冬キャンプを快適に満喫できるテントとは?選び方のポイントとおすすめ15選!

冷たい空気に輝く満天の星、炎のゆらめきをゆったりと眺める贅沢な時間が味わえる焚き火、自然に囲まれて飲むホットワインの味わい…。寒い冬でも、しっかりと準備をすれば、冬でしか味わえない魅力にあふれた冬キャンプを楽しむことができます。そこで冬キャンプを満喫するためのテントの重要性から選び方、そしておすすめのテントまでご紹介します。

更新日:

冬キャンプの魅力とは?

冬にキャンプをするなんて寒くて辛そう!と思う方もいるかもしれませんが、冬には冬の素晴らしい楽しみ方があります。

  • 普段では味わえない、真っ白な雪に覆われた大自然
  • 澄んだ空気に一層強く輝く星空
  • 暖を取りながらゆらめく炎を楽しめる焚き火
  • 虫に悩まされずゆっくりすごせる時間
  • 雪があるこそ楽しめるソリ、スノボなどのアクティビティや雪遊び
  • 汗をかきにくいので、お風呂やシャワーを浴びなくてもよいかも…

などなど、冬だからこそキャンプを楽しめる理由がたくさんあるのです。
しかしそんな冬キャンプでも間違ったテント選びをしてしまうと、寒くてただただ辛いだけのキャンプになりかねません。それほど冬キャンプにはテント選びが重要なのです!

冬キャンプではなぜテントが重要なの?

冬キャンプは当然のことながら寒いです。雪が降っていなくても、防寒をしっかりしておかなければキャンプも楽しめません。
雪景色を楽しむために一面の銀世界でキャンプをする方もいますが、同時にかなりの寒さも伴います。
そんな寒さの中でテントを張るのですから、しっかりと防寒対策の取れたテントを選ぶ必要があります。

また冬は、外とテント内の温度差が激しいために結露でテントがびしょびしょに濡れてしまったり、風が入って寒くなったりすると、ゆっくりと寛ぐこともできなくなってしまいます。
快適な冬キャンプをするためには、そんな冬の悩みを解決してくれるテントを使用してこそ楽しい時間を満喫することができるのです。

冬用テントはどう選べばよい?

冬キャンプを楽しむためのテント選びには、3つのポイントがあります。

1. テントの素材

3シーズン(春夏秋)用のテントは熱気がこもらないよう、通気性の良い素材でできています。それに対し冬用のテントは生地が分厚く、保温性に優れた素材を使用したものが適しています。
冬ではどうしても悩まされてしまう結露も、コットン素材やコットン混紡のTC素材であれば通気性が高く、結露の発生を抑える事ができます。

またテント内で薪ストーブなどを使用する場合なども、ナイロンやポリエステルといった化繊よりコットンやTC素材のほうが難燃性が高く安全性が高いです。

テント内での暖房器具の使用は一酸化炭素中毒の危険があります。必ずメーカーのガイドラインに沿って暖を取るようにしてください。

2. ベンチレーションの有無

ベンチレーションとは、換気をするための機能・機構のことです。ベンチレーションがあれば効率よく空気を入れ替えることができるので、テント内の湿気を追い出し結露を防止することができます。
テント下部と上部両方にベンチレーションがあれば空気が自然に下から上へと対流し、通気性をアップすることができます。

結露がついたままテントを収納してしまうとカビの原因となるので、きちんと拭き取ったり十分乾かしてから収納しなければなりません。
その点ベンチレーションで結露の発生を抑える事ができれば、その分作業を短縮することができます。

また、重要なのは結露防止だけではありません。冬のテント内では暖房器具を使用することが多くあります。
燃焼系の暖房器具はテント内が酸素不足となり、一酸化炭素が発生して中毒を引き起こしてしまう危険があります。
一酸化炭素中毒は最悪の場合死に至るケースもあり換気がとても重要となるので、ベンチレーションは必要不可欠なのです。

3. スカートの有無

女性が着るファッションのことではなく、テントの裾が長く地面についている部分のことをスカートと呼びます。
このスカートが付いていればテント内の温かい空気が漏れにくく、さらに外の冷たい空気の進入を遮断することができ、しっかりと保温・防寒することができます。

雪が積もっている場所でテントを張る場合であれば、テントと地面の隙間を雪で埋めてしまうという方法もあります。しかし、雪の状態によって難しいこともあるのでスカートが付いているもののほうが安心です。
ただし、スカートのあるテントであってもインナーテントがメッシュ仕様になっているタイプではどうしても寒くなってしまうため、寝袋やマットでしっかりと防寒する必要があります。

その他の注意点は?

