au損保が自転車の車道通行に関する調査を実施 車道通行は危ないと思う自転車利用者は95.2パーセント

au損保が自転車の車道通行に関する調査を実施 車道通行は危ないと思う自転車利用者は95.2パーセント

au損害保険(以下、au損保)は、全国の自転車利用者の男女1000人を対象に、自転車の車道通行に関する調査を実施した。新型コロナウイルス感染症の影響により、「3密(密閉、密集、密接)」を避けることを目的として改めて自転車通勤に注目が集まっている。一方、自転車に乗る際には、自動車同様に多くの交通ルールが存在する。ルールの一つでは、一部例外を除き、自転車は歩道ではなく車道の左側を通行することが義務付けられていますが、街中で歩道や、車道の右側を走る自転車を見かける機会も多い状況だ。そこで、自転車向け保険を取り扱うau損保が、自転車利用者が、自転車で車道の左側を通行することについてどのように考えているのかを調査した。

| CycloRider |

アプリで続きを読む

この記事の続きを読む