キャンプの必携アイテム!バーナーの基礎知識とおすすめ15選

キャンプで使うバーナーの基礎知識まとめ。燃料の違いやバーナーの種類、使う時の注意点などを解説。ガスバーナーやガソリンバーナーなど、どう選べばいいか悩んでいる初心者の方も多いはず。これを読んで自分に最適なバーナーを見つけましょう!

更新日:

キャンプの必須アイテムだからこそ、しっかり選ぼう

キャンプに欠かせないギアのひとつがバーナー。といっても様々なタイプがあり、燃料や形の違いなど検討するべきポイントがたくさん。キャンプで料理をするときの必須アイテムだからこそ、しっかりポイントを抑えて自分のキャンプスタイルにあったバーナーを選ぶようにしましょう。そこで今回は、バーナーの種類や燃料などの基礎知識や使用する際の注意点などをご紹介していきます!

バーナーに使われる3つの燃料

高額だけど寒さに強いOD缶

OD缶は「OutDoor(アウトドア)缶」の略。バーナーにセットすることで、家のコンロと同じように誰でも簡単に着火することができます。

  • 【メリット】
    火力が高く寒冷地でも使える、OD缶専用のシングルバーナーが多い
  • 【デメリット】
    アウトドアショップでしか購入できない、コストが高い

どこにでも売っていて安価なCB缶

CB缶は「CassetteGasBomb(カセットガスボンベ)缶」の略。自宅でカセットガスコンロなどの燃料でもあるので、自宅で使ったことのある方も多いでしょう。初心者用からベテランまで愛用者の多い燃料です。

  • 【メリット】
    コンビニなどどこでも手に入る、コストが低い
  • 【デメリット】
    気温が低いと火力が弱くなってしまう、専用のシングルバーナーが少ない

寒さもコスパも◎だけど、難易度が高いホワイトガソリン

ホワイトガソリンの特徴は、火力が非常に強い点。ガスバーナーは寒いと火力が落ちるというデメリットがありますが、ガソリンバーナーだと気圧や気温に左右されにくいです。

  • 【メリット】
    寒さに強いので、登山や高所でのキャンプで使うのに向いている
  • 【デメリット】
    タンク内の空気の圧力を下げたり予熱したりなど手間がかかる、初心者には扱いにくい

バーナーの種類

ここからはバーナーの種類をみていきましょう。

シングルバーナー

コンパクトに収納でき、幅広い用途で使えるシングルバーナー。ちょっとコーヒーを飲みたい時に手軽にお湯を沸かしたり、ステイクのメインコンロにしたり、大人数のサブコンロとして使うなど、その便利さは通常のコンロ以上です。

ツーバーナー

火口が2つあり、ゴトクも付いているので鍋やフライパンも使いやすく、ほぼ家庭と変わらないスタイルで調理することができるツーバーナー。ファミリーやグループキャンプで料理を多く作る必要があるときに役立つアイテムです。

ガスバーナーのタイプ

続いて、バーナーのタイプです。バーナーには、五徳とガス缶が一体型のものと分離型のものの2種類があります。

一体型

ソロキャンプやお湯を沸かすのみなどに使用するのであれば、コンパクトに収納できる一体型がおすすめです。

  • 【メリット】
    コンパクトに携行することができる
  • 【デメリット】
    安定しにくいため、重い鍋などは使用しにくい
    • 分離型

      複数人のキャンプで大きめの鍋を使用する時に、おすすめなのが分離型。安定感があり、重めの鍋でもしっかり使うことができます。

      • 【メリット】
        安定しやすく、重い鍋でも使用できる
      • 【デメリット】
        かさばりやすく、持ち運びにくい

      プラスであると便利なアイテム

      ではここで、シングルバーナーにあると便利なアイテムをご紹介 します。

      スタンド

      シングルバーナーだけでは大きい調理器具に対応できないこともあります。そんな時は、バーナースタンド(台)を使って調理器具をおくスペースを広く作ってあげると、さまざまな料理でもできるようになります。ただし、バーナースタンドの高さと耐荷重には注意しましょう。

