おしゃれで設営簡単!ワンポールテント(モノポール、ティピー)の選び方とおすすめ10選

最近はキャンプ場でも見かけることが多くなったワンポールテント。設営しやすいだけではなく風にも強いという特徴があります。tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)のCIRCUS TCの大流行で一層注目されるようになったワンポールテントですが、その選び方やポイントなど解説していきます。

更新日:

ワンポールテントとは

ワンポールテントとは、真ん中に1本のポールを立てる構造の三角の形をしたテントのことをいい、モノポールテントやティピー型テントと呼ばれることもあります。
ワンポールテントの主流はコットン素材でしたが、最近ではコットンとポリエステルの混紡素材やポリエステル素材のモデルも増えてきており、ラインナップも豊富になっています。

ワンポールテントのメリット

ワンポールテントのメリットは「設営が簡単」で「風に強い」点です。
テントの構造がフライシートとポールだけの非常にシンプルなので、「このパーツはどこで使うの?」と迷うことが少なく、キャンプ初心者でも扱いやすいです。また、形が三角形で高さがあるので「風に弱いのでは?」と思われがちですが、ワンポールテントは周辺にペグを打ち込んでテントを安定させるので、強い風が吹いても負荷がペグに分散される特徴があります。

ワンポールテントのデメリット

ワンポールテントのデメリットは「雨が侵入しやすい」と「設置場所の選定が必要」な点です。
ワンポールテントは前室がないタイプが多いため、出入口にキャノピーが無く雨が侵入しやすくなります。そのため、タープなどを連結させておくなどの対策が必要です。
また、ペグを周辺一帯に打つ必要があるため、芝生などの比較的柔らかい地面にペグダウンして設営することがベターなことと、非自立型のため平坦な場所でないと設営が難しいです。傾斜のある地面にテントを設営すると中心のポールが上手く立たない場合が多く、設営できても風などでテントが崩壊する危険性があるので注意が必要です。

ワンポールテントの選び方

ワンポールテントの選び方としてチェックしておくべき5つのポイントがあります。

  • テントのサイズ
  • 生地の素材
  • キャノピーの有無
  • 前室の有無
  • 設営の難易度

では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

テントのサイズ

ワンポールテントは三角形になっているので、天井に向かってすぼんでいる形になっており、テントの中では天井がやや狭く感じます。そのため、実際に使用する人数より1人分大きいサイズを購入すると、荷物を置いても余裕が生まれ、テントの中でも快適に過ごすことができます。

生地の素材

テントの生地は素材によって価格や特徴が異なります。コットン性の生地は耐久性や通気性に優れていて、生地に厚みがあって熱を遮断する能力にも長けていますが、価格は少し高い傾向にあり、重くなります。
一方、ナイロンやポリエステルは防水性や軽量性に優れており、価格もコスパが良いモデルも豊富なため、ワンポールテントでもよく採用されている生地です。

キャノピーの有無

キャノピーとは建物に取り付けられている雨除けの屋根のような天蓋(てんがい)のこと。建物だけでなく、テントにもキャノピーの構造を活かしたモデルが多数あります。
入口部分にキャノピーがあることで、雨が降ってもテント内に雨が直接入ることを防ぎやすく、室内を濡らさずに出入りができます。また、同時に屋根から落ちてくる水滴の侵入も防ぐことができるので、雨の時期にもキャンプをしたい場合はキャノピー付きのモデルがおすすめです。

前室の有無

前室がついているワンポールテントであれば、前室に荷物をおくことで室内を広々と使えてゆっくりくつろぐことができます。また、前室がなくてもタープなどと連結できるモデルもあり、タープと連結することでリビングと寝室を移動しやすく、開放感もあるレイアウトにすることができます。

