キャンプの睡眠を快適に!コットの選び方と人気おすすめ10選

キャンプやアウトドアでの睡眠を快適にしてくれるコット。簡易ベッドとしてはもちろん、ベンチや荷物置き場としても活躍してくれます。しかし、コットとひとことで言っても軽量タイプやコンパクトタイプ、ハイスタイルにロースタイルと初心者が選ぶには少し種類も多く、迷ってしまいがち。そこで今回は、コットの種類や特徴を踏まえた選び方のポイントと人気おすすめアイテムをご紹介します!

更新日:

ハイとロー、あなたはどちらを選ぶ?

キャンプを数回経験すると感じる、睡眠時の違和感。最初の頃は、キャンプの楽しさや遊び疲れでぐっすり眠っていたキャンパーの方も何度かキャンプをしていると、朝起きた時の若干の体の痛みや疲れに気付く方も多いのでは?

そんな時に頼りになるのが、コット。コットはベッド使いはもちろん、ベンチや荷物置き場などさまざまな使い方ができるアイテム。特に、地面からの冷えを感じやすい秋冬キャンプではあるとないとじゃ全然違うんです。

そんなコットにもハイとローの2タイプがあり、自分にとってどちらのタイプが合っているか、選び方と一緒にチェックしていきましょう!

コットの種類

ロータイプの特徴

安定感があり、ベッド使用に向いているロータイプ。軽量コンパクトで携行性も高くて便利。ただ、低さのため寝転ぶ時や立ち上がる時に体に負担がかかりやすいです。ツーリングやソロキャンプなど、荷物を極力減らしたいけど快適性を確保したい方におすすめです。

ハイタイプの特徴

ベッド使用はもちろんのこと、ベンチとしても使いやすいハイタイプ。また、高さがあるためコット下を収納場所としても使用できます。一方で構成するパーツが多くなるため、比較的大きく重いモデルが多く、設営にコツが必要な物もあります。

コットの選び方

設営方法で選ぶ

脚を折たたむようにして収納できる、収束タイプ。設営もその脚を広げるだけなので、子供でも簡単にできます。収束タイプの気になる点は、強度に弱いこと。複数人が座るベンチや荷物置き場に使う場合は、耐荷重に十分注意するようにしましょう。
設営や撤収をワンタッチで簡単に行いたい方におすすめです。

フレームや脚、座面部などのパーツが一体化していない組み立てタイプ。パーツがバラバラなので収納がすっきりコンパクトで、安定性も高いです。気になる点は、フレームの組み立てやサイドバーの取り付けなど設営が難しいところ。携行性に優れているので、バイクツーリングや荷物を少なくしたい方におすすめです。

コットの応用的な使用方法

暑さ対策

地面からの熱気を感じやすい夏キャンプでは、座面がメッシュタイプのものを選ぶと通気性が高く快適です。また、汗を吸収するバスタオルなどを敷くのも効果的です。

寒さ対策

地面からの冷気を遮断したい冬キャンプでは、コットにマットと毛布をプラスして、あったかベッドにしてしまいましょう。また、最近話題のエア注入式コットであれば、寝心地もよく保温性も高いので、寒い時期のキャンプにも最適です。

キャンプで人気おすすめのコットはこちら!

  1. 01 タクティカル コット コンバーチブル / ブラック (Helinox)

    • まめさん

      まめ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      寝心地最高

      評価がとても高かったので高額でしたが、思い切って購入してみました。結果、大正解。実際にキャンプでは寝心地だけでなく雨漏り、底冷え問題もクリアできて大満足でした。慣れれば組み立ても簡単なので、とて...

    • 玲子さん

      玲子 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      コットはヘリノックス

      以前にコット選びに失敗してしまい、組み立てが難しかったので今も倉庫に眠らせています。次に選ぶコットは失敗してはいけないと思って口コミなどをしっかりチェックしてこのコットに行きつきました。コットが...

