アフターコロナ、ローカリズム2.0

アフターコロナ、ローカリズム2.0

新型コロナウイルス感染拡大によって私たちサーファーにとっての日常も大きく変わることになった。不要不急の外出自粛が叫ばれる中で、自粛しない人達の絵としてサーファーが注目されたこの 2か月。そしてようやく緊急事態宣言が解除されることになったが、いわゆる “新たな生活様式”の中でサーファーがどの様に行動していくべきか、鵠沼生粋のローカル3人が語った。SFJ 江の島の渋滞、自粛しないサーファーが報道でクローズアップされて、サーファーに対する視線は厳しくなりました。河村 自粛って人それぞれ捉え方に違いがあって、海に入らない人は自粛しているサーファー、海に入る人は自粛していないサーファーみたいな感じになってしまいましたね。全員 自粛しない市民の代表、パチンコに並ぶ人、夜の歓楽街、サーファーみたいに(苦笑)佐賀 確かに日本全国でみれば高齢化率の違い、病院の数が圧倒的に少ない地域もあって、地方では集...

| 国際環境NGO Surfrider Foundation Japan |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む