荷物を軽量化したいキャンパー必見!軽量テントの選び方とおすすめ15選

キャンプで快適な夜を過ごすために重要なアイテムであるテントですが、よりキャンプを快適にしたくて軽量なテントを探している方も多いのではないでしょうか?しかし、軽量テントは通常のテントとの違いや選び方がわからなくて不安だったりすることも多いですよね。そこで今回は、軽量テントの選び方からおすすめまでご紹介します。

更新日:

キャンプで失敗しない軽量テントの選び方

ソロキャンパーに人気で、初心者にもおすすめできる軽量テント。しかし、キャンプで失敗しないためにもその選び方は重要です。まず、テントの種類や購入する前に最低限チェックしておくべきポイントを解説していきます。

軽量テントのメリット・デメリット

キャンプの荷物を軽量化することができる軽量テントはとても便利ですが、通常のテントと何が違うのか気になる方も多いと思います。
まずは、軽量テントのメリット・デメリットから解説しましょう。

軽量テントのメリット

軽量テントはなんといっても「軽量」かつ「コンパクト」な点が最大のメリットです。
一人でも持ち運びしやすく設営しやすいのはもちろん、耐久性や利便性も通常のテントと比較しても遜色のない性能があるモデルも豊富でソロキャンパーにとても人気があります。

軽量テントのデメリット

軽量テントのデメリットは、通常のテントと比べると「高価」な点です。
アウトドア用品では軽量になるほど金額が高くなるのですが、それは最新の技術と特殊な糸を使って高強度で軽く薄くしているからです。そのため、同じ大きさのテントでも軽量になればなるほど金額が高くなる傾向にあります。
最近ではコスパの良い製品も増えてきているのですが、通常のテントよりは高価な部類になるということを知っておきましょう。

軽量テントの種類

軽量テントの種類には大きく分けて「シングルウォールテント」と「ダブルウォールテント」の2種類があります。それぞれ細かく見ていきましょう。

シングルウォールテント

シングルウォールテントは、テントの構造が1枚の生地で成り立っており、その1枚でフライシートの役割である防水性や透湿性を兼ね備えています。そのため、雨風を避けるためのフライシートを被せる必要がありません。
メリットとして、軽量かつ設営が簡単、生地が少ないのでコンパクトに収納することができ、持ち運びも楽です。 デメリットとしては、ダブルウォールテントと比べると結露しやすく、前室を作れない点が挙げられます。

ダブルウォールテント

ダブルウォールテントは、インナーシートとフライシートの独立した2枚の生地で成り立っており、一般的なキャンプ用テントで多く採用しているタイプです。主にフライシートが防水性、インナーシートが透湿性の役割を持っています。
メリットとしては、室内が結露しにくく、フライシートがあるので前室が作れて使い勝手が良い点です。デメリットは、シングルウォールと比べると生地の枚数が多いため設営に少し時間がかかり、重量も収納サイズも大きくなる点が挙げられます。

軽量テントの選び方

軽量テントを購入する時にチェックしておくべき4つのポイントがあります。

  • テントのサイズ
  • 重量と収納時のサイズ
  • 設営方法
  • 耐久性

では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

テントのサイズを確認する

軽量テントも使用人数に合わせたラインナップがありますが、テントのサイズは、大人1人が寝るスペースとして55cm×180cmがJIS規格サイズとなっていて、それを基準に何人用かの記載がされています。
目安として1人で使用する場合は、身長+20cmほどの長さと90cm以上の幅があれば、睡眠時に窮屈に感じづらく、荷物を置くスペースも確保できます。また、2~3人など複数人で使用する場合は、長さ200〜210×幅130〜200cmのサイズであれば、荷物を含めた十分なスペースが確保できます。
しかし、大きすぎるテントを選んでしまうと、テントの軽量や収納時のコンパクトさが損なわれて設置スペースも大きくなり、設営や撤収に時間がかかるため、使用人数に合わせたテントのサイズを選ぶことが重要です。

