフィッシュ・...

| SURFIN’ LIFE | ボード・フィン

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のサーフィン記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る