      風防

      シングルバーナーには、火口の周りがむき出しになっているものがほとんど。そこで、風防を使って風から火口を守ってあげることで、火力を安定することができます。

      バーナーを使用する時の注意点

      最後に、バーナーを使用する時の注意点もチェック。近年、誤った使い方のせいで、思わぬ事故が発生しています。きちんと使用上の注意点を念頭に入れて、使うようにしてください。

      屋内や幕内での使用は避ける

      バーナーは、屋外で利用することを前提に設計されています。また、使用中には周囲の酸素を大量に消費するため、屋内やテント内などの密閉された場所で使用すると、一酸化炭素中毒や窒息などの事故につながりかねません。また、テント内でも物やテントに燃え移る可能性もあるので、バーナーはできるだけ屋外で使用するようにしましょう。

      Oリングが劣化した器具は使用しない

      Oリングとは、ガスバーナーのバルブ内にある、ガスを止めるための重要な部品です。この部品は、年月とともに劣化して消耗してきます。切れやひび割れ、縮みなどが起こった状態で使用し続けると、過剰な量のガスに引火して爆発する恐れもあります。使用中に変わった音がしたり、ガスの出に異変があるときなどはすぐに使用をやめてメンテナンスに出すようにしましょう。

      バーナー全体を風貌で囲わない

      シングルバーナー(ガス缶)の周囲を密閉しすぎると、熱がたまって滞留し、ガスカートリッジも過熱されてしまいます。カートリッジは高温になると爆発してしまう恐れがあるの、炎部分のバーナー用風防を使用するようにしましょう。

      大きな鉄板など重すぎるものは使わない

      大きい鉄板、魚焼き器などバーナーに大して大きく重いものは、輻射熱が大きく、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがありますので、使用しないようにしましょう。

おすすめのバーナーはこちら!

  1. 01 レギュレーターストーブ (SOTO)

    • NMDさん

      NMD | ★★★★★ ★★★★★ 4

      CB缶を使う時はこれ一択

      自分用ではないですが、こちらのメルヘンバージョンを所有。デイキャンプをファミリーでするときになどに使用しています。近場のコンビニでも手に入るCB缶を使えることと、大きめのゴトクで大きめのフライパ...

    • スイカ屋ごんべさん

      スイカ屋ごんべ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      ガスが用意しやすいコンロ

      私も今年の夏に購入したばかりのアイテムです。今まで別のブランドのワンバーナーを使っていましたが、壊れたのを機に買い換えました。今まで使っていたワンバーナーはガスがOD缶のものでした。使い勝手が悪...

    工業用バーナー製造会社の新富士バーナーが、1992年に立ち上げたアウトドアブランド、SOTO(ソト)のベストセラー、レギュレーターストーブです。コンパクトながら強力な火力を誇り、マイクロレギュレーターにより使いやすいCB缶を採用しながら外気温が低くても安定した火力を発揮します。直径19cmまでの大鍋が使用できる大きなゴトクにより調理もしやすく、重量わずか350gで組み立ても簡単。純正品のほか社外品のオプションも多数リリースされる人気モデルで、初心者から玄人まで幅広い層におすすめのバーナーです。

  2. 02 HOME&CAMP バーナー ブラック (snow peak)

    • 希望さん

      希望 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      斬新すぎるデザイン

      snow peakのHOME&CAMP バーナー ブラックは、斬新すぎるデザインで一目惚れして購入しました。まず持ち運びスタイルの時の見た目が、まるでステンレスボトルのようです。マットな雰囲気の...

    • トト丸さん

      トト丸 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ソロキャンプにはオススメなスタイリッシュバーナー

      ソロキャンプ用に購入しました。スノーピークらしい可愛いながらスタイリッシュな見た目のデザインと収納時に折りたためるのが気に入って購入しましたが、コンロとしては今ひとつかなという印象です。五徳のく...