重量と収納時のサイズを確認する

軽量テントのメリットはやはり「軽量」であり、「コンパクト」なため、重量と収納時のサイズは要チェックです。また、テントを持ち運ぶ手段として徒歩・バイク・車など移動手段と合わせて検討する必要があり、特に徒歩であればザックなどに入れて持ち運べるものでないと、移動が困難になってしまいます。
しかし、重量と収納時のコンパクトさを重視しすぎてしまうと、テントの室内が狭くて寝づらい場合や快適性が損なわれてしまう可能性があるため、使用人数に合わせたテントのサイズを選ぶようにしましょう。

設営方法を確認する

軽量テントの設営方法には主に「吊り下げ式」「スリーブ式」の2種類があります。
吊り下げ式はポールに生地を吊り下げて、フックで留めるだけで設営できるのでとても簡単です。 スリーブ式はテントの筒状の生地にポールを通す構造になっており、吊り下げ式よりも少々時間がかかりますが、その分安定感があります。しかし、設営に慣れればそんなに時間をかけずに設営できるモデルがほとんどのため、テントの設営経験がある方はスリーブ式を検討してみましょう。
また、地面にペグを打ってテントの紐をペグに引っ掛けて固定しなくてすむ「自立式」や、その逆の「非自立式」もありますので、事前にチェックしておきましょう。

耐久性を確認する

テントの耐久性は生地に使用されている素材によって異なり、主な素材は「ポリエステル」と「ナイロン」の2種類があります。
ポリエステル製は防水性に優れており価格も安価で購入しやすいモデルが多いので、初心者におすすめです。また、ナイロン製は軽量で摩耗性や耐火性に優れているので耐久性が高いですが、その分価格はポリエステルと比べて高くなります。

テントを軽量化することで、キャンプ道具全体の持ち運びや設営がしやすくなります。少し高価にはなりますが、その分コスパの高いモデルも豊富にあるので、より快適にキャンプを楽しむためにも軽量テントの導入を検討してみてくださいね。

おすすめの軽量テントはこちら!

  1. 01 ステラリッジ テント 1型 (mont-bell)

    • ひつじ男さん

      ひつじ男 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      1人用ならこれで十分!

      日本の誇るブランドmont-bellはどのアイテムもコスパが最強です。この軽量かつ耐久性でこの価格帯は通常考えられません。また、通常登山などでテン泊される方用ですが、ソロでのキャンプを手軽に楽し...

    • くるみさん

      くるみ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      登山やバイクキャンプに最適な軽量ソロテント

      登山などスペースが限られた状況でも簡単に設営できて非常に便利ですが出入り口が狭く、居住空間も大柄な成人男性だと窮屈感があるかもしれません。軽量ですが剛性は高く、テント生地も薄いものの十分な強度が...

    世界トップクラスの軽量性と剛性を実現したモンベルの山岳テント、ステラリッジです。複数サイズ展開されており、こちらはコンパクトな1人用。本体だけでわずか1.14kgという軽量モデルで、初心者でも簡単に設営できる吊り下げ式。用途や好みの応じて選べる別売りのフライシートによるダブルウォール構造で、結露が発生しにくく前室も設けられています。積雪時用のスノーフライも用意されており、オールシーズン使用可能。2019年に改良が施され、従来からの剛性はそのままに、軽量性・設営性をアップ。初めての山岳テントにもおすすめなモデルです。

  2. 02 エアライズ1 (ARAI TENT)

    • ミズノさん

      ミズノ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      とにかく便利

      ソロキャンプ用に見た目も可愛らしいこちらの商品を購入。とにかく設営が簡単でスピーディーにできます。すごくコンパクトに収まり軽いので持ち運びに便利です。アクティビティ重視のキャンプには時間をとらず...

    • バミューダ~さん

      バミューダ~ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      いろいろなシーンで活躍できるテント

      このテントが1つあればいろいろなシーンで役に立つこと間違いなしです。子供と一緒に行く公園や家の庭で広げてのんびりと過ごす休日など、あげればきりがないほど多種多様な場面で活躍してくれます。キャンプ...

