このキャンプ用品、忘れてない?初心者必見の選び方のポイントとおすすめアイテム一挙紹介!

初心者ファミリーキャンパー向けキャンプ用品特集!初めてのキャンプ。お子さんや家族と楽しく快適に過ごすためにも、持って行くキャンプ道具やグッズ選びはとても重要です。そんな初めてのキャンプを成功させたい方に、失敗しないキャンプ道具の選び方のポイントとおすすめアイテムをご紹介!さらに、キャンパーなら知っておきたい人気アウトドアメーカーにも注目。楽しいアウトドア生活を始めましょう!

更新日:

キャンプ用品の選び方

ファミリーキャンプ、グループキャンプにデュオやソロキャンプ……。キャンプは行く人数によって持ち物がだいぶ変わります。テントやタープといった基本的なキャンプ用品から、バーナーやクーラー、調理器具など、用途に合わせて道具の使い方や選び方のポイントを知ることで準備に頭を悩ませることもなくなるでしょう。
今回はファミリー向け(4~6人)キャンプの必須アイテムの選び方やおすすめ、人気キャンプ用品メーカーについてご紹介します!

必須アイテム【テント】

キャンプに欠かせないキャンプ用品といえば、テントです。定番のドーム型からリビングと寝室の機能を合わせ持つ2ルームテントまで幅広く展開されています。初めてのファミリーキャンプの場合は、2ルームテントがおすすめ!テントとタープが一体化しているため設営・撤収が1回で済み、設営時間を短縮できます。キャンプでは設営はできるだけ短く済ませて、遊んだりくつろいだりする時間を確保できるようにしましょう。また、事前に動画などで設営手順をチェックしておくこともおすすめです。

必須アイテム【タープ】

タープは、キャンプのリビングを作るための大切なアイテム。日差しを避けたり雨から家族を守ってくれるタープは、1日で最も生活する時間が長く、適当に選ぶと快適なキャンプを過ごす事ができなくなるので、しっかり選びましょう。 キャンプで主流なタープは、日除けをつくるヘキサタープやスクエアタープ、ワンタッチで簡単に設営可能な自立式タープ、壁や屋根があり床がないスクリーンタープなど大まかに4つの種類があり、自身のキャンプスタイルに合わせて最適なタイプから選ぶようにしましょう。

必須アイテム【焚き火台】

キャンプの醍醐味といえば、焚き火!お子さんとワイワイしながらのバーベキューや夜も更けて、大人だけで燃える薪や火を見つめながらお酒を楽しむなんてのも最高ですよね。 しかし、そんな焚き火も直火でするとキャンプ場を痛めてしまうことも……。そんな時に必要なのが焚き火台!バーベキューも楽しめる定番タイプから、収納や携行にも便利な超ULなタイプも昨今は人気です。ファミリーの場合は昼はBBQ、夜は焚き火もできるタイプのものを選ぶと間違いないですよ!

必須アイテム【バーナー】

キャンプで料理を作る時に便利なのが、バーナー!焚き火台だけで料理もできますが、ちょっとした湯沸かしや細々とした調理をする時、初心者には難しかったりするので、やはりバーナーがあると便利です。キャンプで使うバーナーの燃料は大きく「ホワイトガソリン」「OD缶」「CB缶」と3つに分けられます。初めてのバーナーなら、家のコンロでも使えるCB缶を燃料にしたアイテムを選ぶのがおすすめです。

必須アイテム【クーラーボックス】

食材や飲み物の保管に欠かせないクーラーボックス。保冷力が高いハードクーラーと、コンパクトで収納や携行にも便利なソフトクーラーの2タイプがあります。飲むドリンクの量や人数にもよりますが、1泊2日のキャンプで必要なクーラーの容量は、ファミリーなら30〜50Lはあると安心です。

必須アイテム【ランタン】

自然を感じるために照明を最小限にしているキャンプ場もあるので、必ずランタンは準備しておきましょう。初心者の場合は、メンテナンスが簡単でお子さんでも火傷の心配がなく使えるLEDタイプがおすすめです。また、ランタンハンガーなどがなくても使用できる卓上タイプが便利です。