    大きめの鍋でも安定して使える五徳。そしてコンパクト収納。

    収納時はCB缶を一回り大きくしたようなシンプルな形状です。組み立てると大きく安定感のある五徳が現れ、どんな調理にも対応できます。他には見られない画期的なシングルバーナーで、インテリアとして家に置いても雰囲気を壊すことはなく、キャンプだけでなく食卓でも使用可能です。今までの卓上コンロとは一線を画すデザインで、発売と同時に人気を博しました。カラーはブラックの他にシルバーとカーキがあります。

  3. 03 レギュレーターストーブ FUSION (SOTO)

    • Reitonさん

      Reiton | ★★★★★ ★★★★★ 5

      五徳のサイズとボンベ分離型がGood!

      主にファミリーキャンプにて使用中です。五徳のサイズが大きいので家庭用フライパンで調理が可能です。朝食時にフライパンでサッと調理できるのは非常に楽ですし、バーナー分離型もあって輻射熱も気にせず使用...

    工業用バーナー製造会社の新富士バーナーが、1992年に立ち上げたアウトドアブランド、SOTO(ソト)の分離型ストーブです。バーナーとガスボンベが分離しているので安心して使うことができ、内蔵されたマイクロレギュレーターにより安定した火力を発揮します。すり鉢状のバーナーヘッドにより優れた耐風性能を実現し、4本のゴトクにより大鍋を使用しても安心感があります。入手しやすく経済性に優れたCB缶を採用しており、収納も軽量コンパクト。ソロキャンプでのクッカー調理から、グループキャンプでの大鍋調理まで対応できるバーナーです。

  4. 04 マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター (SOTO)

    • 玲子さん

      玲子 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      シングルバーナーの中では最強と言っていいのでは

      五徳が3つのささえになっていて料理などをするには安定感が今一つなのですが、悪天候の中でも火力がまったく落ちないし、寒い季節でもまったく問題がありません。お湯をわかしたり、ちょっとした料理をするな...

    • ようさん

      よう | ★★★★★ ★★★★★ 5

      コンパクトで風にも強いバーナー

      あるアウトドアフェスで展示販売していて、ガス缶付きでお得に購入できた商品です。アウトドアでは風の影響が受けやすいバーナーですが、このバーナーは名前の通り、風に強く、高山でもしっかり火がついて調理...

    風に強く、寒さにも強い、マイクロレギュレーター搭載の最強ストーブ。風防いらずのすり鉢状バーナーヘッドが横からの風を受けにくくしてくれるので、暴風機能が大幅にUP。マイクロレギュレーターシステムが外気温20度でも−5度でも変わらない火力を発揮してくれるので、強風・寒さの中でもしっかり加熱調理ができます。標準セットの3本五徳は着脱式、工具なしで簡単に着脱可能なのも荷物を減らせて便利です。「大型4本ゴトク」(別売)はさらに安定して鍋を置けるので、グループ山行にも最適。

  5. 05 153ウルトラバーナー (PRIMUS)

    • よこてさん

      よこて | ★★★★★ ★★★★★ 5

      シングルバーナーで迷ったらコレ!

      いくつもシングルバーナーがあるので購入時には迷ってしまう人もいるでしょうが、私はこちらを推奨。理由は、軽い、コンパクト、高火力、火力調整のしやすさ、五徳の安定感、点火装置での点火成功率の高さなど...

    • よっちゃんさん

      よっちゃん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      火力は問題無

      キャンプ用の一般的なカセットコンロ以外にも、153ウルトラバーナーは当日の風の強さ、料理内容によっては持参して一般コンロと使い分けることにしてます。理由は該当商品の火力は問題ありませんが、火力の...