    多くの登山者から高い信頼を獲得している国産テントメーカー、アライテントのエアライズです。複数サイズ展開されており、こちらは1人用。ソロでの登山やキャンプにおすすめです。フレームをスリーブに通すだけのシンプルな構造で、簡単に設営可能。軽量コンパクトなので、初心者や女性なども安心です。通常3シーズンモデルですが、雪山用の保温用フライなどオプションを追加してオールシーズン対応することも可能で、初心者から上級者まで安心して登山のテント泊に使えるテントです。

  3. 03 Thru Hiker 1p SANDMOSS (ZEROGRAM)

    • マイマイさん

      マイマイ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      軽くて夏のキャンプで快適

      キャンプで重い荷物を持つのが嫌なので、できるだけ軽いテントが欲しいと思って選びました。文句なしの軽さですね。あまりにも軽すぎるので、オモチャみたいなんじゃないかって心配するほどです。でも、生地や...

    • もやまさん

      もやま | ★★★★★ ★★★★★ 4

      結露を防いでくれます

      ワンポールタイプのテントということで設営も簡単にできますし、とにかく重量が1kg程度と非常に軽いのは運搬にありがたいポイントでした。バイクでのツーリングキャンプの際にもってこいですし、肝心のテン...

    スタイリッシュなデザインが印象的な、ダブルウォールのULソロテントです。 ポールはDAC製の連結1ポールシステムを採用、フライシートとインナーテント、フットプリントが一体化されており、1度に設営できます。インナーテント内は大人1人が十分にくつろげるフロアサイズと高さを確保、そして前室スペースもあります。インナーテントの素材には、通気性を保ちながら結露がほとんど発生しないモノフィラメントを採用、結露の不快感を最小限に抑え、湿度や温度の高い季節から寒い季節まで快適に過ごせる空間を可能にしています。カラーはオリーブとサンドモスの2カラーを展開、シーンやスタイルにあわせて選べます。 ソロキャンプやツーリングキャンプを楽しみたい方にピッタリなテントです。

  4. 04 一人用テント (NatureHike)

    • キャンプ好きさん

      キャンプ好き | ★★★★★ ★★★★★ 5

      鎌倉やん

      構造的にも風の影響を受けにくいので多少風が吹いていても大丈夫です。個人的にデザインが抜群にオシャレでかわいい。鎌倉のような感じでとても気に入っています。設営は普通のテントと違って少しばかり苦戦す...

    • どんぐりさん

      どんぐり | ★★★★★ ★★★★★ 4

      リーズナブルでお手頃な1人用テント

      名称の通り1人用サイズのテントでソロキャンプで使うのに最適です。テントは、1人用のためサイズは大きくないので複数人での利用は難しいです。高さも高くないので、テント内で立つ事はできませんが、ソロキ...

    2005年に中国の寧波で設立された高品質で軽量化された製品を提供するアウトドアブランド、ネイチャーハイクの1人用自立式テントです。3シーズン使用可能で、総重量1.1kgという軽量仕様。登山やツーリングはもちろん、野外フェスや天体観測などにもおすすめです。15Dナイロンを使用した防水シリカゲル生地のフライシートは耐水圧2,000mmと必要十分な性能で、テントポールやペグはもちろん、フットプリントも標準装備。居住性にも優れ、ソロキャンプのお供に最適なテントです。

  5. 05 レーサーコンペティション1 (TERRA NOVA)

    • まさふみさん

      まさふみ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      とっても軽いです!

      このテントを設営してみてまず思ったことは、めちゃくちゃ軽いなってことです。センターポールにポールを通して四隅にペグダウンするだけの簡単設計ってこともありますが、居住性は悪くなくサイドも前室にあっ...

    • ハナズさん

      ハナズ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      1人でのキャンプにピッタリ

      山登りをして山でキャンプ泊をするのに最適なテントだと思います。とても軽くコンパクトなので山登りの時もまったく邪魔になりません。設営もとても楽ですからとても使い勝手が良いです。身長182cmの私が...