必須アイテム【調理器具セット】

朝食の目玉焼きを焼くフライパンや、コーヒを入れるためのお湯を沸かしたりするケトルなどの調理道具は家で使っている物を持って行くのも一つの方法ですが、やはり大きくてかさばってしまう物……。そこで、それらをひとまとめにスタッキング(重ねて収納)できる調理セットを準備しておきましょう。

必須アイテム【テーブル】

リビングのメインを占めるテーブルは、おいしいご飯はもちろんくつろぐ場所としても重要な要素を持っています。その選ぶポイントは高さ。「ハイテーブル」と「ローテーブル」のどちらにするかによって、過ごし方が大きく変わります。最近の流行りはロースタイル。高さを2段階に調整できるアイテムもあるので、気分によって変えることもおすすめです。

必須アイテム【チェア】

家族1人にひとつ必要なチェアは、人数分揃えると結構な出費に……。また、選んだテーブルの高さにも合わせる必要があります。初めはコスパを重視したアイテムを選ぶことをおすすめしますが、快適に過ごすことを重要視する場合は、座り心地にこだわって選んでも良いでしょう。

必須アイテム【寝袋・シュラフ】

寝袋には封筒型とマミー型の2タイプがあります。封筒型は、布団に近い感覚で温度調節がしやすいですが、保温力が弱いです。マミー型は、コンパクトに収納でき頭から全身を覆うような構造のため、封筒型より保温力が高くなりますが、温度調節はしづらいです。キャンプをする季節と収納性を意識して選ぶようにしましょう。

必須アイテム【マット】

初心者の意外な落とし穴「マット」。「マットって本当に必要?」と思われる方も多いようですが、1日設営や遊びまわってクタクタの体に睡眠は最大の癒し。じつは寝袋よりも重要なアイテムとも言われています。地面の凹凸や地面からの冷えなど、実際にテントで寝てみるとその問題に気づく方が多いこと!地面から体を守ってしっかり休ませてあげましょう。

人気のキャンプ用品メーカー

ではここで、キャンパーに人気のアウトドアメーカーをご紹介しましょう!

スノーピーク(Snow Peak)

スノーピークは1958年創業の、日本が世界に誇るキャンプ用品メーカー。高い品質とオリジナリティを重視したスノーピークの商品は決して安くはありません。ものづくりの集積地として知られる新潟県三条市に自社工場を構え、機能的で美しくて頑丈なキャンプギアの数々は、画期的なスペックを誇り、キャンパーを魅了しています。また、あらゆる製品が「永久保証付き」であることから、自らの製品に責任を持つという意思を表しています。近年はキャンプギアだけでなく、アパレル事業も本格的に展開し、キャンプで過ごすことのすべてをプロデュースしています。

スノーピークのアイテムを見る

スノーピークの店舗を探す

コールマン(Coleman)

日本で最も知名度の高いメーカーの1つであるコールマン。テント、ランタン、クーラーボックス、テーブルなどあらゆるキャンプ用品を幅広く取り扱うアウトドアメーカーとして、多くのキャンパーから支持を得ています。長く使用できる十分な機能性と良心的な価格帯であることから、初心者が道具を揃えるのにこのメーカーを選ぶ方も多いです。

コールマンのアイテムを見る

コールマンの店舗を探す

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

1976年、パール金属株式会社のアウトドア部門として始まったブランド。現在では、キャプテンスタッグでキャンプ用品がなんでも揃うのは当然のこと、サイクル用品やカヌー用品など多様なジャンルへも展開もしています。大定番ともいえる鹿ベンチやアルミロールテーブルなどは今や多くのキャンパーが所持しており、キャンプには欠かせない道具の1つとなっています。

キャプテンスタッグのアイテムを見る

キャプテンスタッグの取扱店舗を探す

ロゴス(LOGOS)

家族に寄り添うアイテムを作り、利便性と安全性のバランスをとりながら常にアップデートしていくことをモットーにしているアウトドア総合メーカー。お財布にも優しい価格帯のものが多く、店舗も多く構えているので購入しやすいところも魅力です。初心者ファミリーキャンパーの強い味方になること間違いなしでしょう。

ロゴスのアイテムを見る

ロゴスの取扱店舗を探す

モンベル(mont-bell)

