キャンプの入門ガイド!初心者向けキャンプの“イロハ”と過ごし方

キャンプをこれから始めたいと思っている方に向けた、キャンプ入門ガイドです。まず、揃えておきたいキャンプ用品やキャンプ場でのノウハウなど、キャンプに行く前に必ずチェックしておくべきことについて解説します。また、キャンプ場でのスケジュールの一例もご紹介。しっかり予習して、初めてのキャンプを始めましょう!

更新日:

キャンプ始めたいけど、どうすれば良い?

キャンプ初心者がキャンプを始めたいと思っていても、道具を揃えたり過ごし方をどうすれば良いかなど、意外とハードルがたくさん。もちろん、快適なキャンプ空間を作り出すのは簡単ではありませんが、キャンプ初心者に入門編としてチェックして欲しいキャンプの“イロハ”を「キャンプ用品」「キャンプノウハウ」「キャンプ場での過ごし方」の3つに分けてご紹介します!

揃えておきたいキャンプ用品

初めてキャンプに行きたいと思ったら、まずぶち当たる壁が「どんなキャンプ用品が必要なのか?」ということ。もちろん欲しいアイテムから揃えるのも良いですが、それだとキャンプに行くまでに時間がかかってしまいます。そこで、最低限用意しておきたいテントやタープ、テーブルにチェアなどのアイテムについて知っておきましょう。

キャンプの必需品リストをチェックする

知っておきたいキャンプノウハウ

続いて、キャンプ場の選び方や設営方法など、細かいノウハウについてご紹介していきますよ!

キャンプ場の選び方

初めてのキャンプなら高規格キャンプ場のオートキャンプサイトがおすすめ。オートキャンプとは、テントやタープのすぐ横に車を横付けできるキャンプスタイルのこと。すぐ隣に車があるので荷物の出し入れが簡単ですし、万一急な天候の変化があった時に車に避難することもできます。

アイテムはまだ持っていないけど、キャンプをちょっと体験してみたい!という方であれば、コテージやバンガローの用意もある高規格キャンプ場に行ってみるのもおすすめ。高規格キャンプ場であれば、レンタル品も充実しており、トイレや水回りも綺麗に整備されているので、初心者でも利用しやすい環境が整っています。特に、小さなお子さんがいるファミリーでも安心して過ごせます。

キャンプテクニック

キャンプ場に着いたら、やることは山ほどあります。特に、キャンプで重要なテントやタープの設営、寝る時の注意や急な雨への対策などのテクニックは、知っておきましょう。

テントやタープの設営時の3つのポイント

  • 水はけの良い場所を選ぶ
  • 木陰がある場所を選ぶ
  • 周りとある程度距離を取れる場所を選ぶ

寝る時の5つのポイント

  • テント内の凸凹をできるだけ無くす
  • 枕を持っていく
  • 寒くても、分厚いアウターは着て寝ない
  • 顔冷えを防ぐためにマスクをする
  • 寝袋の中に毛布やインナーシュラフをいれる

急な雨への3つの対策

  • テントやタープに雨の逃げ道を作っておく
  • タープの下にテントを設営する
  • スピード撤収できるように、大きめのドライバッグを用意しておく

美味しいキャンプ飯

設営も寝る場所の準備もできたら、あとはお楽しみの大自然の中で食べるキャンプ料理。キャンプにおすすめな料理をご紹介していきますよ!

ダッチオーブンを使った料理5選

  • ピザ
  • ローストビーフ
  • パエリア
  • 炊き込みご飯
  • カレー

スキレットを使った料理3選

  • ステーキ
  • アヒージョ
  • ダッチベイビー

缶詰を使った料理3選

  • コーンバター
  • 焼き鳥のチーズ焼き
  • トマトとサバ缶のサバカレー

ホットサンドメーカーを使った料理5選

  • ハムチーズサンド
  • チキンとトマトソースのホットサンド
  • マキシマム手羽先
  • 焼きおにぎり
  • お好み焼き

キャンプ場での過ごし方

1日のタイムスケジュール

最後にキャンプの1日のスケジュールを立てておきましょう。移動や買い出しなどの到着までの時間や到着後の設営や料理の準備など、ある程度時間を決めておくとスムーズに進めることができます。

一例として1泊2日のキャンプの流れをまとめてみたので、スケジューリングの参考にしてくださいね!