    先鋭的なプロダクトで多くの信頼を集めているイギリスのトップギアメーカー、テラノヴァのテントです。ULバックパッカーのためのモデルで、総重量はわずか970g。設営はセンターにポールを通して四隅をペグダウンするだけの簡単設計で、フライのみで設営してフロアレステントとして使用することもできます。その場合の重量は530gとさらに軽量。居住性も圧迫感のない絶妙な広さで、ちょっとした前室もあるので靴や荷物を置くことも可能。足元の換気システムや、しっかりシームされた完全防水のフロアシートなど性能面も充分。行く場所に合わせて様々な使い方が楽しめる、ソロハイカーのためのテントです。

  6. 06 SOULO (Hilleberg)

    • ソテツさん

      ソテツ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      設営も簡単でクオリティの高いテント

      このテントは設営がとても簡単です。私の中学生2年生の息子1人でもサクサクと設営できます。風通しも良くテントの中に長時間いても不快なことなく快適に過ごすことができます。パーツの1つ1つがかなり丈夫...

    • NMDさん

      NMD | ★★★★★ ★★★★★ 5

      加水分解しない最強の素材が魅力

      SOULOだけの話ではないですが、ヒルバーグの最大の魅力はフライ素材にあると思います。耐水性の高い素材に素材自体に撥水成分が練り込まれているので、加水分解してベトベトということがないので、長年愛...

    スウェーデンの山岳ブランド、ヒルバーグの自立型ソロテントです。同社のアクトやウナより高さと広さを持つ前室と、降雪に対し非常に強い作りで最強のソロテントとも呼ばれています。素材はレッドレーベルで使用しているヒルバーグ独自のケルロン1200を採用。総重量2.4kgと非常に軽く、設営も簡単で場所を取らないので、混み合うサイトでも設営しやすいので、自転車やバイクでのツーリングやバックパックでのソロキャンプにおすすめです。カラーはレッド、グリーン、サンドの3色を展開しており、過酷な状況でも安心して使える強靭なテントです。

  7. 07 Khufu HB (LOCUS GEAR)

    • ぼきっちょむさん

      ぼきっちょむ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      設営も簡単で悪天候でも安心して使えるテント

      このテントは設営がものすごく簡単です。初心者の方でも20分もかからないと思います。慣れてしまえば5分もあれば設営できます。時間を他の準備にあてることができますから本当に助かります。一度雨、風が強...

    • ジョンスさん

      ジョンス | ★★★★★ ★★★★★ 5

      流線形が美しい

      元々は野外イベントなど短期間用に購入をしたのですが、実際に使用してみるとかなり丈夫にできているのがわかったのでそれ以来、悪天候が予想されるような登山などでも何度も使用しています。防風や耐圧力が非...

    2009年に神奈川県相模原市で創業した日本を代表するガレージブランド、ローカスギアのシェルターです。従来の受注生産のモデルとは違い、中心に立てるトレッキングポールを除くフルサイズのメッシュインナー、DACペグがセットになったお得なモデルです。素材は10デニールのリップストップナイロンにシリコンとポリウレタンをコーティングしたハイブリッド素材を採用しており、縫い目にもシームテープが施されているほか、止水ジップを採用し高い防水性を誇ります、素早く設営できる手軽さと、フルセットでも1kgを切る軽量さは従来通りで、モノポールテントの完成形とも言えるモデルです。

  8. 08 エリクサー2 (MSR)

    • りゅうさん

      りゅう | ★★★★★ ★★★★★ 3

      可もなく不可もなくです。

      設営はとても簡単です。慣れれば5分でできますし、初めてでも15分もあれば立ち上げれました。初心者の方にも向いていると思います。サイズ感ですが、見た目より広く天井にポールがあるため、圧迫感を感じま...

    • まさふみさん

      まさふみ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      さすがの老舗ブランドです!

      バイク(カブ)とカヌーツーリングで使うので重さ、大きさ共にいい感じでした。そしてデザインがとても良いなって思いました。白と赤のカラーリングは他に無いもので、これだけでも買いだと思います。設営のし...