言わずと知れた日本の登山・キャンプ用品メーカー。優れた品質をキープしつつも、携帯性と軽量性を両立したアウトドアギアは、日本だけでなく世界でも高く評価されています。キャンプ・トレッキング用品の品揃えが豊富でコストパフォーマンスの高さも魅力的。寝袋ではダウンハガーやバロウバッグ、その他クッカーやカトラリーも大変人気なブランドです。

モンベルのアイテムを見る

モンベルの取扱店舗を探す

ユニフレーム(UNIFLAME)

金物の街、新潟県燕市発のアウトドアメーカー。「ユニークな炎(フレーム)創造する」という理念のもと1985年に創設されました。製品のほとんどを本社や工場がある新潟県の燕市で作っており、もの作りにとことんこだわって、妥協せず、安心で様々なキャンパーに使われる製品を世に送り出している信頼の高いメーカーです。代表的なアイテムは、焚き火テーブルやフィールドラック、ファイアグリル。キャンプを始めるときに買い揃えるアイテムの候補に必ず挙がるほどです。

ユニフレームのアイテムを見る

ユニフレームの取扱店舗を探す

チャムス(CHUMS)

アウトドア系のファッションアイテムだけでなく、本格的なテント、タープ、チェア、テーブル、寝袋などのキャンプアイテムも手掛けているファッションブランド。どのアイテムも可愛くておしゃれなものばかりで、ブランドロゴのブービーバードも大人気です。若者からファミリーまで幅広い世代から支持されています。

チャムスのアイテムを見る

チャムスの取扱店舗を探す

ホームセンターのオリジナルアイテム

コーナンやニトリ、カインズなどのホームセンターでも、アウトドア用のチェアやテーブルなどのオリジナルアウトドアアイテムを展開しています。各アイテムがコスパが非常に高く、一時期は品切れになってしまったことも。こういったホームセンターのオリジナルアイテムを組み合わせて使っているキャンパーも多数います。

ダイソーやセリアなど100円ショップのオリジナルアイテム

食器やカトラリーは100円ショップで購入しているキャンパーも少なくありませんが、最近では100円ショップがオリジナルのアウトドアアイテムを多数展開。ダイソーでは最近、軽量クッカーとしても大人気なメスティンをダイソーオリジナル商品として発売したと話題にもなりました。もちろん他にもアウトドアで使えるアイテムが発売されていて、100円ショップで集められるアイテムだけでキャンプをすることも可能です。

キャンプ用品のおすすめアイテムはこちら!

  1. 01 アメニティドームM (snow peak)

    • ira3koさん

      ira3ko | ★★★★★ ★★★★★ 4

      キャンプ初心者でも安心

      問題点は設営は慣れていないと2人以上必要なのと、初心者に安心という点で人気のテントなので人と被ることが嫌な人には不向きです。ただやはりスノーピークの安心感は初心者でも心強いです。安定感があるので...

    • SNOWManさん

      SNOWMan | ★★★★★ ★★★★★ 4

      大人気のテント

      キャンパーに大人気のスノーピークテントです。キャンプ場に行ってもこのテントは数多く目にするので、差別化を図りたいなら別のものをおすすめします。しかし、皆さんが選ぶだけあって中が広く、サイドの出入...

    誰もが知っているテントのベストセラー

    これからキャンプを始めたいけど、どのテントを買ったらいいかわからない、安いのを買って後悔したくないという人におすすめなのがスノーピークのアメニティドーム。アメニティドームをはじめ、スノーピークのテントシリーズは地上高を最低レベルに抑えています。なおかつ、シルエットの丸みを持つ部分を多くして風がテントの上を通っていくように設計していて、室内高が高いテントは確かに立って作業したり着替えをする際に便利ですが、あらゆるフィールドでは風のダメージを受けやすく、場合によってはフレームの破損や崩壊を招く原因にもなります。スノーピークのドームテントは背を低く抑え、高い耐久性を生む設計が施されています。テントを組み立てるのが大変そうと思われがちですが、スノーピークのテントにはフレームエンドに色が付いていて、フレームエンドの色と同じ色のスリープにフレームを通せば設営ができるよう日本メーカーならではのクオリティの高さもおすすめのポイントです。

  2. 02 エントリー2ルーム エルフィールド (snow peak)

    • しばっちさんさん

      しばっちさん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      広くて耐風性や結露対策もバッチリ

      広い窓が付いているのが特徴ですね。私はその窓を利用して天体観測をしました。次に中の広さが半端ないと思います。大人二人程度のテントですが、あと二人程度は余裕で入ると思います。耐風性や結露対策もバッ...

