キャンプだけでなく、BBQやピクニックでも便利!ワンタッチテント最新おすすめ6選

いまやテントはキャンプ時だけでなく、さまざまなアウトドアシーンでも大活躍!その中でもワンタッチテントはビーチや公園、バーベキューや運動会で重宝する便利なテントです。普段あまりキャンプに行かない方やキャンプビギナーでも安心して設営できるワンタッチテントの魅力についてご紹介します。

更新日:

ワンタッチテントとは

ワンタッチテントとはその名の通り、少ない作業でパッと組み立てられるテントのことです。
通常のテントであればポールやインナー、フライシートの準備、ロープとペグでのテント固定作業などやらなければならないことがたくさんあります。時には悪天候下で重たく大きなテントを設営する大変な作業が発生するため、1人でテントを設営するのは難しいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ワンタッチテントはこうした悩みを解消してくれます。

ワンタッチテントの特徴

ワンタッチテントはフライシートやインナー、ポールがはじめからセッティングされた仕様になっています。ケースから取り出してポールの骨組みを広げていけばテントの設営はおおよそ完了します。折り畳み傘をさす場面をイメージするとよいでしょう。その後、必要に応じてペグで固定したり、海辺であれば砂袋に砂を入れて重りにしてテントを固定します。撤収時は骨組みを畳んでケースに収納するだけです。テントの中でも比較的軽量なので、持ち運びにも便利です。

ワンタッチテントのメリット

初心者キャンパーにとって、テントの設営は大仕事の1つ。慣れない作業が多く、想像以上に手間取ってしまい苦手、と感じている方もいらっしゃるかもしれません。
ワンタッチテントであれば骨組みを広げればほぼ完成しますので、設営の手間と時間を大幅に短縮することができます。キャンプはもちろん、アウトドアシーンでもワンタッチテントならスムーズに設営・撤収を行えます。

また、ワンタッチテントはテントの中でも購入しやすい価格帯であるという良さもあります。少しずつテントの扱いに慣れていきたい方や、そんなに高い頻度で使用するわけではない方は、ワンタッチテントを最初のステップとして使ってみるのも手だと思います。

ワンタッチテントのデメリット

気をつけないといけない点としては、他のテントと比べて使用できるシーンが限られるということが挙げられます。ペグや砂袋でテントと固定したとしても、強い風が吹いたり大雨が降ったりした時にはテントが飛ばされたり雨漏りしてしまう可能性もあります。ワンタッチテントで本格的なキャンプをする際には天候を事前によく確認しましょう。

また、ワンタッチテントはテントの幕と骨部分が一体化しているため、どこか一部分が壊れてしまった場合に修復できず、テントが使えなくなってしまう恐れがあります。穏やかな天候のときに丁寧に使うのが良いでしょう。

ワンタッチテントの選び方

気軽に立てられるテントとして人気が高いワンタッチテントですが、近年ではさまざまな種類のものが登場しており、どうやって選べばいいか悩むかもしれません。ワンタッチテントを選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

ここをチェック!ワンタッチテントの選び方のポイント

特にキャンプで使うことを想定している方は、荒天対策を意識して選ぶことが大切です。デイキャンプやピクニック、BBQで使う場合は、持ち運びや設営の手軽さに重きを置くのかという点を軸に検討してみましょう。

耐水圧は高い方がベスト

アウトドアレジャーで気をつけておかなければならないのは荒天時の対策です。雨天時の雨漏り対策としては、耐水圧の高いワンタッチテントを選ぶという方法があります。

耐水圧とはテント幕の生地がどのくらい水濡れに耐えられるかという指標です。1,000mm前後が通常の雨に耐えられるレベルと言われています。
ただ、耐水圧が上がれば上がるほどテント幕がしっかりした作りになる分、重量が増す可能性があります。さらに耐水圧を上げるためのコーティングにより生地が硬くなり、裂けやすくなるという欠点もあります。そして価格帯も上がります。持ち運びやすさや購入しやすさを重視するのであれば、小雨程度を防げる500mm前後のものにするというのもひとつの方法です。