    ガスバーナーコンロが欲しくても火が弱いのではないかと心配になります。しかし、こちらの「ウルトラバーナー」は火力が強いく、家庭用コンロに負けない程の力強い火力。弱火から強火まで火力の微調整が正確に行えます。また、そのパワフルな火力は山頂や雪山、海辺など風や寒さに負けることなく様々なシーンで安定した火力を保ってくれます。そして、サイズが小さく軽量なため収納に場所を取られることなく、持ち運びも便利です。ハイパワー、コンパクト、軽量と三拍子揃った「ウルトラバーナー」はハイキングや登山、キャンプなど使いたい時にすぐ使えて幅広く活躍します。

  6. 06 ギガパワー ストーブ 地 オート (snow peak)

    • まーさんさん

      まーさん | ★★★★★ ★★★★★ 5

      とても重宝している

      使用していないときはとてもコンパクトにたためるので、場所を取らずにキャンプに限らず登山など、どこでも持っていけます。キャンプの時にはコーヒー用のお湯を沸かしたり、ちょっとしたピクニックの時にはカ...

    1998年の発売以来、世界中で選ばれ続ける信頼のロングセラーモデル、スノーピークのギガパワーストーブ地オートです。最高出力2,500kcal/hで湯沸かしに十分な火力で、着火に便利なオートイグナイタも搭載。中央に倒せる4本のゴトクと火力調整ツマミで付属の収納ケースにコンパクトに収まり、同社のトレック900などのクッカーにガス缶と一緒に収納できます。ゴトクの安定感も抜群で、トータルバランスに優れたストーブです。

  7. 07 ジュニアコンパクトバーナー (Iwatani)

  8. 08 G-ストーブ (SOTO)

  9. 09 アミカス (SOTO)

    • よっちゃんさん

      よっちゃん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      持ち運びは楽で、火力も強いのでキャンプ時は常に携帯してます。

      アミカスは、アウトドアキャンプ時には常に携帯して持っていきます。ただし、持って行ったからといって必ず使う訳ではありません。当日の現地で、風邪が強いとか、雨が降り出したとか、そういったときに振り分...

    • あいさん

      あい | ★★★★★ ★★★★★ 5

      コンパクトで操作性に優れたおすすめのバーナー

      4本の五徳をしっかりと折りたたむことができるので、とてもコンパクトなサイズになり持ち運びにとても便利なので気に入っています。火力も十分ですし、横風にも強い設計になっているので安心して利用できると...

    ラテン語で「友達」の意味ををもつ「アミカス」。マイクロレギュレーター非搭載モデルながら、すり鉢状バーナーヘッドが横からの風を受けにくくしてくれるので、暴風機能が大幅にUP。強風の中でもしっかり加熱調理ができます。4本ゴトク採用で安定感も◎。置かれた鍋をしっかり支えてくれます。コスパ・使用感・装備等トータルバランスに優れ、ビギナーからベテランキャンパーまで、幅広いシーンで活躍してくれます。これを選んでおけば間違いなし!の1台です。

  10. 10 レギュレーター2バーナー GRID(グリッド) (SOTO)

    • 大豆さん

      大豆 | ★★★★★ ★★★★★ 3

      火力十分で自宅と同じような調理ができる

      コンロが2口あってしっかりとした火力があり煮物でも焼き物でも作れます。ただ、結構な価格ですし、キャンプで火を起こしてそっちで調理をしたい、そのサブ的なものとしては大げさすぎると思います。そして、...

    • キャンプへGOさん

      キャンプへGO | ★★★★★ ★★★★★ 4

      アウトドアでも家庭のコンロ

      家庭用ガスコンロと遜色ない見た目で、とてもスタイリッシュなバーナーです。火力調整もしやすく、弱火から強火まで家庭と変わらない火加減調整ができるので、微妙な火加減調整が必須な煮込み料理などをするの...