    • はるさん

      はる | ★★★★★ ★★★★★ 5

      丈夫なツールームテント

      丈夫な作りのツールームテントが欲しくて購入しました。前から使っていたツールームテントは広さには問題はなかったのですが丈夫さという点では不満がありました。せっかくキャンプに行ってツールームテントを...

    設営簡単!コスパ最高の2ルームテント

    初心者向けに作られた、ファミリーキャンプに便利な大型のトンネルテント。4本のアーチフレームとリッジポールを用いた設営のしやすいシンプルな構造で、吊り下げ式のインナーテントやルーフシートも付属しているので、初心者でも安心して設営できます。全方向にウォールを持ち、外からの風や雨、冷気の侵入を防げるので寒い季節も快適。オールシーズンで移り変わる天候にも対応でき、4人家族に快適な寝室と広いリビングスペースを提供する、コストパフォーマンスに優れた人気の商品です。

  3. 03 ファイアグリル (UNIFLAME)

    • yadoさん

      yado | ★★★★★ ★★★★★ 4

      定番の安心感。コスパ良好ながら長く使える焚き火台

      キャンプを始めた約七年前から使い倒しています。余裕で100回以上は使用しています。多少の歪みが出ていますが、それも味わい深さが加わったなと感じています。ラージサイズを使用していますが、焚き火はも...

    • 今村マリさん

      今村マリ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      使い勝手も抜群

      安いのに、オプションをセットすれば使い方に幅が出たり、焚き火ありきのキャンプにはマストアイテムだと思います。実際、愛用して2年になりますが、多少の歪みがあっても現役で活躍しています。焼網をセット...

    数多くのキャンパーが持っていると言っても過言ではないユニフレームの「ファイアグリル」。人気の秘密は、何と言ってもリーズナブルながらも耐久性、使い勝手の良さが抜群に優れていることです。組み立ても簡単で、脚を組んでツメを立てた後に、炉を乗せる、ロストルを入れる、焼き網を置けば完成。焼き網を炉に対してひし形に置くのには理由が。炉の四隅から炭を調節することができて、焼き網の四つ角が焼き終わった食材の保温スペースになるので食材を焦がしてしまうなんてことも減ります。耐荷重20kgと高い強度でダッチオーブンを乗せて本格的なキャンプ飯にチャレンジすることもできます。食事を終えた後は、焼き網をはずせば焚火台に早変わり。ユニフレームの「ファイアグリル」があればキャンプが盛り上がること間違いなしです。

  4. 04 HOME&CAMP バーナー ブラック (snow peak)

    • 希望さん

      希望 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      斬新すぎるデザイン

      snow peakのHOME&CAMP バーナー ブラックは、斬新すぎるデザインで一目惚れして購入しました。まず持ち運びスタイルの時の見た目が、まるでステンレスボトルのようです。マットな雰囲気の...

    • トト丸さん

      トト丸 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ソロキャンプにはオススメなスタイリッシュバーナー

      ソロキャンプ用に購入しました。スノーピークらしい可愛いながらスタイリッシュな見た目のデザインと収納時に折りたためるのが気に入って購入しましたが、コンロとしては今ひとつかなという印象です。五徳のく...

    大きめの鍋でも安定して使える五徳。そしてコンパクト収納。

    収納時はCB缶を一回り大きくしたようなシンプルな形状です。組み立てると大きく安定感のある五徳が現れ、どんな調理にも対応できます。他には見られない画期的なシングルバーナーで、インテリアとして家に置いても雰囲気を壊すことはなく、キャンプだけでなく食卓でも使用可能です。今までの卓上コンロとは一線を画すデザインで、発売と同時に人気を博しました。カラーはブラックの他にシルバーとカーキがあります。

  5. 05 クーラーボックス 15.1L (STANLEY)

    • TSさん

      TS | ★★★★★ ★★★★★ 4

      頑丈でキャンプにも合うクーラーボックス

      耐久性が抜群です。椅子として座っても問題ありません。ずっと座っていると痛かったりはしますが。デザインもキャンプに似合うので、カッコよさ・スタイリッシュさの演出に一役買っています。キャンプといえば...