冬用テントにはさまざまな形状のものがあります。冬用テントでおすすめの構造はツールームテントとワンポールテントですが、自分のキャンプスタイルに合わせて選ぶのがポイントです。

ツールームテントでは寝室部分のインナーテントとリビング部分が分かれており、調理や食事がゆっくりリビングで楽しめます。

ワンポールテントは設営も簡単な上、寝室とリビングを兼ねているため熱も逃げにくく快適に過ごすことができます。
ワンポールテントでもベルテントのように中が広くゆったりと過ごせるものもあるので、冬キャンプの過ごし方やテントの収容人数なども考慮しながら探すことも大事です。

テントでの寒さ対策を怠ってしまうと、せっかくの魅力いっぱいの冬キャンプを味わえなくなってしまいます。服装だけでなくテントでもしっかりと防寒対策をして、是非冬キャンプを存分に満喫してください!

冬用テント以外のテントもチェックしよう!

冬キャンプに適したテントは、形状や素材、機能などによっていろいろとあります。また、他のテントについて知ってもらえれば、新しい発見があるかと思います。さまざまな種類のテントを所有し、季節やキャンプ場などによって使い分けられれば上級者。是非いろいろなテントを知ってください。

冬キャンプに適したテントのおすすめはこちら!

  1. 01 Asgard 19.6 Basic Cotton (NORDISK)

    • 田中さん

      田中 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      大勢でのキャンプに活躍

      大勢でキャンプするときや家族でのキャンプによく使用します。大きいので設営は少しばかり大変ではありますが慣れれば一人でもなんとかできます。中は広々としていて天井も高いので無理な体制になりにくい。通...

    • kazuさん

      kazu | ★★★★★ ★★★★★ 5

      高さがあり解放感を感じるテントです

      ノルディスクの「ベーシックコットンテント」は、中が広く感じて居心地は良いです。特徴として、「高さ」があり身長が高い人も普通に歩ける感じです。大人と子供なら、10人ぐらい寝れる広さになります。生地...

    ノルディスクの代表格と言える、ベル型テントのアスガルドになります。最大10人が収容可能という広大な居住空間を誇り、子供が走り回れるくらいの広さであるため、大人数でのグループキャンプや、家具などを設置してのグランピングにもおすすめで、目を引くデザインはキャンプ場でも注目の的になること間違いなしです。ポリエステルとコットンを混紡したT/ C素材を採用しており、通気性と快適性を兼ね備えているほか、撥水加工が施されているため、意外と雨にぬれても大丈夫です。暖かさを逃しにくい素材でもあるため、ストーブをインストールして冬キャンプを楽しむこともできます。大型のテントにはなりますが、ポールの本数も少なく意外と設営手順はシンプルになっており、グランピング気分を手軽に味わうことができるテントです。

  2. 02 Alfheim 19.6 Basic Cotton (NORDISK)

    • かみさん

      かみ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      広々と居心地がいい

      高さがある広々としたワンポールタイプのテントとなっていて開放感がありますし、個人的にはこれ位の高さがリラックスできました。上部にはベンチレーションが設置されているので通気性も良くて快適でした。テ...

    ノルディスクのティピー型ワンポールテントになります。その高いデザイン性はおしゃれなサイトを演出してくれること請け合いです。8~10人まで就寝することができる広大な空間を誇っているので、二家族のグループキャンプにも対応できるほどです。トップにベンチレーションが付いているため、フロアシートを外せば、テント内でちょっとした調理や焚き火をすることもできます。コットンとポリエステルを混紡したT/ C素材は火の粉にも強く安心できます。さらに、結露にも強く暖房効率もよい素材なので、テント内はオールシーズン快適な環境が保たれています。フロアレス仕様ではありますが、ターポリン素材のフロアと、4人まで就寝可能なインナーキャビンも追加可能です。

  3. 03 Zirkon 15 CP (Tentipi)

    スウェーデン発祥のノルディックティピーテントブランド、テンティピのジルコンです。コットンとポリエステルの混紡素材を採用したコンフォートモデルで、こちらは複数サイズ展開のうちの放射状に10~16人が快適に眠れる大型サイズ。小型テントを中に設営するカンガルースタイルもおすすめです。センターポール1本だけのシンプル構造、大型テントながら設営は簡単で八角錐の形状で風にも強くなっています。2重構造のトップベンチレーションとボトムのベンチレーションによりテント内はいつも快適なほか、薪ストーブ用の煙突穴も設けられているので、オールシーズン使用可能。天井も高くゆったり快適に過ごせるテントです。

