サーフィンでの波のサイズの表現の仕方を【図】で解説!初心者向けや危険なサイズは?

サーフィンでの波のサイズの表現の仕方を【図】で解説!初心者向けや危険なサイズは?

サーファー同士の会話によく出てくるヒザ〜モモ、コシ〜ハラ、アタマなどの言葉は波のサイズ(高さ)を表現しています。あくまで大まかなサイズになりますが日本人サーファーの間では共通言語であり初心者はすぐにでも覚えておきたい言葉です。今回は初心者向けに波のサイズ・高さの表現の仕方を図を交えて解説します。初心者が楽しめる波や危険な波のサイズについても触れます。波のサイズの表現を図で解説波のサイズの表現の仕方は体の部位を基準にします。【スネ・ヒザ・モモ・コシ・ハラ・ムネ・カタ・アタマ】など地面に足が着いた状態で波の高さが体のどの部位あたりかで判断します。ただ同じ高さの波が常にくることはまずないので一般的には【モモ〜コシ】、【ハラ〜ムネ】などの表現をします。 波のサイズ・高さの基準&表現【図解】スネ〜ヒザの波はロングボードでなんとかできるサイズ、モモ〜コシくらいあるとショートボードでも楽しめ、ハラ...

| Slow Surf Style |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む