国内ロードレースがいよいよ開幕!|第54回東日本ロードクラシック群馬大会Day1

国内ロードレースがいよいよ開幕!|第54回東日本ロードクラシック群馬大会Day1

新型コロナウイルスの影響で開催が延期されていた、JBCFサイクルロードレースシリーズが7月23日に開幕。トップカテゴリーの「Jプロツアー」の取材で入っていたカメラマンM.Shimizuの写真と共に振り返ります。 感染拡大予防のため、選手及び最低限のチームスタッフや大会関係者のみで、無観客での開催となりました。 昨年のディフェンディングチャンピオンチーム、マトリックスパワータグを先頭に選手がスタートラインに集まります。 先日JBCFの新理事長に就任した安原監督の隣には、昨年Jプロツアーのチャンピオンとなり、海外プロチームにステップアップした、オールイス・アウラール選手に替わってチームに加入した、ベネズエラ人のレオネル・キンテロ選手。なんでも、オールイス選手よりも強いと言われているとか。今シーズンもマトリックスパワータグは台風の目となりそうです。 メディア陣も密を避けて、心なしか少なめか?

| BJnet |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む