フライシートがあるフルクローズ型

また、フライシートがついたフルクローズのワンタッチテントであれば、よりしっかりテント内をカバーしてくれるので安心です。フルクローズのワンタッチテントは着替え時などテント内を見せたくないシーンでも効果を発揮します。
ただ、フルクローズタイプの場合、メッシュスクリーンと比べてやはりテントの重量や収納時のかさが増えます。利用シーンに合わせて選びましょう。

流線型のワンタッチテントで強風対策も

加えて、風の抵抗をできるだけ受けない流線型のワンタッチテントを選ぶことも雨風対策のひとつになります。流線型のテントは、他の形状に比べてもっとも風の抵抗が小さくなると言われています。キャンプ泊での利用も視野に入れるのであれば強風対策も万全に行っておくと安心です。

ワンタッチテントは、テントを設営するのが苦手な方やキャンプビギナーでも安心して取り扱える、初級テントの代表格と言えるでしょう。設営の簡単さでいえばポップアップテントという、袋から出すだけで立ち上がるタイプのテントもよく挙げられます。目的は同じでも仕組みや収納時の形状が異なりますので、取り扱いやすさなどを検討してみるのも良いと思います。もっと手軽に、思う存分アウトドアを楽しむツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

ワンタッチテント以外のテントもチェックしよう!

ワンタッチテントは設営がとても簡単で、天候が良い時期のBBQやピクニック、キャンプに大変重宝します。キャンプ初心者の最初のテントとしてとても適しています。しかし「ワンタッチテントで決まり!」と思っていても、他のテントについても知ってもらえれば、新しい発見があるかと思います。さまざまな種類のテントを所有し、季節やキャンプ場などによって使い分けられれば上級者。是非いろいろなテントを知ってください。

おすすめのワンタッチテントはこちら!

  1. 01 ライダーズワンタッチテント ブラック (DOD)

    • リラックマさん

      リラックマ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      テントの設営がワンタッチでできます

      テントの名前になっているようにワンタッチで手軽に設営ができるのが魅力です。テントを設営する場合、組み立てが難しいタイプもありますが、このテントは説明書を見なくても脚を伸ばし、テントの紐を引くだけ...

    • いむらさん

      いむら | ★★★★★ ★★★★★ 4

      お気楽キャンプがしたい人向け設営撤収は楽々

      タイトルの通り、設営と撤収が楽すぎです。このテントを使ったら、普通に設営するテントに戻れない感じ。これまで利用したテントの中でもトップクラスです。重量は4キロそこそこあるのでバイクで積むのにはも...

    ライダーのための高機能なワンタッチテントです。設営は脚を伸ばして紐を引くだけでアウターテント、インナーテント、グランドシート、前室が完成します。 大人2人まで使える広さですが、1人でゆったり使うのがおすすめです。 テントのドアと背面窓は大きくどちらもフルメッシュに切り替えできるので、夏でも快適に過ごせます。背面窓のサイドにある生地を立ててロープを張ると雨の侵入を防いだまま換気することができます。 カラーは大人っぽい雰囲気のブラックの他、タンの2色。 コンパクトで軽く、サッとテントを設営したいライダーから高い人気を得ているアイテムです。

  2. 02 ワンタッチテント ブラック (DOD)

    • Ako2222さん

      Ako2222 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      黒いデザインと使いやすさ

      完全にソロ向けのテントです。テントの広さは2人くらいはいけそうですが、かなり狭くなりそうです。ワンタッチということだけあって、組み立ても簡単にできます。脚を広げてロープを引っ張るだけの仕様になっ...

    • やすさん

      やす | ★★★★★ ★★★★★ 4

      使い勝手がいいので一つ持ってても損はない

      サイズ的には個人差の感じ方やスタイルによるので絶対ではありませんが基本ソロ用でちょうどいいです。設営の仕方も慣れ(構造)が必要ですが慣れればまったく問題なく設営できますし、簡単です。もちろん収納...

