真夏対策の必需品 自転車用保冷ボトル5選 保温タイプも紹介

真夏対策の必需品 自転車用保冷ボトル5選 保温タイプも紹介

真夏のサイクリングで問題になるのが水分補給。自転車で走行している最中は風を受け、汗が乾くため、発汗しにくい印象がありますが、実際には多くの量を汗をだしています。水分を取らないと、汗や皮膚で体温が調整できなくなり、体に熱がたまってしまい熱中症になる危険がある。真夏のサイクリングは要注意!ナイトロバンビで学ぶ熱中症そのため、真夏のサイクリングを行うときは、積極的に水分を摂取しないといけない。必需なのが、ボトルケージを複数装着し、ダブルボトルでサイクリングを行うのが基本だ。そして、重要なのがボトル。ペットボトルや一般的なサイクリング用ボトルを使うと、暑さによりボトルの中身の温度がすぐに上がるため温い状態になってしまう。温い状態の飲み物は味が悪いだけでなく、飲んだ時に体の中が冷えない問題もある。そこでお薦めなのが保冷機能が付いたボトル。ペットボトルよりも口が広く氷を入れることができ、従来のボ...

| CycloRider |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む