    軽量な組み立て式コットです。軽量・高品質・座り心地の良さと3拍子揃ったチェアで大人気の Helinox ですが、コットも軽量・高品質・寝心地の良さで大人気です。重さ5kgを超えるコットが多いなか、2.4kgと非常に軽量です。もっと軽量なモデルは他社にも Helinox にもありますが、寝心地はこのコットが群を抜いて良いと評判です。組み立て・分解は簡単にできるよう工夫されており、テコの原理を用いて少ない力でしっかり生地を張ることができます。しっかりした生地の張りが寝心地の良さにつながっています。サイド部分にはループがついており、シェラカップなどの道具をたくさん吊るすことができます。背面にはメッシュポケットも付いています。カラーバリエーションは、3種のカモ柄を含んで全7色あり、お好みで選ぶことができます。

  2. 02 コットハイテンション (snow peak)

    • Buruさん

      Buru | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ちょっと重めで扱いづらい

      折りたたみベッドとしてはかなり重めだと思います。ずっしりしているのでそれだけで「ああ、撤収がめんどくさいな」と、出した瞬間から思ってしまいますが、安定性と耐久性は抜群です。値段も高めなので、友達...

    • キャンプすき    さん

      キャンプすき     | ★★★★★ ★★★★★ 4

      高品質で快適な寝心地のコット

      やはり値段は高いコットではありますが、買って損のない商品だと思います。私も値段と相談し、迷っていましたが、購入して満足しています。寝心地はもちろんのこと、組立に力もいらないし簡単。 欲しいけど値...

    高品質で快適な寝心地のコットです。地上高は32cm。ハイタイプの中ではちょっと低めの絶妙な高さです。スムーズに起き上がることができる高さで、ベンチ代わりに使うこともできます。重量は6㎏と重めですが、その分ベンチにした時の安定性も高く快適に座れます。寝る人の自重によって生地にテンションが掛かる仕組みのため、快適な寝心地です。一般的なコットは一定のテンションのため、体重によって沈み込みが強すぎてしまう場合も多いのですが、このコットは体重の違いに対する許容度が高いと言えます。組み立て式のコットと比べて設営も簡単です。また、床を傷つけないためのオプション品「床面保護カバー」も用意されており、家のベッド代わりに使う人も多いです。

  3. 03 リラックスコット ブラウン×ブラック (UNIFLAME)

    • たぬきさん

      たぬき | ★★★★★ ★★★★★ 4

      キャンプベッドはこれだ!

      リラックスコット ブラウン×ブラックは何よりも地面から高いというのが魅力を感じた1つです。耐荷重は80kgと申し分ないが、100kgはほしかったな、というのが本音ではあります。長さも193cmあ...

    • ひろさん

      ひろ | ★★★★★ ★★★★★ 3

      設営も簡単で様々な用途に利用できるアイテム

      一番の大きな魅力は設営が簡単なことだと思います。折りたたんで車に積むことができ、使用したい時は車から降ろして広げるだけなので数秒で終わります。寝心地も良く、荷物置きや3人がけの椅子としても利用す...

    前作のネイビーカラ―を、落ち着いた雰囲気のブラウン×ブラックへとリニューアル。 使用サイズは約193×69×(高さ)45cm、分散耐荷重は1スパンあたり約80kgと十分な広さ、そして耐久性があります。 また、収納サイズは約77×32×18cmとコンパクトで持ち運びも非常に便利になっています。この商品の最大の特徴はワンタッチで簡単に組み立てることができ、寝ることはもちろん、ちょっとした荷物置きやベンチとしても使用することができます。 キャンプだけではなく海水浴や運動会などあらゆるシーンで活躍する人気の商品です。

  4. 04 メインヘリテージウッドコット (Byer of Maine)

    • ラッペンさん

      ラッペン | ★★★★★ ★★★★★ 4

      見た目がすき

      見た目がお洒落な色で探していました。アメリカのキャンプ用品をイメージしたブランドで木製フレームコットです。 寝心地も良くて購入して正解でした。ポリエステルカバーで耐候性も高いです。木製のフレーム...

