超絶人気の「軽ハイト系ワゴン」! なのに苦戦するダイハツ2車種の「問題点」とは

超絶人気の「軽ハイト系ワゴン」! なのに苦戦するダイハツ2車種の「問題点」とは

超人気ジャンルなのになぜ売れない? 原稿執筆時の直近データによると、国内の新車販売台数年間トップ3の車種は1位がホンダN-BOX、2位にダイハツ・タント、3位はスズキ・スペーシアとなっている。この3車種からわかるように、ボディ全高が高い「ハイトワゴン」と呼ばれる軽自動車が大人気だが、同じカテゴリーに属しながら販売の低迷する車種もある。 それらは何がマイナス要因となっているのだろうか? 「軽ハイトワゴン」という売れ筋カテゴリーでありながら、イマイチ人気の芳しくない車種について考えてみたい。国内販売台数のトップ3を「軽ハイトワゴン」が独占 先述のとおり2019年度(2019年4月から2020年3月)における国内販売ランキングのトップ3車種は、1位:ホンダN-BOX、2位:ダイハツタント、3位:スズキスペーシアであった。この3車に共通するのは、全高が1700mmを上まわる背の高いスライドド...

| Auto Messe Web | 車選び・比較

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自動車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る