    丈夫で初心者にも扱いやすい、コストパフォーマンスの高いモデルになります。非常に軽量であり、コンパクトに収納できるため、登山やソロキャンプはもちろん、2人まで就寝できるのでデュオキャンプまで対応可能です。2本のポールを2か所で交差させて、さらに天井部に短いポールを追加して箱型に近い空間を作ることにより、快適な居住空間を確保しています。他のモデルより厚めの生地を使用しており、高い耐久性も合わせ持っています。広い台形型の前室は、靴や屋外で使用していたギアを就寝時に収納することもできます。付属のフットプリントを使用することにより、フライシートとポールのみでシェルターとして設営することも可能と、コンパクトながら多様な使い方ができるテントです。

  9. 09 カーボンリフレックス2 (MSR)

    • ぐっさんさん

      ぐっさん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      超軽量です

      軽量のものを探していて、店員さんにおすすめされ購入しました。探していたもののイメージとぴったりの超軽量で満足しています。ポールがカーボンファイバーで作られているそうです。ソロキャンプには絶対これ...

    • トントンさん

      トントン | ★★★★★ ★★★★★ 4

      生地が薄め

      非常にコンパクトサイズに折りたためるため、持ち運びという面ではかなり軽くソロキャンプ向けです。設営には少しコツが必要ですが慣れれば1人でも5分程度で設営できるようになりました。前のモデルも持って...

    アメリカの山岳ブランド、MSRの非自立式のダブルウォールテントです。軽量なカーボンポールと薄手の生地の採用により、同社のハバシリーズよりも大幅な軽量化を実現し、総重量はわずか990g。荷物を極限まで減らしたいバックパックでのソロキャンプや登山に最適です。インナーテントは通気性と開放感が抜群のマイクロメッシュとバスタブ型のフロアを採用し、軽量モデルながら居住性も充分。両サイドに入口と前室が設けられており、通気性や使い勝手も抜群です。さらに、MSR独自のコーティング技術により高い耐久性を誇り、素早く簡単に設営可能。軽量性を追求したウルトラライトなテントです。

  10. 10 ファル Pro.air 2 (snow peak)

    • ポイズンさん

      ポイズン | ★★★★★ ★★★★★ 4

      万能でした

      山用で探していました!強度も維持しながら、軽さもあります。生地も軽量で設営がしやすく収納もコンパクトです。天候が変わりやすく急な雨がフル山でもすぐに対応できます。休憩場所や雨天時の避難場所として...

    • のんのんさん

      のんのん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      こんな理想とは

      色に一目惚れしました!もちろん内容もフィールドで耐えうる強度を維持しながら、軽さを追求していたりとかで良かったです。生地も軽量でしなやかなシリコンポリエステルリップストップを採用、設営がしやすく...

    フィールドで耐えうる強度を維持しながら、軽さを追求した 山岳用テントです。 生地には、軽量でしなやかなシリコンポリエステルリップストップを採用、設営がしやすく収納もコンパクトです。 フライシートにフレームを挿入するタイプで、フライシートとインナーテントを同時に設営でき、その時間はなんとわずか20秒。天候が変わりやすく急な雨がフル山でもすぐに対応できます。また、インナーテントを取り外してシェルターとして使用することもできるので、宿泊をせず、休憩場所や雨天時の避難場所としての利用もできます。大人が2人が並んで寝ることができるサイズなので、少人数での登山やキャンプに最適なテントです。

  11. 11 カマボコテント3S カーキ (DOD)

    DODの大人気ツールームテントの2020年の新作です。使い勝手の良さはそのままに、細部を見直してさらに魅力的なテントになっています。2~3人にちょうどいいSサイズであり、デュオキャンプなどの少人数キャンプに最適です。全てのパネルをメッシュにして夏場はスクリーンタープのように使用できるほか、インナーテントも前後にドアが設けられているため、出入りがしやすく快適に過ごせます。お座敷スタイルを楽しめるカマザシキ、プロジェクターで動画等を投影できるカマボコシアターなど、オプションパーツもさらに充実。カラーは無骨な色合いが渋いカーキの他、タンの2色展開されており、キャンプの新たな楽しみ方が発見できそうなテントです。

  12. 12 HORNET™ STORM 2 (NEMO)

    • エビさん

      エビ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      安全で耐久力も抜群

      ドアが二つ、前室が広いので快適です。インナーテントがナイロンなので軽量かつしっかり冷気や強風などを防いでくれるので冬場でもあまり寒くないです。ドアがメッシュになるので通気性もそこそこですがそこま...

