ボルボが新車輸送を鉄道主体に

ボルボが新車輸送を鉄道主体に

電動化などCO2排出削減に積極的な姿勢を見せるボルボ・カーズが、新車の輸送を鉄道主体にシフト。現在、多くの自動車メーカーは生産・組み立て工場から車両保管場所までの輸送にトラックを使っているが、ボルボは鉄道に切り換えることでCO2を削減。今回、ベルギーのヘント工場からイタリア北部、あるいはオーストリアの倉庫までの輸送を鉄道へ変更することでCO2排出量を50-75%削減できたとしている。

| LE VOLANT CARSMEET WEB | その他

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自動車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る