1日目
7:00 – 車へ積み込み
8:00 – 出発
11:00 – 買い出し
12:00 – 昼食(お店やサービスエリア)
13:00 – キャンプ場へ到着、チェックイン
13:30 – テントやタープを設営
16:00 – 炭火起こしつつ、夕食準備
18:00 – 夕食
20:00 – お風呂
22:00 – 就寝

2日目
7:00 – 起床
7:10 – シュラフを干しながら、朝食準備
8:00 – 朝食
8:30 – テントなど含めて、すべて片付け
10:00 – 出発

意外とすることがたくさんで、どこでゆっくりするか悩ましいかもしれませんが、移動や設営には時間がかかるので、そこをいかに手早くするかがキャンプを楽しむ時間を確保するためのカギです。また、食事は前日に家で下ごしらえをして、当日は火を通すだけなどもおすすめです。

キャンプ入門におすすめアイテム!

  1. 01 タフワイドドームⅣ/300 (Coleman)

    • キャンプ好きさん

      キャンプ好き | ★★★★★ ★★★★★ 4

      使いやすい

      こちらのコールマンのタフワイドドームⅣ/300は、家族4人でキャンプに行く時に使用しています。テント内は高さがあるため、立って作業することができるので色々と便利です。設営は一人でもできますが慣れ...

    • サンナイさん

      サンナイ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      家族でのキャンプには最高のテント

      大人2人、子供2人で使用しています。デザインでいうと、スノーピークのアメニティドームのほうがおしゃれに感じますが機能性的にはファミリーキャンプにはもってこいのテントです。天井が高く、着替えやレイ...

    サークルベンチレーションを搭載し、居住性抜群のコールマン定番のドームテントになります。安定した人気を誇るロングセラーモデルだけあって、初心者キャンパーにも安心しておすすめすることができます。インナーテント下部から新鮮な空気を取り込み、暖まった空気を上部のメッシュから排出する仕組みになっており、日本の蒸し暑い気候にも適した作りになっています。テントの上部を大きく押し上げる独自のフレーム構造により、高さと広さを両立して立ったままでも悠々着替えができます。床面積も親子4人でゆったり眠れて、荷物スペースもしっかりと確保。アシストクリップにより一人でもらくらく設営可能です。幅広い方におすすめできる扱いやすい定番モデルです。

  2. 02 チーズタープ (DOD)

    • わいさん

      わい | ★★★★★ ★★★★★ 5

      シンプルイズザベスト

      ベージュを使っていますが、他の色も含めて目立った色でもなく、変わった模様や形でもないので、見た目はいたってシンプルなタープです。ただし、多少の雨でもまったく水漏れはせず、日に当たったらすぐに乾く...

    • きゃんおじさん

      きゃんおじ | ★★★★★ ★★★★★ 3

      色合いがいい

      とても落ち着いた色のタープで気に入っています。設営もしやすく一人で10分ほどあれば簡単にできるのでかなりいいです。日差しもしっかりと防いでくれます。かなり大きいサイズなので家族でキャンプする方や...

    ポリコットンを使用した5×5mの大型タープです。全16ヶ所にポールとロープをつけることができる正方形形状のため、状況に応じて自由自在に張ることができます。タープ単体で使うことはもちろん、カマボコテントなどの大型テントに接続して使うことも可能。厚みのあるポリコットン生地は濃い影を作り出し、夏場のキャンプでも涼しく過ごすことができ、またコットンを使用していることで火の粉があたっても穴が空きにくくなっています。長方形のタープと違い、長いほうはどちらかなど迷うことがなく、設営も簡単に行えます。付属品には、タープ専用のキャリーバッグ付きで、5×5mの大型タープが入っているとは思えない程コンパクトに収納できるため、持ち運びもしやすいのはうれしいポイントです。

  3. 03 アドベンチャースリーピングバッグ/C5 (Coleman)

  4. 04 キャンパーインフレーターマット/WセットⅡ (Coleman)

    • しらすさん

      しらす | ★★★★★ ★★★★★ 5

      もっと早く買えば良かった!