  4. 04 Asgard 12.6 Basic Cotton (NORDISK)

    • 33くんさん

      33くん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      快適な居住空間

      収納バックも付属されていて簡単に持ち運びできるのは良かったです。センターポールでの設営は初心者でも分かりやすい構造になっていて簡単に設営することができるのは嬉しいです。出入り口と窓はメッシュパネ...

    • くるみさん

      くるみ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      設営しやすく細部までお洒落

      大型ですが、シンプルな構造でポールの数も少なく設営は比較的簡単です。内部は天井が高く開放感があり、難燃性の高いTC素材のテント生地は丈夫で冬季キャンプでは安心してストーブを置くことができて暖かく...

    ノルディスクの代表格と言える、ベル型テントのアスガルドになります。これぞグランピングというような目を引くデザインは、映えるサイトを構築してくれること間違いなしです。金具の一つに至るまでシロクマのロゴマークが施されており、所有欲も満たしてくれます。大型のテントにはなりますが、ポールの本数も少なく意外と設営手順はシンプルです。ポリエステルとコットンを混紡したT/ C素材を採用しており、結露が少なく意外と乾燥も気になりません。耐水圧は350㎜と一般的なポリエステル素材のテントよりは低いですが、撥水効果が高く、意外とテント内に水がしみ込んでくることはありません。燃えにくい素材はストーブをインストールすることも可能で、オールシーズングランピング気分を味わえるテントになっています。

  5. 05 Alfheim 12.6 Basic Cotton (NORDISK)

    • 巨人さん

      巨人 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      テント内でストーブもOK

      寒くなってくると、本当にテントでどう快適に過ごすかというのはポイントになります。このテントはテント内にもかかわらずストーブを使ったりすることができるのが大きなポイントです。テント内で焚き火をした...

    • トキドさん

      トキド | ★★★★★ ★★★★★ 5

      室内で焚き火が可能。

      アメリカの先住民のようなテントは、設営が完成した時に外から見ると非常にかっこよいです。最大のメリットは天井部分の換気口だと思います。空気の通り道を作ってくれるので、テント内で焚き火などをしても問...

    ノルディスクのティピー型モノポールテントになります。そのちょっとレトロでおしゃれなデザインはキャンプ場で注目を集めること間違いなしです。最大6人まで就寝することもできるので、大人数でのファミリーキャンプやグループキャンプに対応することができます。最大の特徴として、テントのトップにベンチレーションが付いているので、煙突式ストーブをインストールしたりテント内で焚き火や調理をすることも可能です。コットンとポリエステルを混紡したT/ C素材は火の粉にも強く、通気性も良好なのでテント内は結露もなく快適に過ごすことができます。別売りのジップインフロアと、星を観察することもできるメッシュ屋根のインナーキャビンも追加可能です。

  6. 06 Klondike Grande (robens)

    • イイロンさん

      イイロン | ★★★★★ ★★★★★ 4

      大人数でも問題なし

      ベル型の大型サイズモデルですが、一度8人で使用してみましたが、特に就寝時にみんなが寝転がってもしっかりと一人分のスペースを確保することが余裕でできました。入り口が大きいので、人の流れを崩すことな...

    • フォクさん

      フォク | ★★★★★ ★★★★★ 4

      速乾性

      大型ベル型テントではありますが、生地がポリエステルでできていますので、雨などが降ったとしてもあっという間に乾きます。フロア面は取り外しが可能になっており人数や荷物の量に合わせた使い方が可能です。...

    「完全なアウトドアライフのために」がコンセプトのデンマークのテントブランド、ローベンスの9人用ベルテント、クロンダイクグランデです。広大な床面積とテント下部の立ち上がりにより居住性に優れ、大人数でのグループキャンプにも対応できます。Aフレーム構造の高さ170cmの大型ドアにより出入りがしやすく、開放感も抜群。メッシュを多用した作りで通気性にも優れています。素材にはローベンス独自開発のハイドロテックスポリコットンを採用し、通気性と保温性に優れておりオールシーズン使用可能。さらに、天井部の直径16cmの煙突ポートを標準装備しており、薪ストーブもインストールできるなど、あらゆる季節でも快適に過ごせるテントです。

  7. 07 Klondike (robens)

    • 田中さん

      田中 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      大口で使いやすい

      設営がとても簡単なので初心者のかたにはオススメです。耐久性もよくて多少の雨風ならびくともしません。出入り口が大口で荷物の出し入れなどとても楽で大変使いやすいなと感じました。中も広くて天井も高いの...

