たんぱく質、不足するとどうなる?摂りすぎは体に悪い?管理栄養士が解説

たんぱく質、不足するとどうなる?摂りすぎは体に悪い?管理栄養士が解説

 たんぱく質とは、ヒトの生命維持や身体活動に欠かせない「脂質」「糖質」と並ぶ3大栄養素のひとつです。血液や筋肉、骨や臓器、皮膚、髪、爪などカラダを形成する主要な成分で、体重の1/5を占めています。体内のホルモンや酵素、免疫物質などを作り、栄養素の運搬を行ない、微量のエネルギー源にもなっています。

| MELOS |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む