      キャンプを始めた当時、銀マット+寝袋で寝ていましたが、体が痛くてまったく安眠できませんでした。銀マットの上にこれを敷いて寝るようになってからは、朝までぐっすり安眠できています。キャンプ場に着いて...

    • どこでもさん

      どこでも | ★★★★★ ★★★★★ 4

      テントでもしっかり寝ることができます

      テントの中でしっかり就寝するために購入しました。厚さが5cmあってそれなりの寝心地で地面に敷いても薄さを感じないので、しっかり寝ている感じで良かったんです。空気を入れるのは非常に簡単ですが、反面...

    アウトドアでもしっかりと眠れる、コールマンのインフレーターマットです。バルブを開けるだけで自動的に空気が入って膨らむ仕組みで、5cm厚のポリウレタンフォームで快適な寝心地を提供できます。2枚組セットで、マット同士を連結してテント内にマットを敷き詰めることもできます。構造的にはそれぞれ独立しているため、隣の人が寝返りをうっても気になりません。ロール式収納で付属の収納ケースにコンパクトに収納可能で、車中泊や来客用にもおすすめのマットです。

  5. 05 タクティカルチェア / コヨーテ (Helinox)

    • トマト好きさん

      トマト好き | ★★★★★ ★★★★★ 5

      どこにでも持っていきたい

      デザインはシンプルで落ち着いた色合いでとても気に入っています。折りたたみ式なのでスゴく便利です。軽くて必要なときにサッと座れるのが魅力でピクニックや子供の運動会の時にも使えます。座り心地もよくて...

    • alohaさん

      aloha | ★★★★★ ★★★★★ 5

      キャンプ用品でチェアを買うなら絶対にこれ!

      キャンプで使用する為に購入しました!1つのコンパクトな袋に収納できるようになっていて持ち運びがとても楽です。キャンプ用品は1つ1つが重たいイメージがありますが、このチェアはとっても軽い!それなの...

    Helinoxと言えばチェアのラインナップが種類豊富で有名なメーカーですが、その中でミリタリーテイストで統一されているのが「タクティカルチェア」です。このタクティカルチェアの特徴は軽量化にしたポリエステルシートを採用し背面に収納ポケットが付いていること。フレームはショックコードを内蔵し、一体化され、組み立てや分解が簡単に行えます。収納するととてもコンパクトになり、本体の重量が1㎏未満という軽さで、キャンプはもちろん、山登りのようになるべく荷物を軽くしたいときなど、様々なシチュエーションで活躍してくれます。コンパクトで軽量なのに耐荷重は140㎏と高い強度も持ち合わせているので、大柄な男性でも安心して使うことができます。

  6. 06 虫の寄りにくいランタン (SOTO)

    • たけさん

      たけ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      虫嫌いにはもってこい

      夏のキャンプをする時、ランタンをつけると寄ってくる虫たちに長年悩まされてきました。この虫の寄りにくいランタンは、灯りとともに虫が寄ってこないという一石二鳥の優れ物。明りの調整も可能なのが嬉しいで...

    • 里奈さん

      里奈 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      本当に虫が寄ってきませんでした

      SOTOの虫の寄りにくいランタンは、ビックリするくらい虫が寄ってきませんでした。私は虫が大の苦手ですが、このランタンなら安心して使えます。以前他のメーカーのランタンを使っていて虫による恐ろしい思...

