【カーエレクトロニクス スペシャル】データシステム・4Kドライブレコーダー「DVR3400」/圧倒的な高精細ですべてを映し出す4Kドライブレコーダーが新登場

【カーエレクトロニクス スペシャル】データシステム・4Kドライブレコーダー「DVR3400」/圧倒的な高精細ですべてを映し出す4Kドライブレコーダーが新登場

万一の交通事故やあおり運転などに備え、成長を続けてきたドライブレコーダー。現在では、ドライブの思い出として記録するなど、新たなニーズも生まれている。4K時代に突入した新製品をチェックした。売れ筋は2万円クラスの高額ドライブレコーダー万一の事故はもちろん、社会問題化しているあおり運転などに備えて、ドライブレコーダーの注目度が高まっている。GfKの調査によると、2019年の販売台数は、前年比27%増の177万台に達している。あおり運転の明文化、厳罰化により今夏もかなり売れるはずだ。購入時の平均価格は、税抜きで1万9100円。また、動画記録画素数は、フルHD(200万画素相当)以上が販売台数の9割を占め、より高精細な370万画素以上の数量構成比は、前年の1%から8%まで伸張。こうした流れはあおり運転の厳罰化などにより、さらに加速するだろう。4K(3840×2160)の解像度、829万画素、...

| LE VOLANT CARSMEET WEB |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む