「シガー」「ヒューズ」「バッ直」! D.I.Yでも十分できる「車内電源」の確保の方法5選

「シガー」「ヒューズ」「バッ直」! D.I.Yでも十分できる「車内電源」の確保の方法5選

日常生活の電源としてクルマにはどんな方法があるのか スマホの充電をはじめとして、クルマの電源を利用する機会は今や日常といえる。車載する電子パーツはもちろん、車中泊といったレジャーユースでもクルマの電源は必須といえる存在だ。ここではクルマから電源を取り出す主要な方法をご紹介しよう。1)シガーソケット クルマの電源端子といえばコレ。本来は熱線を仕込んだシガーライター用の端子だったが、喫煙者の減少に伴ってライターが消え、汎用のACC電源取り出し口としてソケットのみが残された。 ほとんどの車載機器がシガーソケット対応のため、複数電源を利用するには分岐ソケットで端子を増やすのが手っ取り早い。 デメリットは端子が大きいために口数が増えると分岐ソケットも大きくなり、車内で邪魔な存在になることだ。レーダー探知機など常時接続する機器はプラグを経由せずに配線するなど、電源を整理すると口数は減らせるはず。...

| Auto Messe Web |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む