    テントサイトを明るくすると、必ずといっていいほど起こる虫問題。このランタンは名前の通り、万全の対策で虫をブロックしてくれます。まず、人間には同じ明るさでも虫には感じにくい、波長の長いオレンジの発光。暖色の光も雰囲気があって良い感じ。パワーブースターで安定した光量もちゃんと持続します。続いて光に寄ってくる虫に対し、リフレクターで森側の光をカット。さらに蚊トリフレクターを装備、ここに市販の蚊取りマットを取り付けられるのです。燃料はカセットガスなので経済的なのも嬉しい。これさえあればストレスフリーなナイトキャンプが楽しめそう。

  7. 07 Compressible Pillow M (THERMAREST)

  8. 08 ワンアクションローテーブル竹 (snow peak)

    • どんぐりさん

      どんぐり | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ワンアクションで設置が便利です

      ワンアクションでテーブルを設置できる利便性があります。設置も片付けも短時間でスムーズに行えるので、使い勝手がとても良いです。サイズに関しては、大き過ぎる事もなくキャンプで使うのにちょうど良いくら...

    • よんたんさん

      よんたん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      初心者にも扱いやすいテーブルです。

      長さや幅が広いテーブルとなりますので、作った料理や飲み物などたくさん置けるテーブルで良かったです。折りたためるテーブルでもあり持ち運びしやすく、また使う際は広げるだけで使えるテーブルとなり、初心...

    使うシーンを選ばない、美しい竹の集成材テーブル。ワンアクションテーブルは、折りたたまれた二枚の天板を開くと内側から飛び出す絵本のように、脚部が現れる画期的なシステムのテーブルです。簡単でスピーディなセッティング、撤収が可能。天板は美しく仕上げた竹の集成材です。ローチェアに座った時、ジャストな高さ。オリジナルの画期的システムを採用したことにより、コンパクトながらも大人数で使えます。収納ケースは持ち運びに便利なハンドル付きなので、アウトドアへ持って出かければ大活躍すること間違いなし。

  9. 09 スキレット (LODGE)

    • ひろくんさん

      ひろくん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      熱の伝わりが良く調理がしやすいです

      熱伝導効率がとても良いので、加熱調理するのにとても助かります。熱が伝わりやすく肉や野菜をはじめ、様々な食材の加熱を素早く行えるので調理時間も短縮できるのが魅力でもあります。スキレット自体、コンパ...

    • ときめきたろうさん

      ときめきたろう | ★★★★★ ★★★★★ 5

      自宅でも利用価値があります。

      スキレットは、特にキャンプにこだわらなくていいと思います。私のところでは、自宅キッチンにもスキレットが利用され、調理後そのまま食卓に並ぶケースが頻繁にあります。キャンプ利用時に便利なのは、調理後...

    「よい道具を選ぶ事が、美味しい料理をつくる第一歩」を信念に創業から120年の歴史あるアメリカNo.1の鋳型調理器具メーカーLODGEの鋳鉄フライパン。昔ながらの製法を守りつつ丁寧に作られています。石に近い性質の鋳鉄5mmという肉質の作りで、抜群の熱制御力が食材の旨味を引き出します。保温性が高く、温度ムラが少ないので、初心者でも美味しく仕上がります。煮込みも、焼きも、蒸しも、無水、無油も!な万能調理器具。アメリカでは親子代々受け継がれるほどの耐久性。IH対応なので、ご家庭のキッチンでも楽しめますよ。素敵なスキレットは、そのままテーブルに出して盛り上がること間違いなし。サイズは、12、10-1/4、9、8、6-1/2などがあり、アメリカでは10-1/4がスタンダードな大きさのようです。料理の幅を広げる蓋も一緒に購入がおすすめ。

  10. 10 ステンレスダッチオーブン 10インチ (SOTO)

    • ときめきたろうさん

      ときめきたろう | ★★★★★ ★★★★★ 4

      保温性、耐久性を考えるならステンレスタイプの方が長持ち

      ステンレスダッチオーブン 10インチですが、名前のごとくステンレスでつくられてますが、私の場合、鉄製のダッチオーブンも持っています。利便性や、耐久性を考慮するとステンレス製の方が持つと思われます...

