初心者必見!軽量スリーピングマットの選び方とおすすめ6選

快適な睡眠を取れるかどうかは、キャンプにおいてもっとも大事なファクターです。そんな快適な睡眠を実現するためには、最適な寝袋とマット選びが大切。今回は特に1人用の軽量マット(スリーピングマット)にフォーカスをあて、選び方のポイントとおすすめの製品を一挙ご紹介します!

更新日:

初心者のためのスリーピングマット選び

自然の大地を寝床に快眠を得るためには、地面の凹凸と温度をどうにかする必要があります。寝袋の下に敷いて使う軽量コンパクトなスリーピングマット選びはそのための第一歩です。

キャンプにおけるマットの役割

キャンプで使用するマットには大きく分けて2つの役割があります。適切なマット選びをする前にまずはその役割を理解することから始めましょう。

床面をフラットにする

河原や砂利のサイトなら言わずもがな、一見やわらかそうに見える芝生のサイトでも、実際に寝てみると細かな凹凸や小石などが気になるものです。そのような場所で何の対策もせず寝袋1つで寝れば身体が痛くなることでしょう。そうした地面のコンディションを直接身体に伝えないようにするのがマットの1つ目の役割です。

地熱を遮る

地面の土や砂というものは海や川といった水よりも蓄熱性が高く、放熱性が低いという特徴があります。そのためマットが無ければ夏は暑く、冬は地面に体温を奪われ底冷えをしてとても快適には眠れません。つまり地面の熱が直接身体に影響を及ぼさないようにするのがマットの2つ目の役割です。

R値(R-VALUE)とは?

製品の熱の伝わりにくさを数値化したメーカー共通基準をR値(R-VALUE)と呼びます。この値が高いほど断熱性が高いマットで、より地熱の影響を遮断してくれます。
R値の参考としてはおおむね次の通りです。

  • R値1以下:最低気温の目安10℃、夏用
  • R値1~2.5:最低気温の目安0℃、夏前後
  • R値2.5~4:最低気温の目安-5℃、3シーズン用
  • R値4以上:最低気温の目安-5℃以下、通年用

ただし、このR値に関しては全てのメーカーが表示しているわけではなく、またメーカーによって計測方法が異なりますのでご注意ください。

軽量コンパクトなスリーピングマット

キャンプ用マットはテントの床面全体に敷くテントマット(インナーマット)と、個々人が寝袋の下に敷いて使うスリーピングマットの2種類に分かれます。そのうち初心者が必ず用意しておきたいのはスリーピングマットで、特に持ち運びも楽な軽量マットを1つは用意しておくと良いでしょう。

使用時のサイズ目安

登山など極限までミニマリストにする場合を除いて、身長+5cm程度の長さがある物を選びましょう。横幅は通常の成人男性でも50cmあれば寝られるとは思いますが、より快適さを求めるのであれば60~70cmくらいあるものを選ぶのがおすすめです。

重量と収納性

スリーピングマットは素材やタイプによってその重量と収納時のサイズもまちまち。重く収納時のサイズが大きいものは、それだけ厚みやサイズに余裕があり快適な睡眠が得られます。
しかし、登山でのバックパックやツーリングの場合は、収納性・携帯性に優れた軽量コンパクトな製品を選ぶ必要があります。おおむね600g前後までの重量のマットを選べば運搬時の苦労はかなり軽減されます。

スリーピングマットの構造別メリット・デメリット

スリーピングマットの構造は大きく分けて3つの種類に分類されます。ここではそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

エアータイプ(空気注入式)

ポリエステルなどの素材で作られ、中に空気を入れて使用するエアーマット。軽量コンパクトで持ち運びのしやすさでは他の追随を許しません。ほとんどの製品が空気の部屋を細かく分けた構造をしているため、体重を満遍なく支えてくれて快適な寝心地を実現します。さらに空気は地面よりも熱を通しにくいために、保温性・遮温性にも優れています。
しかし空気を入れなければ使えないため、設営準備には多少の手間がかかるのが難点。また、万が一穴などが空いて空気が抜けてしまえばただの布切れになってしまうため、火気や突起物の近くでは注意が必要です。

セルフインフレーティングタイプ(半自動膨張式)

通称インフレータブルマット(インフレーターマット)とも呼ばれるこのタイプは、エアーマットの中にウレタンなどのクッション素材が入った構造になっています。広げてバルブを開放すれば自動的に膨らむタイプの製品がほとんどで、設営の手間も少なく、寝心地と収納性のどちらにも優れたマットのため高い人気を誇っています。
また、仮に穴が空いて空気が抜けたとしても、クッションが残るので最低限の寝心地は保証してくれるといったいい事づくしではありますが、他のタイプと比べると価格が高く、少々重いのがデメリットです。