    • はらたさん

      はらた | ★★★★★ ★★★★★ 4

      コンパクトに収納できる

      木製の頑丈な作りのフレームでベンチ代わりとして2人で座ってもビクともせず保ってくれるのは安心でした。また重量もとても軽く折りたたみ式でとてもコンパクトなサイズになりますし、一人でも軽々と運搬でき...

    1880年に創業され、米軍やキャンパーに野外用の家具を供給してきたアメリカの老舗メーカー、バイヤーオブメインのウッドコットです。古き良きアメリカのキャンプギアを彷彿とさせる木製フレームが特徴的で、ナチュラルテイストのサイトにも馴染んでくれます。頑丈な折りたたみ式の木製フレームを採用しており、対候性に優れた600デニールのポリエステルカバーと合わせてコットとしてはもちろん、ベンチとしても使えます。設営も簡単で、親子2代にわたって家具を作り続けている家具職人が仕上げたこだわりのコットです。

  5. 05 バッグインベッド (DOD)

    • スイカ屋ごんべさん

      スイカ屋ごんべ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      コンパクトに収納できるコット

      バイクでツーリングキャンプをするときに愛用しているコットです。他のファミリーキャンプでよく使われるコットと比べてとてもコンパクトに収納できます。その割に組み立てると全然問題なく使用できますので、...

    • キリギリスさん

      キリギリス | ★★★★★ ★★★★★ 4

      画期的ベッド

      バッグインベッドは折りたたみ式と持ち運ぶにはかなり便利です。重さも2.4キロと軽量なのでとても使い勝手がいいです。収納もコンパクトにできるので、ツーリングバックにも入れれてしまうというツーリング...

    「お外遊びを楽しく」を追求するDODが生み出した、折り畳みのスリーピングベッドです。ベッドを使うと地面がデコボコしていても、虫がいても快適快眠。でも、かさ張って重いので持ち物リストからは外しがち。バックインベッドは、携帯と眠りの快適さの両方を備え、キャンプツーリングやフェスに活躍するアイテムです。収納サイズは、約51cm×13cm×16cm。ツーリングバッグに入りやすいサイズ設計です。重さは、約2.4kgで軽量。フェス向けにザックへ忍ばせて負担が少ないです。軽量ながら耐荷重は120Kgで丈夫。設営は脚部分の取り付けにコツが要るようですので、本番前に確認を。専用キャリーバックつきで、買ってすぐに持ち出せます。外でのお昼寝を自由自在にするベッドは、キャンプをぐっと楽しくしてくれそうです。

  6. 06 ワイドキャンピングベッド (DOD)

    • さなみさん

      さなみ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      組み立ても簡単だし、寝心地も良い

      キャンプでくつろぐベッドが欲しいと思って選びました。たくさんある中から目に止まったのは、価格です。しっかりしていそうなわりにリーズナブルだと思いました。実際に使ってみると想像していた以上にしっか...

    • タカトさん

      タカト | ★★★★★ ★★★★★ 3

      しっかりと体を支えてくれる

      大柄な男性でもゆったりと眠ることができる大きさのベッドです。しっかりと体を支えてくれるので、安心して眠れました。体型が大柄だと寝返りを打つのはむずかしいのですが、女性であれば寝返りができるくらい...