設営の難易度

ワンポールテントは設営がしやすいテントの一つですが、中には設営が難しいモデルもあるため、不安な方は口コミやSNSなどで設営のしやすさをチェックしておきましょう。また、グランドシートなしのテントは設営が難しいモデルが多く、キャンプ初心者であれば、できればグランドシート一体型や着脱式などがおすすめです。
なお、Tentipi(テンティピ)tent-Mark DESIGNSのワンポールテントには予めペグダウンする位置を決められるガイドが付いており、設営時間の短縮に繋がり大変便利です。

ワンポールテントは設営がしやすく、風にも強くて見た目のかわいさもあるテントです。また、タープとの連結を想定された拡張性高くアレンジできるモデルも多いです。ぜひ、お気に入りのワンポールテントを見つけてキャンプを快適に楽しんでくださいね。

ワンポールテント以外のテントもチェックしよう!

設営がとても簡単でおしゃれな「ワンポールテント」ですが、他にもさまざまな形状のテントがあり、それぞれに異なる特徴があります。「ワンポールテントで決まり!」と思っている方も、他のテントについて知ってもらえれば、新しい発見があるかと思います。さまざまな種類のテントを所有し、季節やキャンプ場などによって使い分けられれば上級者。是非いろいろなテントを知ってください。

おすすめのワンポールテントはこちら!

  1. 01 CIRCUS TC (tent-Mark DESIGNS)

    • たかさん

      たか | ★★★★★ ★★★★★ 4

      つかいやすい

      使用した感じ使いやすくて初心者向きかなと思いました。設営がとても簡単で、慣れれば一人でも10分ほどあればできるのでオススメです。ドーム型とちがって天井がキュッと狭いのであまり解放感は感じられない...

    • ukuleleboyさん

      ukuleleboy | ★★★★★ ★★★★★ 5

      入手困難なのも当然の逸品です。

      キャンプ歴20年のおじさんキャンパーです。お手頃キャンプセットからスタートして、いろいろ試してみましたが、ワンポールテントだけは子どもの頃に観た西部劇に出てくるテントのイメージそのもので、全然興...

    WILD-1のオリジナルブランド「tent-Mark Desgin」の「CIRCUS TC」は発売と同時に完売してしまう程、超人気で入手困難なレアアイテム。TC生地使用で結露しにくく、遮光性が抜群なので夏は木陰のように涼しく、冬は暖気を逃さない。オールシーズンで活躍するのも人気の理由の一つ。フライシートには前後にドア、天頂部にテント内の換気を促すベンチレーターが配置されてるので風通しも良好。設営も簡単で、一人でも設営することができるのでソロキャンプでも広々とスペースを確保することができます。さらに別売りののインナーテントを使えばカンガルースタイルにもなり、自分のスタイルに合った張り方を楽しむことができます。ちょうどいいサイズ感と手の出しやすい価格帯で、魅力tがいっぱいの「CIRCUS TC」はtent-Mark Desginの名作の一つです。

  2. 02 ナバホ Tepee 400 (LOGOS)

    • 2階住みさん

      2階住み | ★★★★★ ★★★★★ 4

      子供がいるご家庭でも安心できると思います

      親戚の子供たちとキャンプすることになったため、なるべく可愛らしい子供受けしそうなテントを探して、柄がオシャレで可愛かったので購入。評判は良かったです。設営はサクサクっとでき、子供たち複数人がテン...

    • メドレーさん

      メドレー | ★★★★★ ★★★★★ 4

      キャンプシーンでの女子会に最適

      見た目がとっても可愛いテントです。室内の広さもゆったりサイズで、特に、キャンプシーンでの女子会に最適です。大人の女性なら5~6人は十分すぎるほどの広さがあり、快適に過ごせます。設置も簡単なので、...

