今夏の海岸利用に関し「夏期海岸藤沢モデル 2020」の運用が決定

今夏の海岸利用に関し「夏期海岸藤沢モデル 2020」の運用が決定

湘南、全国一の賑わいを見せる藤沢市のビーチ。特に片瀬海岸西浜や片瀬海岸東浜の江ノ島周辺と辻堂海水浴場は湘南の顔といっても過言ではない。ただ、今年は新型コロナウイルスの影響により海の家が営業されないことが決定している。そこで藤沢市夏期海岸対策協議会では今夏の海岸利用に関し「夏期海岸藤沢モデル 2020」の運用をすることが決定した。その内容は利用用途に合わせて、マリンスポーツ自粛エリアとマリンスポーツ可能エリアとの棲み分けを行う。7月18日から8月31日までの間、午前10時から午後3時まではエリアの境界には「Swim Between Flags」を掲げ、神奈川県ライフセービング協会が派遣するライフセーバーが監視する。ライフセーバーは旗の間を注視し、入水者等に対し必要に応じて指導する。また、当日の海象状況により、ライフセーバーが範囲を決定し、Flagを掲げる。 エリアを表現するため、波打ち...

| SURFIN’ LIFE | その他

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新のサーフィン記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る