【激安高品質】個人作家のキャンププロダクトが真面目に熱い!

【激安高品質】個人作家のキャンププロダクトが真面目に熱い!

今となっては随分前の話我が家がキャンプを年一で楽しんでいた頃は『道具にこだわる』だとか『人と同じは嫌』という感情なり性向が自分の中にある事すら気付いていなかった。何せ…キャンプやBBQができる事そのものが楽しくてただそれだけで満足だったから。無論その行為が行えること自体に価値を感じていたため場所も道具も言うなればどうでもよく天気の良い日に人が集まるような河原や海岸若しくは山の中ならそれこそどこでも良くて火を焚いて怒られなければそれでいいそんな状態だった。景色なんてそれこそ気にも止めていなかったわけで無論、景色の良い湖畔なんかが広がっていたなら「もう一度あそこに行こうか?」そんな話になったのかも知れないが(画像はイメージです)生憎、その様な綺麗な景色よりも、そこに川があってカマドが作れてそれが出来れば楽しいし幸せだったわけだから何も知らないという事もある種、幸福な事なのだと思う。今では...

| 今日もどこかで野遊びを… |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む