焚火台と言えばスノーピーク!おすすめ焚火台4選!2020年は待望の新製品もあります

キャンプの醍醐味は何と言っても焚火!リラックスしたり暖を取る際には焚火が欠かせません。自然保護の観点から直火NGのキャンプ場が多く、焚火台が重要なアイテムとなっており、近年では多くのメーカーからさまざまな特徴を持った焚火台が発売されています。中でもスノーピークの焚火台は1996年の発売から、その耐久性や機能性、収納性など高い評価を得ており、日本の代表的な焚火台となっています。国内のスノーピーク工場で1台1台丁寧に製造されていることや、グリルブリッジや炭床などといった豊富なオプションがあることも特徴です。さらに2020年は久々にソロキャンパー向けの「焚火台SR」が発売され注目を集めています。

更新日:

スノーピークの焚火台がロングセラーとなっている理由

スノーピークの焚火台は数ある中で、最も人気のある焚火台の1つです。その魅力を紐解いていきましょう。

設営・撤収が簡単!

パッと開いて設置すればOK!撤収時も畳むだけのワンアクションで済みます。

丈夫で安定感抜群!

厚さ1.5mmのステンレス材を使用しているため、よほどのことが無い限り歪んだり倒れたりしません。太い薪やダッチオーブンのような重たい物を載せてもビクともしません。そのためガシガシとハードに使えますし、耐久性も抜群です。

焚火だけではなく調理も可能!

オプションの「グリルブリッジ」「焼アミ」を使うと、BBQや調理もできます。焚火台1つで焚火と調理の両方ができるのは嬉しい仕様ですね。また「ジカロテーブル」の中央に焚火台を設置することで、焚火を囲みながらの宴会はより一層便利に楽しくなります。

それ以外にも、暖を取ったり、やさしい光で夜のキャンプサイトを照らすなど、キャンプには欠かせないスノーピークの焚火台です。

スノーピークの焚火台はこちら!

  1. 01 焚火台 L (snow peak)

    • mnmnmnさん

      mnmnmn | ★★★★★ ★★★★★ 4

      定番の焚き火台

      やはりさすがスノーピーク。形がとても洗練されていて、ガンガン使ってもしっかりしていて曲がったりする心配もなさそうです。付属品など買い足せば、多種多様な使い方もできますし、シンプルな形でどんなテン...

    • きっかさん

      きっか | ★★★★★ ★★★★★ 5

      分厚い炭床が、最高にイイ仕事をしてくれる

      分厚い鉄板が入っているので、すごく重いです。でもしっかり蓄熱しているので、焼き芋やマシュマロ、煮込み料理が絶妙に仕上がります。この分厚さのおかげで、耐久性も非常によく、周囲を支えるフレームもガッ...

    1番人気はLサイズ!

    3〜4人用と表記はあるものの、5〜6人のファミリーやグループなどの大人数でも問題なく楽しめる大きさです。長い薪を使ってもはみ出ることなく、「大は小を兼ねる」として少人数で楽しむユーザーも多いです。オプションの「グリルブリッジ L」「焼アミ Pro.L」や黒皮鉄板を使用したグリルプレートを使えば大人数でのBBQも楽しめます。ステンレス製のため重たいですが、その分しっかりとした作りのためグラつくようなことはなく抜群の安定感を誇ることや、広げて置くだけという設営・撤収のしやすさもあって大人気です。最近は軽量でコンパクトに収納可能な焚火台が流行っていますが、落ち着いて長く焚火を楽しむのであれば焚火台Lはベストチョイスです。

  2. 02 焚火台Lスターターセット (snow peak)

  3. 03 焚火台 M (snow peak)

  4. 04 焚火台Mスターターセット (snow peak)

  5. 05 焚火台 S (snow peak)

  6. 06 焚火台SR (snow peak)

    2020年の新製品、ソロキャンパー向けの焚火台登場

    2020年にソロキャンパー向けの焚火台が発売されます。スノーピークの焚火台としては久々の新製品です。薪の収まりのいい長方形のデザインで、少量の薪でも焚き火を楽しめる構造になっています。また、グリルブリッジを備えているので、BBQや鉄板料理もできるなど調理も楽しめます。もちろんコンパクト収納です。今後は焚火台Sとの比較で頭を悩ませるユーザーも出てくるかもしれません。