    • ゆきホンさん

      ゆきホン | ★★★★★ ★★★★★ 4

      入り口の広さ

      最近はそのフォルムの良さからベル型のテントを頻繁に使っているのですが、その中でも特にお気に入りです。通常のモデルより入り口が大きく開くことによって、屈みながら中に入るという動作をしなくてよくなっ...

    北欧圏のアウトドアブランド、ローベンスの6人用ベルテントであるクロンダイクになります。広々としたスペースを誇り、大人数でのグループキャンプやファミリーキャンプにも最適です。素材には、ローベンスが独自に開発した「ハイドロテックスポリコットン」が使用されており、通気性に優れているため結露を防止してくれるとともに、夏は涼しく冬は暖かく快適に過ごすことができます。天井部には煙突ポートも標準装備されているので、薪ストーブを使用して冬キャンプも暖かく過ごすことができます。テントの下部が立ち上がっているため、中型ティピーテントながらも居住性に優れており、Aフレーム構造の大型ドアは出入りがしやすいだけではなく、開放感も生み出してくれます。フロア部はジッパーにより簡単に取り外しも可能で、正面入り口からセンターポールにかけてもジッパーが付いているため、様々なフロアパターンを楽しむこともできます。

  8. 08 アポロン (ogawa)

    • ひろさん

      ひろ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      通気性に優れた夏場に大活躍するトンネル型テント

      通気性がとても素晴らしいので夏のキャンプにはとても重宝するトンネル型のテントです。多くのトンネル型のテントは入り口部分だけがメッシュになっていることが多いのですが、アポロンはインナー部分の外側ま...

    • TTmmoさん

      TTmmo | ★★★★★ ★★★★★ 4

      武骨で強度に優れた全天候型2ルーム

      全面開放可能なメッシュパネルにより開放感は抜群で、サイドパネルを巻き上げればオープンタープのような利用もできて、生地が分厚いので日差しもしっかり遮り、スカートも丈夫なので年間を通して快適に使用で...

    信頼と100年続く歴史ある製品クオリティで1914年創業の老舗アウトドアブランド「ogawa」。日本の気候に最適な、全天候型テント「アポロン」は、ドーム型テントブームの先駆者とも言える、ogawa製品の中でも特に人気のアイテムです。大型全面メッシュを採用し、強度と剛性に優れたシンプルなフレームレイアウト。夏は全面をメッシュ、秋から冬にかけてはシェルターとして暖を取ることもできます。サイドパネルは、巻き上げ収納可能で快適性向上。張り出しポール(別売り)を準備すれば、張り出しも可能で、様々なバリエーションを楽しめるのも魅力のひとつ。ルーフフライ標準装備で、幕体の紫外線劣化や遮光性の向上、結露の軽減に貢献しています。安心で快適なその空間は、ファミリーキャンプやグループキャンプを盛り上げること間違いなし。

  9. 09 ピルツ15 T/C (ogawa)

    • なかすさん

      なかす | ★★★★★ ★★★★★ 4

      高品質で頼もしい

      決して安い価格帯のテントではないのですが、ポリエステルコットン素材で通気性、吸湿性に優れていて居住性は良かったです。室内には多数のベンチレーションが完備されていて出入り口はメッシュパネルとなって...

    • カーニビーさん

      カーニビー | ★★★★★ ★★★★★ 5

      多めのファスナー

      遊牧民の住居のようなテントが欲しくて購入をしました。見た目ではわかりませんが、色々な所にファスナーが付いており、全てを開け放つと抜群の風の通り道を作りだしてくれるので夏場はかなり快適です。通気性...