クローズドセルタイプ(独立気泡型)

ウレタンファームやポリエチレンフォーム、そしてEVAフォームと呼ばれる合成樹脂など、空気を含んだ独立気泡素材で作られたマット。ジャバラ状の折りたたみ式とロール式の2種類があり、俗に言う銀マットもこちらのタイプに分類されます。
メリットとしては軽量で安価。構造上空気漏れなども無いために非常に丈夫で、広げるだけで使える手軽さも魅力です。また、地面の凹凸をバッチリ和らげてくれる高いクッション性能も大きな魅力です。
反面、折りたたむことができるだけで体積自体は変わらないため非常に嵩張り、携帯性・収納性にはやや難があります。

銀マットとは?

ウレタンマットの表面に銀色のアルミシートが蒸着された製品で、メーカーごとの正式名称に関わらず通称銀マットと呼ばれています。ホームセンターなどでも安価で購入できることからキャンプ初心者にも人気で、必要なサイズに切って使える気楽さもありますが、価格が安い分寝心地は極普通です。厚さも製品によってさまざまですが、100円ショップなどで売っている極薄のものは重ね使い時のサブ程度に考えておきましょう。

代表的なメーカーと製品

THERMAREST(サーマレスト)

「アウトドアで最高の眠りを提供する」をコンセプトにマットやブランケットを展開するアウトドアメーカー。特にスリーピングマットの性能の高さはキャンパーや登山者から評価されているトップブランドです。

クローズドセルマットレス Zライト ソル

R値2.0の3シーズンモデル。ジャバラ式の広げるだけで使えるEVAフォームマットで、断熱性も高く寝心地も良好。さらにクローズドセルタイプにしては軽量でコンパクトなのも大きな魅力です。

NEMO(ニーモ)

2002年アメリカで創業された新興のアウトドアメーカー。斬新な発想の製品が魅力で、日本ではイワタニ・プリムス株式会社が輸入販売を行っています。

ゾア20R

登山家など極力荷物をコンパクトにしたいミニマリストキャンパーに人気の製品。仲のウレタンフォームを縦横2方向から肉抜き加工するなど、極限まで軽量化を図ったセルフインフレーティングマットです。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

ホームセンターなどでも購入できる初心者にもおすすめな総合アウトドアメーカー。価格のやすさとラインナップの豊富さが魅力です。

EVAフォームマット

表面が波形に加工されたジャバラ式折りたたみマットで、キャプテンスタッグの代表的スリーピングマット。270gという超軽量で設営・収納の手軽さが魅力です。

BUNDOK(バンドック)

ツーリングバイカーやソロキャンパーに人気の新潟県三条市のアウトドアメーカー。コスパに優れた製品ラインナップが展開されています。

フォールディングマット

軽量ポリエチレン製のジャバラ式折りたたみマットでクッション性も抜群。グリーン、ブルー、ピンクと3色展開しているため好みの色を選べるのも嬉しいポイントです。

mont-bell(モンベル)

登山用グッズを中心に幅広くアウトドアグッズを扱う総合メーカー。クッション性と保温性の両方を高レベルで実現したエアーマットが人気です。

U.L.コンフォートシステム エアパッド180

ボックス構造を採用することにより、保温性と快適性を高次元で実現しました。フラットな寝心地で寝返りも快適。別売りのポンプバッグがあれば大変な空気入れも楽々行えます。

Mozambique(モザンビーク)

「かっこいい商品がいい商品」をスローガンに機能性に加えてデザイン開発にも余念のないアウトドアメーカーです。

キャンプマット アルミナムフォーム

表面にアルミ加工が施され高い断熱性と耐久性を実現したXPEフォーム製のクローズドセルマット。通販サイトでは常にベストセラーを獲得するモデルです。収納ケース付き。

KLYMIT(クライミット)

アメリカユタ州のアウトドアメーカー。軽量化に特化した独創的なデザインが特徴で、スリーピングマットも独特の形状をしたものが見られます。

イナーシャ・オゾン

頭部に約10cm厚の枕が付き、本体部分が網目のように身体を包み込む独特の形状で、シュラフの中に入れて使用することが前提で作られた一風変わったエアーマット。網目の穴の部分は軽量化のためだけでなく、寝袋の潰れを最小限に押さえて保温効果を高める役目も担っています。

このように、キャンプでの快適な睡眠を得るためのマット選びには、さまざまなポイントがあります。冷たい地面に体温を奪われると底冷えで眠れないだけでなく、場合によっては死活問題に直結することもありますので、特に冬場のキャンプでは最適なスリーピングマット選びを行いましょう。場合によってはマットを2枚重ねて使うなどの工夫をするのも有効な手段です。
睡眠をしっかり取って、より快適で楽しいキャンプライフを送れるために、マット選びは妥協せずにこだわりましょう!

