「馬」の時代は左側通行! 世界が右側・左側通行に二分されたワケ

「馬」の時代は左側通行! 世界が右側・左側通行に二分されたワケ

右側通行と左側通行に世界が二分されたのはなぜか?。その答えは、いろいろな説が世に出まわっており、はっきりとはわからない。  ひとつのきっかけとなるのは、馬や馬車の扱いではないかと思う。馬は、人間の家畜となって4000~5000年の歴史を重ねており、移動はもちろん荷役や耕作の動力、あるいは戦争などで永年使われてきた動物だ。そして馬術においては、馬を曳く際は左前に立って人が歩く。乗り降りは、馬体の左側から行う。すれ違う際には、左側に避けるという決まりになっている。クルマの交通ほど厳密ではないが、あえていえば左側通行になる。

| WEB CARTOP | その他

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む

最新の自動車記事

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る