    • kazuさん

      kazu | ★★★★★ ★★★★★ 4

      夏場のジュースが冷たく長く持つ

      STANLEYのクーラーボックス 15.1Lは、夏場のキャンプで「食材入れ」として安定した収納が楽しめます。中は、日光や熱に耐えられる素材が使用されているので安心です。保冷剤といっしょに、朝から...

    頑丈さと無骨なデザインが男心をくすぐる一品

    その頑丈さとそれを体現する武骨なデザインで人気があるスタンレー。このクーラーボックスも例に漏れず頑丈さを備えており、耐荷重130㎏の蓋は椅子としても使用できます。釣りなどでクーラーボックスを椅子に使っている人は多くいますが、メーカー公認のモデルは少ないです。椅子として使う場合は、フタ上部のストレッチコードを外して使います。このストレッチコードはいろいろなものを挟んで運ぶことができ、真空ボトル1Lをちょうど良く挟めるサイズになっています。蓋にはしっかり密閉できるパッキンが付いており、保冷性を高めています。蓋を止めるバックルは開け閉めに力が要るとのユーザ評価が多いため、可能であれば店頭で試した方が良いです。内部は2Lペットボトルを横置きで収納できるサイズです。縦方向は500mlのペットボトルに入るものと入らないものがあり、注意が必要です。

  6. 06 クアッド™マルチパネルランタン (Coleman)

    • すももさん

      すもも | ★★★★★ ★★★★★ 5

      色々な使い方ができて便利。

      乾電池式なのでキャンプ場で使うのはもちろんなんですが、災害時停電になったときにもすごく便利です。このマルチパネルランタンは名前の通りマルチパネルなんですよね。パネルを外すことができパネル自体も光...

    • リーマンさん

      リーマン | ★★★★★ ★★★★★ 5

      万能なランタン

      最大5つの明かりに調節できるコールマンのLEDランタンです。キャンプでのメインランタンとしても十分使用できますし、取り外して使える子機は、テント内の明かりや夜道を歩く時の懐中電灯として様々なシチ...

    発売時にはたくさんのメディアに取り上げられた、大人気アイテムのクアッドマルチパネルランタン。4つの発光パネルは取り外しができるので、夜のキャンプ場内を歩くのに一つパネルを外して持ち歩くこともできます。パネルの背面には磁石がついているので、車に張り付けたり、。パネルの持ち手がスタンド代わりになって自立するのでアイディア次第でマルチに使用ができます。携帯の充電もできるUSBポート付きでいざというときにとても役立ちます。アウトドアシーンではもちろん、災害が起きた時にこのクアッドマルチパネルランタンがひとつあれば、活躍すること間違いなし。

  7. 07 fan5 DX (UNIFLAME)

    • ジェイさん

      ジェイ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      調理器具のデパートです。

      「ライスクッカー・フライパン・大小の鍋・バスケット」が、ひとつにまとまった便利なクッカーセットです。 極端な話、fan5DXがあれば、キャンプシーンで必要な調理器具はすべて揃っています。また、コ...

    • もつにさん

      もつに | ★★★★★ ★★★★★ 4

      これさえあれば完璧

      フライパンや鍋などの調理器具を揃えたいときにリーズナブルな価格帯ですし、ひとまとめとなっているのでおすすめです。ステンレス製の頑丈な作りですしサイズは同じ規格でコンパクトに収納できるので持ち運び...

    あらゆる調理シーンに対応するフルセットクッカーのロングセラーモデル。4~5人分の調理をまかなえるキャパシティーがあります。メッシュバスケットは、麺類のゆで上げ、洗い物にも活躍し、大鍋とぴったりサイズのステンレス製メッシュバスケット。誰でも簡単にご飯が炊けます。フッ素加工の2mm厚のアルミニウムで、こびりつかずお手入れも簡単。フッ素加工のフライパン、ハードな使用に耐えるステンレス製の大鍋、丈夫な作りのステンレス片手鍋、利便性の向上を実現し、ぴったり使える気持ちよさと扱いやすさを考えた素材選びなど、使って納得のこだわりを随所に設けています。

  8. 08 焚き火テーブル (UNIFLAME)

    • ミニチュアさん

      ミニチュア | ★★★★★ ★★★★★ 4

      焚き火のそばでも使えます

      焚き火の近くでサイドテーブルとして使えます。焚き火のそばでテーブルを使うと、通常は変形や変色してしまいます。この焚き火テーブルは、変色や変形せずに焚き火周りやそばで使う事ができます。ステンレスで...