軽量コンパクトなマットのおすすめはこちら!

  1. 01 Inertia Ozone (KLYMIT)

    X型に圧着されたピローが快適な睡眠をサポートするマットです。 マット本体を大胆にくり抜いたロフトポケットにより、寝袋を潰さず保温効率を高めます。また、マット上の深い溝と立体的な空気室の効果で、寝返りをうってもマット内の空気が流動せず快適な寝心地をキープします。革新的なデザインにより軽量化を果たしながらも寝袋の中に入れて使用することで高い保温性を確保、軽量コンパクトな収納サイズと機能性を兼ね備えた初心者からベテランまで幅広い層にオススメの商品です。

  2. 02 TENSOR™ 20R (NEMO)

  3. 03 エアーマットウェーブ (Coleman)

    色鮮やかなグリーンカラーと独創的なデザインが印象的なエアーマットです。 使用サイズは約196×53×6cm、ピロー部は高さ10cmです。収納サイズは約φ13×28cm、重量は約650gと軽量コンパクトなため持ち運びも便利です。最大の特徴は手動式のポンプが内蔵されているので肺活量が少ない方でも安心して膨らますことができることです。 ソロキャンプやツーリングキャンプはもちろん、フェスや海水浴などさまざまなシーンで活躍する人気のエアーマットです。

  4. 04 Z Lite™ Sol R (THERMAREST)

    • moro96さん

      moro96 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      高スペックでコンパクト

      車中泊、テント泊、登山等様々なシーンで大活躍します。耐久性も高く軽くてコンパクト。汚れにくく使いやすいので初心者におすすめです。他のマット等と併用して使用するとさらにクッション性が増し快適に休ま...

    • 子アリクイ可愛いさん

      子アリクイ可愛い | ★★★★★ ★★★★★ 4

      あると便利

      シュラフの中に入れても使用できます。地面の状況次第では、アンダーのマットをいろいろ使用しても少し凹凸やカーブなどが気になることもあります。その時に使用する事で、あまり気にならなくなります。また、...

    軽量で登山者やバックパッカー、サイクリストに人気の折りたたみ式クローズドセルマットレスです。エアー注入式マットレスのようにコンパクトに収納はできませんが、広げるだけですぐに使うことができるので便利です。また、エア漏れなどのリスクが無いので、長旅やタフな状況でも安心して使うことができます。クローズドセルマットレスは全体が凸凹しており、それぞれのセルが空気の層を作ることで保温する仕組みです。この凸凹は体圧を分散させて寝心地を良くする働きもあります。片面にはアルミ蒸着加工がしてあり、断熱性を高くしています。寒い時期はアルミ蒸着面を上にして使うことによって、体温を反射して暖かさを保つことができます。逆に暑い時期にはアルミ蒸着面を下にして使用します。

  5. 05 EVAフォームマット(ダブル)140×217cm (CAPTAIN STAG)

    • moro96さん

      moro96 | ★★★★★ ★★★★★ 2

      コンパクトで便利ですが

      コンパクトで便利、低コストですが単体での使用はおすすめしません。マットが薄く銀マットや他のマットと併用での使用をおすすめします。シングル用として折りたためばクッション性が上がりまだ使用できますが...

    • サバ缶さん

      サバ缶 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      見た目は薄いけど地面の冷たさは完全シャットアウト

      太いので一人用のマットだと手や足がはみ出ることが多いので、ダブルのこれを一人で使っています。一人用のテントだと大きすぎる印象をちょっと受けますが、まあテントに入りきってるので良し。見た目は薄く感...

    テント内の床に敷き、クッション性を確保し体への負担を和らげたり、地面の冷気を遮断するクローズドセルマットです。 使用時のサイズは約140×217×厚さ1.5cmなので2人での使用が最適です。材質には水、紫外線に優れた安定性があると同時に、ゴム弾性や柔軟性および強靭性や耐候性など多くの優れた特性をもつEVA樹脂と柔軟で曲げやすい特徴がある発泡ポリエチレンを採用。また、約760gと軽いので簡単に持ち運びができます。さらに、表面を凸凹に加工することで快適なクッション性を実現しています。 キャンプはもちろん、フェスやピクニック、海水浴など、さまざまなシーンで使用できるアイテムです。

  6. 06 ZOR™ 20R (NEMO)