    • 健太郎さん

      健太郎 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      かっこいい

      ステンレス製なので銀色がまぶしくキャンプシーンを映えさせてくれます。こちらのアイテムはシーズニングが不要なため、手入れを心配することなくガンガン使うことができます。また、焦げ付きにくいため洗い物...

    工業用バーナーの製造会社として創業、1990年100円ライターを燃料とする手のひらサイズの小型バーナー「ポケトーチ」の開発を機に強力な噴煙と優れた耐風性をアウトドアへ送りだしたSOTO。環境と文化を敏感に、「いま、ここにしかない」製品を産み出し続けています。SOTOのダッチオーブンは、極めて丈夫なステンレスを一枚の鋼板からプレス製造したオールステンレス製で、これまでの常識を変える新しいダッチオーブン。さびにくく、衝撃に強く、温度変化にも強く非常に丈夫。蓄熱性も高く、1台でほぼすべての料理が作れます。シーズニング(油慣らし)不要、家庭のガスコンロ、オーブン、IH等でも使用可能。アウトドアでも家庭でもお手入れ、使い方簡単に美味しい料理を気軽に楽しめます、10インチは4人前の料理に向くサイズ。底網付き。

  11. 11 HOME&CAMP バーナー ブラック (snow peak)

    • 希望さん

      希望 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      斬新すぎるデザイン

      snow peakのHOME&CAMP バーナー ブラックは、斬新すぎるデザインで一目惚れして購入しました。まず持ち運びスタイルの時の見た目が、まるでステンレスボトルのようです。マットな雰囲気の...

    • トト丸さん

      トト丸 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ソロキャンプにはオススメなスタイリッシュバーナー

      ソロキャンプ用に購入しました。スノーピークらしい可愛いながらスタイリッシュな見た目のデザインと収納時に折りたためるのが気に入って購入しましたが、コンロとしては今ひとつかなという印象です。五徳のく...

    大きめの鍋でも安定して使える五徳。そしてコンパクト収納。

    収納時はCB缶を一回り大きくしたようなシンプルな形状です。組み立てると大きく安定感のある五徳が現れ、どんな調理にも対応できます。他には見られない画期的なシングルバーナーで、インテリアとして家に置いても雰囲気を壊すことはなく、キャンプだけでなく食卓でも使用可能です。今までの卓上コンロとは一線を画すデザインで、発売と同時に人気を博しました。カラーはブラックの他にシルバーとカーキがあります。

  12. 12 ホットサンドイッチクッカー (Coleman)

    • 釣太郎さん

      釣太郎 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      オシャレに焼けます

      私は5人家族なので、Colemanのホットサンドクッカーを2つ持っています。朝食に使うことが多いですが、ピザ風にしたり、晩御飯の残りのカレーを挟んだりして美味しく食べています。弱火で焼きながらと...

    • ともさん

      とも | ★★★★★ ★★★★★ 4

      本格的な朝食が楽しめます

      美味しい朝食を作りたくて、今はやりのホットサンドクッカーを購入しました。8枚スライスの食パンを入れて、ハム・チーズといった定番から、あんこ、ジャムなどのスイーツなど様々なホットサンドを楽しむこと...

    ツーバーナーで手軽にホットサンドが作れるホットサンドイッチクッカー。内部はノンスティック加工により、食材のこびりつきを防止、ランタンマークがサンドイッチに刻印できます。この刻印があることにより、ちゃんと焼けているかどうかの目安になります。クッカーのハンドルは分解することが可能で、収納時には、ハンドルを分解して取り外し、付属の収納ケースに入れて簡単に持ち運ぶことができます。造りはシンプルな構造のため、お子さんでも手軽に楽しむことができます。キャンプやバーベキューでホットサンドが作れたなら朝ごはんやおやつにぴったりです。