    ロゴスのナバホ柄大型ティピーテントです。簡単設営で家族4人が就寝でき、他の人と違うデザインのテントが欲しい初心者ファミリーキャンパーにもおすすめで、おしゃれなナバホ柄は野外フェス会場でも存在感抜群です。UVカット加工が施されたフライシートは耐水圧も1,600mm、フロアシートが耐水圧3,000mmと必要十分な水準を確保。入口の大型メッシュドアと上部の2箇所のベンチレーションによりテント内は快適です。軽くて強いジュラルミン製ポール1本で立ち上がるのシンプルな構造で総重量5.8kgと収納も軽量コンパクト。初心者でも安心して使えるテントです。

  3. 03 ワンポールテントM ブラック (DOD)

    • キラキラさん

      キラキラ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      組み立てがシンプルで使いやすいです

      テントを組み上げる際に、パーツ類が少ないので初心者でも簡単に設営できるのが魅力です。テントの頂点まで185cmの空間があるので、高さに余裕があり広く感じるのもメリットと言えます。大人5人まで就寝...

    • DOD意外と好きさん

      DOD意外と好き | ★★★★★ ★★★★★ 4

      設営のしやすい軽いテント

      5人くらいは入れる広さなのに、重さが5kg行かないくらいというところは非常に良いポイントです。また、価格もこの広さで2万円しないくらいとお手頃なので、非常に重宝しています。耐久性や生地感も問題な...

    シンプルな構造で設営しやすい5人用ワンポールテントです。ファミリーキャンプでも使いやすいサイズであり、スタイリッシュなデザインでキャンプ場やフェス会場の注目を集めることもできそうです。大人5人が就寝可能な広々スペースを確保し、頂点部の高さも185㎝もあるため、テント内で快適に過ごすことができます。また、必要なパーツが少ないシンプルな構造となっているため、コンパクトに収納することができます。軽くて丈夫なアルミV型ペグや丈夫なスチール製折りたたみポールを採用しているほか、フライシートの耐水圧も2,000㎜確保されているなど、性能面も充実しています。フライシートだけを張ってシェルターとして使ったり、インナーテントだけを張って蚊帳として使ってみたりと、色々な用途に応えてくれる便利なテントです。

  4. 04 エクスカーションティピー/210 (Coleman)

    • yumiさん

      yumi | ★★★★★ ★★★★★ 4

      コンパクトで設営も簡単

      このテントは設営が簡単でポールが一本しかないので2人いれば余裕でできますし、圧迫感が少ないのでとても気に入っています。また入り口が小さな玄関みたいになっていて、靴や小さい荷物を置けるところも気に...

    • 固形さん

      固形 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      低価格ながらも快適さは抜群

      低価格でここまでできるのテントは他で見てもなかなかないのではないでしょうかね。前室が広いので雨の時でもチェアを置いてゆったりできますし、中は真ん中にポールがありますが、なにぶん広いので就寝する際...

    2017年に登場したコールマンのワンポールテントです。1~2人が就寝できるコンパクトサイズとリーズナブルな価格から、初心者ソロキャンパーや夫婦やカップルでのデュオキャンプにおすすめです。その名のとおり1本のポールを軸とした円錐型のテントであり、設営も簡単です。また、サブポールによる前室もあり、靴や荷物を置けるのはもちろんチェアを置いてちょっとした調理もできるくらいの広さがあります。耐水圧も約1,500mm、ベンチレーションも設けられているのでテント内も快適と基本性能も十分。ツーリングや野外フェスなど、色々な場面で活躍してくれそうなテントです。

  5. 05 タッソ (ogawa)

    • まなさん

      まな | ★★★★★ ★★★★★ 4

      楽しめるテント

      三種類の形を楽しめる汎用性の高いテントです。設営に関してはガイドシートがあるのでなんとかという感じです。簡単ではないですが、慣れたら早くできそうです。見た目が変わっているのでアウトドアで目だてま...

    • クー子さん

      クー子 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      変幻自在なテント

      友人と一緒にキャンプに行った際、ogawaのタッソを使用しました。組み立ては2人でやったので時間も掛からず問題もなくできました。このテントの面白いところは六角形から八角形へと変幻自在に形を変えら...