    老舗アウトドアブランド「ogawa」の定番モノポールテント、ピルツのT/ C素材バージョンになります。ポリエステルとコットンを混紡したT/ C素材は肌触りがよく、通気性、吸湿性に優れているほか、引張強度も高く二つの素材のいいところを兼ね備えています。高くて広い開放的な空間を確保した八角錐のテントは8人まで就寝可能であり、大人数でのグループキャンプにも最適です。5か所のベンチレーターと出入口のメッシュパネルで室内換気を自在に調整できるほか、上部にストーブ用の煙突ホールも用意されており、冬キャンプも暖かく過ごせます。グランドシートをめくることにより土間として使用することもできるほか、オプションでフルインナーも用意。自然の風合いも楽しめて、通気性と吸湿性に優れた新しいモノポールテントです。

  10. 10 グロッケ12 T/C (ogawa)

    • つつもんさん

      つつもん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ベンチレーションで通気性よし

      テント内の上部にはベンチレーションが組み込まれているので通気性が良い構造になっています。メッシュパネルで夏場も安心ですし雨風もしっかりと防いでくれます。大型のテントということもあって重量はそこそ...

    • りゅうさん

      りゅう | ★★★★★ ★★★★★ 5

      とても開放的です。

      中も広々で大人4人でも十分な広さがあります。設営はセンターポールさえ立てれば簡単ですが、大きいですし、ペグダウンの数も多いです。初めてで2人で約30分かかりました。慣れれば20分もあれば十分立ち...

    国産メーカー「ogawa」の6人用ベル型テントになります。グランピングで定番のベル型テントを国産の確かな品質で手に入れることができるため、海外ブランドに敷居の高さを感じている方にもおすすめです。大型メッシュ採用で通気性にも優れ、意外と設営も容易に行えるため、ビギナーにも優しい作りとなっています。ポリエステルとコットンを混紡したT/ C素材を採用しており、通気性と吸湿性に優れているほか、保温性にも優れているためストーブをインストールして冬キャンプも快適に過ごすことができます。出入口のAフレームはカバーで保護されており、出入口のひさし部はロールアップすることも可能です。全開放可能なベンチレーターメッシュパネルも搭載しており、快適性に優れた使いやすいテントです。

  11. 11 ドックドーム Pro.6 アイボリー (snow peak)

    • トマト好きさん

      トマト好き | ★★★★★ ★★★★★ 4

      大きい

      大きくて使いがってがよくてオススメです。デザインの方はシンプル過ぎず地味すぎないのがいいです。大きさのわりに設営も簡単でなんなく立ち上げれる。中は洞窟のような作りでとても広々としていて落ち着けま...

    • ポコさん

      ポコ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      鮮やかなデザインで、紫外線や日差しの侵入を防げます。

      色はアイボリーを採用していて、爽やかなデザインになっています。フォルムもかっこよく、キャンプで使用する際にテンションが上がります。フライシートにUVカット加工が施してある上に、ルーフシートが標準...

    グラマラスなシルエットに爽やかなアイボリーカラ―が映える6人用ドーム型テントす。日差し対策としてルーフシートが標準で付属しています。 特徴は、フライシートおよびインナーテントにたくさんのメッシュが使われており、通気性が抜群なところ。さらに、アウトフレーム構造を取り入れているので、ドームテントからシェルターへ簡単にチェンジができるのも特徴の一つです。 インナーテントは、大人4人と子供2人が利用できる広さですので、ファミリーキャンプやグループキャンプでの利用にピッタリな商品です。

  12. 12 Valhall Outer Tent (Helsport)

    • みおさん

      みお | ★★★★★ ★★★★★ 5

      大人数でのキャンプに是非

      親戚家族とキャンプで使用するために購入しました。ゆったりとした広さがちょっとした秘密基地みたいで子供たちは大興奮で気に入ってくれました。出入口が多いので動線の確保がしやすく、作業がしやすいです。...

    • そうじさん

      そうじ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      大人数でも快適に過ごせて、薪ストーブも使用できます

      幅780cm×奥行300cm×高さ210cmの大型テントで、大人数で使用しても窮屈になりにくく快適に過ごす事ができます。出入口は6カ所あり、気軽に出入りしやすい上にテーブルやチェアなどの大型のキ...

    大人8~10名を収容できる大型のトンネル型テントです。6ヶ所の出入り口が設けられており、人の出入りはもちろん荷物などの搬入がスムーズに行えます。また、そのうちの2ヶ所にはメッシュスクリーンがあり、通気性も抜群です。難燃性素材を採用しトップベンチレーションも付いているので、寒い冬でも薪ストーブが使え、快適に過ごすことができます。 雨にも強く、どんなコンディションでも快適にキャンプが楽しめる人気の商品です。

  13. 13 トンネル2ルームハウス/LDX スタートパッケージ オリーブ/サンド (Coleman)

    • ユウキさん

      ユウキ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      建てやすく、広く、快適に過ごせる

      コールマンのトンネル2ルームハウスは7種類あります。その中で一番おすすめするのはトンネル2ルームハウス/LDXスタートパッケージオリーブ/サンドです。コールマンの2018年の秋冬の新作です。他の...