    2002年にアメリカで創業のアウトドアギアブランド、ニーモの2020年のULバックパッキングモデルのテント、ホーネットストーム2Pです。本体重量1kgを切る軽量モデルで、バックパックでの登山やソロキャンプに最適です。インナーテントには冷気の侵入を防ぐブリーザブルナイロンを採用し、ドア部はメッシュとの2重構造。蒸し暑い季節も換気を促し快適です。インナーテント上部の特殊なポール形状により上部空間も拡大されており、ギアや靴も置ける十分なスペースの前室も設けられているなど、機能が充実した軽量テントです。

  13. 13 TANI™ 2P (NEMO)

    • aoiharuさん

      aoiharu | ★★★★★ ★★★★★ 5

      コンパクトで使い勝手もいい!

      コンパクトにたためる割に意外と中は広く、荷物を置くための前室もしっかり装備されていて困ることはありません。2Pは2人用ですが、ソロでゆったり使うにも最適な広さと軽量さです。また、天井にランタンが...

    • バランさん

      バラン | ★★★★★ ★★★★★ 4

      初心者でも簡単に設営

      ソロでの登山用に購入をしましたが、設営が短時間でできるのでかなり便利です。風の影響は多少はありますが、天井が低く吹き抜けていく割合が大きいので安心できます。前室のスペースもソロとしては広いので、...

    鮮やかなグリーンカラーが印象的な、日本の山岳シーンのためにデザインされた2人用テントです。 使用時のサイズは220×130×104cmと十分な広さを確保、前室も80cmと余裕があります。シンプルな構造で設営も簡単、女性や山でのテント泊初心者、力に自信のない方でもストレスなく直感的な設営が可能です。また、前面と後方のベンチレーションを全開する事で効果的に風が吹き抜けるのでさまざまなコンディションの下で効果的な換気と温度調整が可能です。 初心者からベテランまで幅広い層に人気の登山テントです。

  14. 14 Talus 2 (THE NORTH FACE)

    ドームテントのパイオニアでもあるノースフェイスの自立式ドーム型テント、トーラス2です。日本未展開のカスターグレー/アローウッドイエローが希少なモデルで、少ない本数のポールで最大限の広さを提供してくれる汎用性の高いテントです。メインフレームを平行に配置した構造で天井がフラットで、サブポールにより壁も立ち上がった形状でスペース効率に優れます。出入りは前室のみですが、後室スペースにもアクセスできる窓があるので、荷物の出し入れ等は容易。ギアロフトやフットプリントも付属しており、初心者にもおすすめのテントです。

  15. 15 STAIKA (Hilleberg)

    • 香川さん

      香川 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      登山に最適

      登山用の自立式テントを探しており、ネットでこちらのテントを見つけて購入しました。ペグが打てない岩場などでも自立できるのでとても便利です。持ち運び時には軽量でコンパクトになるのにソロで使うには十分...

    • ねくんおさん

      ねくんお | ★★★★★ ★★★★★ 4

      設営も楽々

      自立タイプのテントになっているのでペグを打つ必要もなく設営が簡単なのは良かったです。撤収作業も簡単なのでキャンプ初心者におすすめできます。頑丈なナイロン素材で冬場でも寒さから守ってくれますし頼り...

    スウェーデンのテントブランド、ヒルバーグの自立型の二人用ドームテントになります。高所の山岳や岩場など、ペグが打てない場所でも自立するようになっており、登山はもちろん、ツーリングやソロキャンプにも最適です。両サイドに出入口と前室があり、使い勝手も良いほか、荷物置場やちょっとした調理にも対応可能です。厳しい環境にも対応できる強力なナイロン素材を使用しており、オールシーズン使用できる耐久性を誇っています。また、大型のベンチレーションが天井に設けられており、テント内の環境も快適です。山岳用テントだけあって、軽量コンパクト、設営や撤収も簡単と、まさしく最強のテントとの呼び名にふさわしい快適なテントになっています。