    • しばっちうどんさんさん

      しばっちうどんさん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      耐熱性に優れています。

      折りたたみ式なので、持ち運びしやすいですね。しかも軽いので女性や子供達でも持ち運びできます。私の家ではキャンプ時には熱々の料理をするのですが、こちらは耐熱性もバッチリなので、焦げたり痛んだりする...

    発売から15年以上が経った今でも、人気が衰えないユニフレームのロングセラー商品です。焚き火を囲んでのリラックスタイムやサイドテーブルとして重宝するテーブルで、その便利さから2枚以上所有するキャンパーが多いです。 天板・スタンド共に高強度のステンレス製で、熱したダッチオーブンを直接載せても大丈夫なほど熱に強く、天板にはエンボス加工が施されているので傷が目立ちません。スタンドは天板の裏側にぴったりと収まりコンパクトに収納できます。 2019年には天板が2倍となるラージサイズも発売されたり、また、短辺の木材を付け替えるパーツもガレージブランドから多々発売されているほど人気のある商品です。

  9. 09 ナチュラルウッドロールテーブル/120 (Coleman)

    • まりもさん

      まりも | ★★★★★ ★★★★★ 4

      調理用テーブルとしてもおすすめです

      高さが2段階に調節ができるので、テーブルとしてだけでなく、調理台としても使いやすいです。幅が広いので、調理器具や食材をおいても広々調理ができます。座って調理するよりも断然効率が良かった気がします...

    • リーマンさん

      リーマン | ★★★★★ ★★★★★ 5

      オシャレ・機能性・コンパクトを全て兼ね備えたウッドテーブル

      『オシャレ・機能性・コンパクト』の3拍子揃ったテーブルです。木の温もり、触り心地が抜群で、コンパクトに収納もできるので持ち運びに便利です。また、付属の脚で高さを2段階に調整できます。シチュエーシ...

    天板は天然木、フレームはアルミ製のいいとこどりテーブル。天然木の香りとナチュラルな風合いがキャンプ中に良い雰囲気を作ってくれるので、とても癒されます。防水加工も施されているため、多少の汚れは気にすることなく使うことができる使い勝手も良いアイテム。収束型のフレームはアルミ製で軽く、40cm・70cmに2段階調節可能。ロースタイルにもしっかり対応してくれます。天板サイズは120cm、耐荷重は30kgなので大人数でもしっかりお皿が並べられます。収納時は天板をくるくるロールしてコンパクトに。携帯性も良好です。持ち運びに便利な収納ケース付。

  10. 10 コンパクトフォールディングチェア (Coleman)

    • ミニチュアさん

      ミニチュア | ★★★★★ ★★★★★ 4

      頑丈な作りで持ち運びも便利

      明るくレッドカラーが見栄えするお洒落なアウトドアチェアです。座面が低い位置にあるので、作業したりロースタイルでバーベキューするのにとても便利です。椅子の作りも頑丈で、安定性も高いので屋外でも安全...

    • TJさん

      TJ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ロースタイルと焚き火に最適

      ワンタッチで収納、とても作りが頑丈で、アルミ製なので、雨でも錆びつくことがありません。ロースタイルのキャンプに向いています。特に焚き火をする人には最適の高さです。ただ、低身長の方は大丈夫かもしれ...