    メインポールの伸縮と両サイドのファスナーを開閉することにより、6角形・7角形・8角形と変幻自在に変化するモノポールテントです。 また、初心者にも簡単、設営用のガイドシートとガイドロープが付いており、この基準に沿ってペグを打ち込みフライをセットするだけで簡単に3種類の立て方ができるようになっています。 他にも、ベンチレーション付きで通気性も抜群。メインの2か所にはトリプルファスナーが採用されスムーズな出入りや荷物の搬入ができます。 ダークブラウンのカラーがワイルドなキャンプシーンを演出するソロキャンプを楽しむ方に最適なテントです。

  6. 06 グロッケ12 T/C (ogawa)

    • しばっちうどんさんさん

      しばっちうどんさん | ★★★★★ ★★★★★ 5

      機能性に優れたテントです。

      まずテント設営が非常に楽です。初心者でも10分から15分程度すれば設営できます。テントの中では比較的軽い方なので、女性だけでも設営する事ができます。次に通気性も素晴らしいですね。そのため真夏のキ...

    • かつさん

      かつ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      キャンプ場で目立つ

      家族4人でのキャンプ用に購入しました。5~6人用なので重たいですが、設営は簡単で妻と2人で20分ほどで設営できました。慣れればもう少し早く設営できると思います。テントの色合いが自然に調和している...

    国産メーカー「ogawa」の6人用ベル型テントになります。グランピングで定番のベル型テントを国産の確かな品質で手に入れることができるため、海外ブランドに敷居の高さを感じている方にもおすすめです。大型メッシュ採用で通気性にも優れ、意外と設営も容易に行えるため、ビギナーにも優しい作りとなっています。ポリエステルとコットンを混紡したT/ C素材を採用しており、通気性と吸湿性に優れているほか、保温性にも優れているためストーブをインストールして冬キャンプも快適に過ごすことができます。出入口のAフレームはカバーで保護されており、出入口のひさし部はロールアップすることも可能です。全開放可能なベンチレーターメッシュパネルも搭載しており、快適性に優れた使いやすいテントです。

  7. 07 GEテント5.0 (NEUTRAL OUTDOOR)

    • くるみさん

      くるみ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      大人数でも快適に過ごせる遊牧民風の魅力

      10人前後のキャンプにはちょうど良いサイズで外観はまるでモンゴル遊牧民の移動式住居ゲルを彷彿とさせる佇まいです。大型ですが単純な構造のワンポールテントなので設営自体は簡単です。側壁が垂直になるの...

    • maoさん

      mao | ★★★★★ ★★★★★ 4

      広々快適テント

      雨用テントとして使用しています。広い室内は家族5人の寝室として半分、残りの半分はリビングスペースとして使用できるので、おこもりキャンプに最適です。豪雨の際に使用しましたが、浸水することなく持って...

    新鋭アウトドアブランド、ニュートラルアウトドアのベル型テントになります。グランピングでおなじみの大型ベル型テントであり、大人数でのグループキャンプやイベント用として活用することも可能です。海外産ベル型テントと違ってポリエステル素材を採用しており、コットン素材に比べて軽量なので設営や運搬が容易になっており、濡れても乾きやすいというメリットもあります。フロア部分はフルジップになっており、取り外し可能なので、グランドスタイルとして使用したり、土間部分を作り出して玄関にしてみたり、全て取り払ってシェルターとして活用してみたりと、様々なアレンジが可能です。さらに、エントランス前面にメッシュパネルを装備し、ベンチレーションにより側壁から天井への空気が循環するようになっているので、テント内の環境は快適です。海外製ベルテントに敷居の高さを感じている方にもおすすめの、使いやすいテントになっています。

  8. 08 Asgard 7.1 Basic Cotton (NORDISK)

    • ムッシュさん

      ムッシュ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      つかいやすいほう

      大きいから大勢でキャンプするときにはいい。設営は簡単でも難しくもなく普通でしょうか。一人で設営は、まず無理。疲れます。中はすごい広くてのびのびできるのでそのへんは高評価ですね。あと、出入り口が大...