    • おっちゃんさん

      おっちゃん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      設営簡単!広々3.5mリビングスペース

      2ルームが好きで購入しました。以前、使用していた2ルームはどうしても狭く、お隣を気にせず広々した空間が欲しかったので、すごく良かったです。私は身長が185cmあるのですが、食事した後に、広々リビ...

    広々としたリビングスペースを実現した、コールマンの2ルームテントに、テント泊に必須のテントシートとグランドシートをセットにしたモデルです。カラーはちょっと珍しいオリーブ/サンドを採用。同社のタフスクリーン2ルームハウスをも上回る広大なリビングスペースを誇り、インナーテントも5人まで就寝できます。また、ひさし機構と呼ばれるギミックにより強い日差しや雨の侵入を防いでくれるほか、リビングスペースをさらに約30%広げることも可能です。大型ドアとメッシュスクリーンで通気性抜群、吊り下げ式インナーテントで雨の日でも濡れずに撤収できるなど使い勝手も良好。広々空間で快適に過ごしたいファミリーキャンパーにおすすめです。

  14. 14 KERON 4 GT (Hilleberg)

    • まさふみさん

      まさふみ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      いろんなキャンプシーンに使えます!

      極地対応テントなのでインナーテント内の最大高110cmと屈伸状態でぎりぎり立つことができる高さです。広さは大人4人だと少し窮屈、大人子供2名ずつだとちょうど良い感じです。このテントの最大の特長は...

    • キャンおじさん

      キャンおじ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      スゴくいい。

      見た目が派手でインパクトが最強。人が多いキャンプ場でもひときわ目立つので子供が迷子になったりもしません。設営も簡単ですので家族でキャンプする方にはオススメです。中も3人~5人ほど横になれるぐらい...

    スウェーデンの山岳ブラント、ヒルバーグの象徴とも言われるトンネル型テントになります。通常モデルより入り口部分を延長し、大きな前室を確保して快適性を増しており、荷物が多い場合でも対応できるようになっています。4人まで快適に使用できるサイズであるため、ファミリーキャンプにも対応可能です。フライシートにはヒルバーグ独自の最強素材、ケルロン1800を使用し、18㎏の引裂強度と3000㎜の耐水圧を誇っています。アルミポールも10㎜ものポールが使用されており、屈強なモデルの多いヒルバークテントの中でも屈指のタフさを誇っており、雪山でも使用できるほどのスペックを持っています。4人用テントながら、わずか5.5㎏と軽量コンパクトなのも魅力です。オールシーズン対応できる汎用性の高いテントです。

  15. 15 Reisa 6 Legacy (NORDISK)

    • モクラさん

      モクラ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      設営が少し難しい

      高価格帯のグランピングテントとして、購入にはかなりの勇気が必要でしたが、結果から言うと一生付き合っていけるテントとして重宝しています。ただ設営にはかなりの慣れが必要ですので、最初の内は何度かテン...

    • ポケッサさん

      ポケッサ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      寒い冬でも問題なし

      少人数でのキャンプであれば冬でも暖かく過ごすことができ、非常に重宝しています。価格帯が高いのはしょうがないとは思いますが、カラーバリエーションがもう少し多いと選ぶ楽しみも増えたかと感じました。設...

    シロクマのロゴでおなじみのデンマークの老舗テントブランド、ノルディスクのトンネル型テントの名作、レイサ6をポリコットン仕様にして数量限定販売した希少なモデルです。通常モデルと同様、広大な居住空間を誇り、4人用と2人用の2つのインナーテントで最大6人まで就寝可能。大人数でのグループキャンプやファミリーキャンプの最適です。インナーテントを取り外して広大なシェルターとしても使用できるほか、前後左右にあるパネルはすべてキャノピーとして立ち上げ可能。前後のパネルはサイドパネル付きなので風雨の侵入を防いでくれます。窓やメッシュを多用した作りで開放感抜群、多くの小物入れやサイドに突き出たひさし、ランタンフックなど細部まで配慮された作りで、プレミアムなキャンプが楽しめる希少なテントです。