    座面の高さが28㎝でロースタイルキャンプにおすすめのチェアです。コンパクトですが、座り心地には定評があります。また、安定感があり倒れにくいので、小さな子供でも使いやすくなっています。収納はパイプ椅子と同じように閉じるだけ、使う時は開くだけなので、パッと使えてサッと片付けられます。フレームはアルミ製で軽く、ハンドル部分がカーブしていて持ちやすいので、持ち運びも楽です。アームレストは木製になっており、肌にあたる感触が良く、見た目もおしゃれ。カラーバリエーションはいくつかあるのですが、廃盤になったものや、店舗によって限定のものがあるので、購入の際はお気に入りのカラーがどこで売っているのか探してみてください。

  11. 11 わがやのシュラフ (DOD)

    • フライパンさん

      フライパン | ★★★★★ ★★★★★ 5

      畳むのが簡単!

      キャンプや登山といったアウトドアするときに、寝袋がほしくて購入しました。寝袋は畳んで片付けることが面倒なイメージがありましたが、全然そんなことなく、とても簡単に畳むことができ驚きました。また、寝...

    • くまくまさん

      くまくま | ★★★★★ ★★★★★ 4

      小さなお子様がいても安心です

      大人2人と5歳の子ども1人の3人で使いましたが、それでも余裕を感じる広さでした。そして何よりも畳むのが本当にラクなんです。1分かからない時間で片づけが終わるので、まったくストレスがありませんでし...

    横幅が230㎝もあり、4人家族が一緒に寝ることができる特大サイズの封筒型シュラフです。家族全員分それぞれ寝袋を準備した場合に比べて、片付けが楽になるメリットもあります。小さい子供との添い寝にも最適です。また、状況に応じて多彩な使い方ができるのも魅力です。ファスナーで2個に分離することができ、敷布団と掛布団として使用することもできます。こうすることで、暑い時期に体温調節がしやすくなります。シュラフを窮屈に感じる人にも最適な使い方です。また、2個それぞれのファスナーを閉じると、2人サイズのシュラフ2個になります。裏地にはコットンを100%使用しており、肌触り良くなっています。洗濯機で丸洗い可能なのも嬉しいポイントです。

  12. 12 Z Lite™ Sol R (THERMAREST)

    • のぶさん

      のぶ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      快適な寝心地

      今までのキャンプで底冷えや体の痛みに悩んでいましたが、このマットはクッション性があり、朝起きても体が痛くなることはありませんでした。エアーマットなどとは違い、設営・撤収にほとんど時間がかからず、...

    • たくさん

      たく | ★★★★★ ★★★★★ 4

      どこにでももっていける。

      キャンプにもそうですが、ピクニックや子供の運動会、登山、色々なところに手軽に持っていけるのでとてもオススメです。とても軽くてかなりいいです。地熱を感じにくくすごい快適に使用できます。クッション性...

    軽量で登山者やバックパッカー、サイクリストに人気の折りたたみ式クローズドセルマットレスです。エアー注入式マットレスのようにコンパクトに収納はできませんが、広げるだけですぐに使うことができるので便利です。また、エア漏れなどのリスクが無いので、長旅やタフな状況でも安心して使うことができます。クローズドセルマットレスは全体が凸凹しており、それぞれのセルが空気の層を作ることで保温する仕組みです。この凸凹は体圧を分散させて寝心地を良くする働きもあります。片面にはアルミ蒸着加工がしてあり、断熱性を高くしています。寒い時期はアルミ蒸着面を上にして使うことによって、体温を反射して暖かさを保つことができます。逆に暑い時期にはアルミ蒸着面を下にして使用します。

  13. 13 フィールドラック (UNIFLAME)

    • ミニチュアさん

      ミニチュア | ★★★★★ ★★★★★ 4

      荷物を汚さずに済みます

      キャンプ道具や調理器具を直接地面に置いてしまうと、衛生面でも良くないですが、フィールドラックがあると地面に物を置かずに済みます。軽くてコンパクトなので、スペースも取らず運搬も楽でどんな場所でも使...

    • ターさん

      ター | ★★★★★ ★★★★★ 3

      使い方いろいろな便利ラック

      折りたためばとっても小さく、薄くなるラックで、かなりの重さ30kgの重さでも乗せることができる便利物で、荷物を置く事もできれば、テーブルとして使う事もできます。重ねて荷物置きにもできますし、ジャ...