    キャンプや登山などアウトドアのシーンでもカセットコンロ感覚で使える二口ついたレギュレーター2バーナーGRID。一般的なカセットガス式ツーバーナーはガスボンベを立ててセットすることが多いですが、本製品は横向きに寝かせた状態でセットするのが特徴。また、カセットボンベを本体の下に取り付けるので普通のカセットコンロと同じように卓上でも使えるのは大きなメリットです。シンプルですっきりとしたステンレス製の作りは、他のツーバーナーと比べると重量が軽く持ち運びやすいです。また、風防も用意されているため、取り付ければ風の影響も受けることなく調理できます。卓上で使えるため家族でテーブルを囲み、ツーバーナーの片方でチーズを溶かし、もう片方で野菜を焼いてチーズフォンデュなど一工夫するだけで調理の幅も広がります。

  11. 11 ギガパワーツーバーナー 液出し [最大出力3000kcal] (snow peak)

    これまでのガスストーブの常識を破った、まったく新しいガスカートリッジの装着方法で高出力を実現しました。オートイグナイターで一発着火、火力コントロールも容易で極小トロ火も加納な高機能ガスツーバーナーです。 液ガスをそのまま燃出するため、外気の温度変化に左右されることなく安定した炎が最後まで持続します。

  12. 12 413Hパワーハウス(R)ツーバーナー (Coleman)

    • いくぐさん

      いくぐ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      安定感がある

      ツーバーナータイプのコンロではあるのですが、土台が安定感があって風防設備がしっかりしているので頼もしいなと感じました。ダッチオーブンとしても使用できるのでキャンプでちょっとしたバーベキューをする...

    • sum-sumさん

      sum-sum | ★★★★★ ★★★★★ 4

      長く愛用している,レトロなツーバーナーです。

      こちらのツーバーナーを,自分自身が子供のころから,長く愛用して使用しています。ホワイトガソリンなので,経済的だし安心して使用できます。20年近く使用しているので,耐久性もばっちりです。レトロなデ...

    大人気Colemanのツーバーナー。中でもこちらは世代をまたいで愛用されている、世界的ロングセラーです。液体燃料タイプで、ホワイトガソリンなどが使えて経済的。レトロな留め具や液体燃料を入れる手前のタンクが、なんとも良い味出しています。ゴトクやサイドの風防も直線的でスッキリしたデザイン。レトロな見た目でも機能はパワフル。ダッチオーブンも楽々置けて、火力が強く、悪天候にも負けません。ピッタリサイズのグリルプレートもあります。シングルバーナーと比べると土台の安定感と風防がしっかりしているのが2バーナーの良いところ。グループや家族でのキャンプに大活躍してくれます。コールマンらしいシックなグリーンも置いておくだけでアウトドア気分があがります。愛情もってメンテナンスして、子供へと引き継ぎたい一台です。

  13. 13 ジェットボイル PCS FLASH (JETBOIL)

  14. 14 WHISPERLITE™ (MSR)

    命を守る。 これは、ラリー・ペンバーシーが35年以上前にMountain Safety Researchを設立して以来の当社のモットーです。登山用品の安全性を改善するための孤独な改革が、可能な限り最も信頼できる高性能用品のデザインに取り組む先駆的なアウトドア用品企業へと発展しました。 今日、MSRは、ストーブやスノーシューから、テントや浄水器まで、一連のイノベーションにより、業界のリーダーとして世界中で認められています。常にお客さまのニーズに答える製品を提供したい、というMSRのひたむきな姿勢は変わりません。 そのため、MSRの製品は世界で最も過酷な探検のいくつかで使用され、そして、レジャー用にも当社の製品が選ばれ、愛用されています。

  15. 15 NOVA (OPTIMUS)

    • やす君さん

      やす君 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      シンプル&コンパクト

      この商品を購入するまでは現地で火を熾してましたが、バーナー1つでキャンプが非常に楽になり時間的に余裕ができました。使いやすさは抜群に良いです。持ち運びもコンパクトなので場所をとらず不便は何もあり...

    1899年にスウェーデンで誕生した老舗調理器具ブランド、オプティマスのマルチフューエルストーブ、ノヴァです。ジェット交換することなくホワイトガソリン、灯油、軽油などの異なった種類の石油系燃料を使用することができ、海外の軍隊や自衛隊でも採用されるほど厳しい環境での使用にも耐えうる堅牢な作り。短時間での余熱で使用することができ、細かな火力調整も可能。非常時の調理器具としてもおすすめな野外ストーブの最高峰モデルです。