    足を広げてロープを引くだけで設置できるベーシックな形状のワンタッチテント。ポールを組み立てたりテントにポールを通したりする作業は一切ないので、初心者の方でも簡単に設営できます。 大人2人がゆったり過ごせる広さで、ダブルサイズのエアマットがちょうど入ります。 ドアと背面窓はフルメッシュにできるので換気や温度、湿気の調整も楽にできます。天井には大型ベンチレーターとトップシートが付いていて、どんな気候でも熱や換気が行える仕組みになっています。 テントのカラーは個性が光るブラックのほか、ベージュ、タンの3色展開。 初心者キャンパーや手軽にデイキャンプを楽しみたい方、もちろんフェスにもぴったりのアイテムです。

  3. 03 キノコテント ライトカーキ (DOD)

    • takさん

      tak | ★★★★★ ★★★★★ 5

      1人でも設営が簡単テントです

      1人で簡単に設営できるテントです。組み立てはワンタッチでできます。その後、ペグを打つ必要がありますが、ペグも大きく丈夫で安心感があります。前室がありませんので、必要に応じてタープが必要になります...

    • オカピさん

      オカピ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      テントの中でテーブルを囲むことができる

      形がかわいいテントで、女子会をしました。テントの中でテーブルを囲むことができます。外で調理し、テントの中で食事をしました。ちょっと狭いですが、寝袋を3つ並べて寝ました。小柄な女性のためゆっくり眠...

    ワンタッチで瞬時に設営できるおしゃれなキノコ型の寝室用テントです。扱いやすいだけでなく、テント内は圧迫感を感じさせない設計で快適に過ごせます。 大人2人でもゆったり余裕を持って眠れ、コット寝もおすすめ。グランドシートも付いており取り付けたまま設営、撤収ができるので便利です。 テントのドアは大きいので開閉がしやすく、出入りも楽々です。また、出入り口をより広く確保するためのフロントポールも付属しています。 テント内の換気を考えてサイド全面と天井部に窓があり、メッシュに切り替えることができるため、夏でも快適に過ごせます。 カラーは無骨さを演出できるライトカーキ、ベージュ、レッドの3色展開。設営、撤収が瞬時にできてオールシーズン大活躍するテントです。

  4. 04 ザ・ワンタッチテントM (DOD)

    ワンタッチで設営できて前室が付いている快適性の高いテントです。 インナーテントと骨組みが一体型で、傘のように瞬時に広げられます。前室もスリーブにポールを通すだけで初心者でも失敗せずに設営できます。 テント内は大人2~3人がゆったり過ごせる広さで天井も高く、快適に過ごせます。 また、前後にある大きなD型のドアが出入りしやすく、サイド4面の窓と合わせて風を取り込むことができるので、温度や湿度の調整も簡単です。。 カラーは自然になじむタン/カーキ。サイズはMサイズのほか、大人4~5人用のLサイズの2サイズです。 1泊のキャンプやデイキャンプなど設営や撤収を短く済ませたいライトキャンパーに最適なテントです。

  5. 05 2 SECONDS EASY FRESH&BLACK 2人用 (QUECHUA)

    簡易設営とコンパクト収納、そのどちらも兼ね備えている夢のようなドーム型テントです。 「2 SECONDS」とその名の通り2秒で高速設営、特許を取得した独自の「EASY」システムで、ロープを引っ張るだけで設営が完了します。 コンパクトながらも両サイドにシューズを収納できるポーチや、テント上部両サイドにベンチレーション。また、インナーテントの両ドア上半分にはメッシュを採用し通気性も抜群。他にも、インナーテント内部に小物などを収納できるポケットが3つ用意されています。また、テント真ん中上部に衣類などを干せるロープとランタンフック付きと機能も充実しています。 ソロキャンプやデュオキャンプはもちろん、フェスなどでも活躍する人気の商品です。

  6. 06 EASY ARPENAZ FRESH&BLACK - 3人用 (QUECHUA)

    ワンタッチで初心者でもかんたんに設営・撤収できる夢のようなドーム型テントです。 特許を取得した独自の「EASY」システムで、ロープを引っ張るだけであっという間に設営。 また、ベンチレーションやモスキートネットが付いたドアと通気性も抜群、さらに、特許取得済みのアウター生地「Fresh&Black」を採用、日中でも99%の遮光性を実現しています。 鮮やかなブルーカラーが海やプール、BBQなどさまざまなシーンで注目を集める人気の商品です。