    ついつい地面に置きがちになる荷物。フィールドラックならサッと取り出せ、脚高の棚が大切なギアやアイテムを、雨水や泥汚れから守ってくれます。メッシュ状天板は頑丈&軽量。コンパクトに折りたためるので、嵩張ることもありません。オプションの天板を追加すると、更に使いやすいテーブルへ早変わり。重ねて物置棚として使っても◎。荷置きとして、テーブルとして、人数やシチュエーションに合わせて七変化する、とても重宝するアイテムです。

  14. 14 ポップアップトラッシュボックス (マルチカモ) (Oregonian Camper)

    • nimoさん

      nimo | ★★★★★ ★★★★★ 5

      大きめのゴミ箱として使っています

      よくある畳めるゴミ箱よりも大きいので、大型のゴミ袋を設置できます。ジッパーでフタを閉めることができるので、キャンプで夜などごみ箱を閉じておきたい時も楽です。底が防水のような素材になっているので、...

    アメリカ屈指のアウトドアスポーツのメッカ、オレゴン州の名峰フッド山(Mt.Hood)をブランドシンボルに古き良きアメリカMADE IN USA にこだわり続け、ブームに左右されないデザインと機能性で、キャンプシーンに彩りを加えるOregonian Camperのポップアップ(折り畳み)式のトラッシュボックス。円柱型で、開閉は上部のジッパー、底は防水仕様。内部にはゴミ袋を固定できるスナップ付き。コンパクトに収納でき、ゴミ箱以外にも使用可能。容量は55L。長めの取っ手があるので、ゴミを入れた状態での持ち運びも楽。アウトドアにマッチするカモ柄です。

  15. 15 シェラカップ (snow peak)

    • メロンパンさん

      メロンパン | ★★★★★ ★★★★★ 5

      そのまま温め直しができる

      シェラカップは、調理してそのままテーブルに並べることができる優れものです。私は、旅行やキャンプは荷物を減らしたい性格なので、これを見つけた時にはすぐに欲しくなりました。メモリが付いたカップの中で...

    • ワンツードンさん

      ワンツードン | ★★★★★ ★★★★★ 4

      直火での調理も可能で便利

      直火で直接カップを温められる所が気に入っているポイントです。調理の際の軽量カップとしての役割の他に皿やカップ、クッカーなどにも代用できます。直火でそのまま加熱調理して、食事もできるので本当に万能...

    キャンパーの大・大定番アイテム、シエラカップ。数あるシエラカップの中でもスノーピークは指に掛かりやすい独自のハンドル形状と内側に刻まれた目盛りが特徴です。調理時に計量カップとして使用できるのが非常に便利で、更にカップや取り皿として活用したり、クッカーとして直火にかけることも可能です。洗ったら吊り下げて水切りも楽々。重ねてコンパクトに収納でき、いくつあっても重宝するオールラウンダーです。素材は強度があり光沢が美しいステンレス製。他にも、軽量なチタン製のシェラカップもラインナップとしてありますよ。

  16. 16 ポリプロピレン頑丈収納ボックス(大) (無印良品)

    • なるみさん

      なるみ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      収納だけでなくチェアとしても

      屋外での使用も可能な収納ボックスです。シンプルで頑丈な作りですので、キャンプで使っても大丈夫ではと思い購入。主にキャンプで使う調理器具を収納していますが、かなり重宝する一品となりました。そして何...

    • 権兵衛3232さん

      権兵衛3232 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      取っ手がついて持ち運びに便利!さらに頑丈で壊れにくい!

      フタと本体に分かれていますが、フタを閉める部分に取っ手がついているため持ち運びに便利です。そしてとても頑丈に作られているのでアウトドア用品として使っています。うっかり落としてしまっても壊れること...

    アウトドアグッズをまとめて収納できる頑丈なボックス

    何かと増えてしまいがちなアウトドアグッズを、スッキリとまとめてくれる救世主が、無印良品のポリプロピレンの収納ボックスです。シンプルなデザインでスタイリッシュながらも、人が座ることもできる程タフな性能も持ち合わせている優れものです。持ち手を外せば簡単に開閉ができるのも人気の高いポイント。クローゼットの中の衣類や普段あまり使わないものをまとめて収納するのはもちろん、ガーデニングやキャンプといった屋外でも活躍してくれます。インスタグラムでよく見かけるように、お気に入りのステッカーを張り合わせてオリジナルのデザインにアレンジができるのも魅力的なポイントの1つかもしれません。