    • オレゴンさん

      オレゴン | ★★★★★ ★★★★★ 4

      作りはしっかりしていて安心です

      妻と2人でキャンプに出掛けた際に、利用した事があります。そう大きくはないテントですが、意外に重さがあるので持ち運びの際の手軽さはないです。もっともワンポール式のテントなので設営自体は簡単で、1人...

    ノルディスクはデンマーク生まれの老舗アウトドアブランド。極寒の地・北欧で使用することを基準にしており、雨風はもちろん雪にも強い頑丈な設計になっています。今話題のグランピングにも多くのノルディスクテントが使われている所以です。「アスガルド」は2個室3人用の、フロア一体型ワンポール式テント。中央のポールと入口のポールを設置するだけで簡単に組み立てが可能です。生地は保温性と透湿性に優れたコットンに、耐水性のあるポリエステルを混紡した「テクニカルコットン」を使用。そのため、一見暑そうですが夏は涼やかに、結露が心配な冬場も幕内は快適です。メッシュのドアと窓はメッシュになり、ポールの高さは調節可能。別売りインナーキャビン使用したら、更に居心地の良さこの上なしです。

  9. 09 SIBLEY 500 PROTECH (CanvasCamp)

    • りゅうさん

      りゅう | ★★★★★ ★★★★★ 4

      設営の苦労も吹っ飛ぶ居住性です。

      高さもありとても広々としていますし、大人5人で使用しましたがまだまだ余裕があります。メッシュドアの他、側面もすべてメッシュにできるので、通気性に開放感に居住性は郡を抜いて良いです。しかし、大きさ...

    • 目の前さん

      目の前 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      良いものは良い

      良い素材の物を探していました!高品質なテントを生み出すベルギーのアウトドアメーカー、キャンバスキャンプのベルテントの最上位モデルだったので購入しました!プロモデルという位置づけで、従来のモデルよ...

    高品質なテントを生み出すベルギーのアウトドアメーカー、キャンバスキャンプのベルテントの最上位モデルです。プロモデルという位置づけで、従来のモデルよりフロアやコットンの厚みがさらに増しています。100%コットンキャンバス製の素材は夏は通気性が高く、冬は暖かく過ごすことができ、オールシーズン快適です。メッシュドアが設けられているほか、サイドウォールを巻き上げて360度メッシュにすることも可能。8人くらいまで対応可能な大型モデルで、大人数でグランピング気分が味わえるテントです。

  10. 10 Zirkon 9 CP (Tentipi)

    • キャンプ好きさん

      キャンプ好き | ★★★★★ ★★★★★ 1

      センターポールが邪魔

      スリムなデザインでオシャレだと思います。設営は簡単ですが、もっと簡単に設営できるテントがあるので初心者のうちはオススメできない。広さは2人ぐらいなら普通に寝れるが、なにせ真ん中に立っているセンタ...

    • 塩タンさん

      塩タン | ★★★★★ ★★★★★ 5

      大型テントで設営が簡単

      大人数で使える大型テントは私の経験上、設営が難しく時間が掛かることが多いのですがこのテントはその真逆です。大人1人でもさくさくと設営することができます。1つ1つのパーツが丈夫なので長く使用できる...

    スウェーデン発祥のノルディックティピーテントブランド、テンティピのジルコンです。コットンとポリエステルの混紡素材を採用したコンフォートモデルで、こちらは複数サイズ展開のうちの大人数のグループキャンプにも対応可能なサイズ。センターポール1本だけのシンプル構造で、大型テントながら設営は簡単、八角錐の形状で風にも強くなっています。2重構造のトップベンチレーションとボトムのベンチレーションによりテント内はいつも快適なほか、薪ストーブ用の煙突穴も設けられているので、オールシーズン使用可能。天井も高くゆったり快適に過ごせるテントです。