    ゆったりサイズの組み立て式コットです。コット本体の横幅が77cmとワイドでゆったり快適に寝れるサイズになっています。他のコットは横幅60㎝台のものが多いため、人気となっています。幅が狭いとフレームに腕が当たったり、寝返りが打てないなど安眠できず、せっかくのキャンプも台無しになってしまいそう。軽量化が特に必要でなく、設置場所の広さにも制約が無いなら、ワイドなコットは断然魅力的です。キャンプだけでなく、自宅のウッドデッキなどで使用するなら尚更ですね。側面にはサイドポケットを装備しており、スマホや鍵などの小物を収納することができます。ブランドは、リーズナブルで遊び心のある商品を提供する「DOD」 。このコットも例に漏れず、多くのショップで5000円台で買うことができます。

  7. 07 ライトコット (Helinox)

    ヘリノックスのコット・シリーズの中で最軽量を実現したモデルです。 使用サイズは約185×60×(高さ)13cm、耐荷重は約120kgと十分な広さ、そして耐久性があります。 また、重量は1.26kg、収納サイズは約53×13×13cmと軽量かつコンパクトで持ち運びも非常に便利になっています。他にも、選べるカラーは3タイプ、ブラック・グレー・サンドとキャンプシーンに合せたカラーを選べます。 ソロキャンプやツーリングキャンプなど荷物をコンパクトにおさえて楽しみたい方にオススメの商品です。

  8. 08 アウトドアベッド 2020年モデル (NatureHike)

    • キャンプおくさんさん

      キャンプおくさん | ★★★★★ ★★★★★ 5

      コスパ良し!旧タイプで気になっていた寝返り音も改善。

      以前は、旧タイプのネイチャーハイクを使用していました。とにかく、コンパクトで組み立てやすく、値段も手ごろだったので、 本当に愛用していました。壊れることもなかったです。ただ唯一気になっていたのが...

    • なりさん

      なり | ★★★★★ ★★★★★ 4

      高さが選べる軽量コット

      荷姿はやや大きいと感じますがとても軽いです。組立にはやや力が必要ですが、ハンドルがついているのでコツを覚えれば女性でも組立られます。外す時もハンドル横のボタンを両側から押すだけで簡単に外れます。...

    利用シーンに合わせて高さを17cmと38cmの二段階に調節できるのが特徴的なアウトドアベッドです。 旧モデルよりも安定性と強度が向上、寝返りによるきしみ音も低減。 使用サイズは約190×65×(高さ)38cm、耐荷重は約150kgと十分な広さ、そして耐久性があります。 また、重量は2.3kg、収納サイズは約52×19cmと軽量かつコンパクトで持ち運びも非常に便利になっていますです。他にも、選べるカラ―は2タイプ、ワイルドなブラックそしてミリタリーなカーキとキャンプシーンに合せたカラーを選べます。 ソロキャンプやツーリングキャンプなど荷物をコンパクトにおさえて楽しみたい方にオススメの商品です。

  9. 09 アルミGIベッド ダークブラウン/BK (ogawa)

  10. 10 ゴーコット レギュラー コヨーテブラウン (GO-KOT)

    • ののこさん

      ののこ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      お洒落でよい

      アメリカンな感じのアウトドアベッドで見た目も可愛いのが欲しくて購入しました。使用サイズで高さが18cmと低いのが個人的には気に入ってます。耐荷重も十分いけます!耐久性もあると口コミ多かったので購...

    • たぬきさん

      たぬき | ★★★★★ ★★★★★ 4

      オススメの折りたたみベッド

      このゴーコット レギュラー コヨーテブラウンは重量が3.85kgで耐荷重が158kgと申し分ないアイテムです。サイズも長さが188cm、幅66cmと男性が使用してもまったく窮屈に感じず、快適にテ...

    アメリカンスピリッツを感じさせるタフなアウトドアベッドです。 使用サイズは約188×66×(高さ)18cm、耐荷重は約158kgと十分な広さ、そして耐久性があります。 また、重量は3.85kg、収納サイズは約71×18×7.5cmと軽量かつコンパクトで持ち運びも非常に便利になっていますです。カラ―はGOKOT USA ×TRAILHEAD,Inc の別注カラーで、ミリタリー感があふれるコヨーテブラウンを採用。ワイルドなキャンプシーンを演出してくれます。 ソロキャンプやツーリングキャンプなど荷物をコンパクトにおさえて楽しみたい方にオススメの商品です。