キャンプサイトに彩りと癒やしを!オイルランタンのおすすめ9選

キャンプで使用するランタンはさまざまな種類がありますが、その中でも「オイルランタン」はキャンパーにとても人気があります。暖かみのある明るさで、ゆらゆらと揺れる火は、キャンプの非日常により彩りを与えてくれます。今回はオイルランタンがどのようなものか、選び方や使用時の注意点を交えながら、初心者キャンパーからベテランキャンパーまでさまざまな方へおすすめな商品をご紹介します。

更新日:

初心者でも失敗しないオイルランタン選び方

キャンプなどのアウトドアで特別な雰囲気を作り出してくれるオイルランタンですが、「着火方式」や「燃料の種類」などいくつか種類があり、よくあるLEDランタンよりしっかりと選ぶ必要があります。初心者でも失敗しないオイルランタンの「選び方」や「注意点」などを解説していきます。

オイルランタンとは

オイルランタンとは、灯油や石油などのオイルを使用して火を灯し、周囲に明かりを灯すランタンです。気温が低いときや雨や風が厳しい悪天候でも使用することができ、嵐のような場合でも使えることから「ハリケーンランタン(ハリケーンランタン)」とも呼ばれています。

オイルランタンの魅力は「雨や風の中でも灯りをともし続ける耐久性がある」ところで、穏やかで暖かみのある炎がゆらゆらとゆれる明りは「特別な非日常の雰囲気」を作り出してくれます。

使用する燃料や専用のオイルも比較的安く手に入れられるので、コスパの良いキャンプ用の照明アイテムとしても人気があり、多くのキャンパーに愛用されています。

オイルランタンの着火方法の種類

オイルランタンの着火方法は「加圧式」と「非加圧式」の2種類あります。

加圧式(燃料:ガソリン)

まず、ガソリンを燃料とする加圧式のオイルランタンは、点火する前にポンピングして燃料タンクの空気を圧縮し、ガス化した燃料を合成繊維のマントルに引火させることで明かりを灯す仕組みです。
点火する前にこれらの作業を行い準備する手間があるので、取り扱いは非加圧式よりは多少の慣れが必要ですが、そのひと手間がオイルランタンを楽しむうえでの醍醐味の1つでもあるので、ベテランキャンパーに愛用者も多いです。

加圧式は構造の特徴から強く明るい火を灯すので、野外でも周囲をしっかりと照らすことができるため、野外での使用におすすめです。

非加圧式(燃料:灯油、石油)

灯油や石油を燃料とする非加圧式のオイルランタンは、燃料タンクと着火用の芯があれば火を燃やし続けることができる仕組みです。学校の理科の実験でアルコールランプを使ったことがある方も多いと思いますが、基本構造と原理は同じです。
加圧式と比べると非加圧式は点火もしやすく取り扱いが簡単で、手入れもしやすいので初心者キャンパーにおすすめです。

非加圧式は構造の特徴から自然な明るさの火を灯すので、穏やかな明るさはとても趣があり、室内用などでの使用におすすめです。

オイルランタンの選び方

キャンプで使用するオイルランタンの選び方は3つあります。キャンプでは夜の暗い時間帯に明かりを灯してくれるオイルランタンですが、特別な非日常を作り出してくれるアイテムのため、しっかりと選びましょう。

燃焼時間で選ぶ

オイルランタンは燃料タンクの容量で燃焼時間が決まります。
340mlの容量であれば約20時間程度、500mlの容量であれば約24時間程度が連続燃焼時間の目安になります。1泊なら340mlがおすすめですが、連日オイルランタンを使用する場合は補給用の燃料も準備しておきましょう。

明るさで選ぶ

オイルランタンは加圧式・非加圧式で明るさは異なりますが、同じ着火方式でも照明器具として使える実用性を目的としているものもあれば、インテリアでの使用を目的としているものもあり、オイルランタンによって明るさは異なります。使用目的や利用シーンに合わせて購入前に明るさをチェックしましょう。

燃料の種類で選ぶ

オイルランタンの燃料の種類は、主に「灯油」「石油」「パラフィンオイル」の3種類あり、おすすめは「灯油」か「パラフィンオイル」です。

一般家庭で石油ストーブの燃料としても使われる灯油は、コスパが良く引火点が40度と高いので安心して使用することができます。但し、ススがついたり臭いは気になるかもしれません。

ロウを液状にした燃料のパラフィンオイルは、ススが出にくいですし、臭いもほとんどきになりません。また、引火度95度と灯油よりも引火度が高く気化しにくい特徴があるので、取り扱いに慣れていない初心者キャンパーも安全に使うことができます。ただし灯油よりは少し値段が高くなりますが、色付きのものや虫よけ効果のあるものも発売されています。

オイルランタンを使う際の注意点

比較的手軽に楽しめるオイルランタンですが、注意点をいくつかご紹介します。

密閉空間では使わない

オイルランタンは火を使うため、焚火や炭火などと同様に密閉空間では一酸化炭素中毒の恐れがあるため使用はNGです。テント内で使用したい場合はLEDランタンなどを使用すると安全です。

傾斜のある場所に置かない

オイルランタンは燃料を入れているため、倒れてしまうと燃料がもれて引火する危険性があります。必ず平らな安定感のある場所で使用するようにしてください。

オイルは基本的に混ぜない

オイルランタンは灯油かパラフィンオイルを使用することが主流ですが、他の燃料を混ぜないようにしてください。特にアルコールランプ用のアルコールを使用した場合、爆発の危険性があります。

オイルランタンはキャンプサイトの雰囲気作りにとって大切なアイテムですが、LEDランタンでは味わうことのできない特別な雰囲気は、一度キャンプで使ってみるとその魅力に病みつきになるでしょう。是非、キャンプを楽しむアイテムの1つとしてオイルランタンを検討してみてください!

キャンプサイトを彩る、おすすめのオイルランタンはこちら!

  1. 01 ハリケーンランタン (FEUERHAND)

    • ハンターさん

      ハンター | ★★★★★ ★★★★★ 5

      シックなデザインに強固なボディを持つ

      見る人を魅了するシックなデザイン。それに加えてカラーバリエーションの豊富さ。明るいカラーから、渋めのカラーまで取りそろえており、自分の好みに合わせてチョイスすることができます。キャンプシーンでは...

    • mtさん

      mt | ★★★★★ ★★★★★ 5

      玄人感満載

      ずっと使いやすいLEDランタンばかり使用していました。でもランタンに灯る炎を見たくなり購入。小さいこどももいるから、パっと点灯する方が良いと思っていて、さらにオイルランタンは扱いにくいイメージが...

    質実剛健なモノづくりで定評のあるドイツで百年以上の歴史を誇る、フュアーハンド社のオイルランタン。特殊構造で過酷な環境に強く、中でもハリケーンランタンはその信頼性からヒマラヤ遠征、航海用、また世界6カ国の軍隊でも採用されています。加圧式ではないため熱の発生量も少なく、無音なのでテントの中でも使えます。燃焼時間は20時間以上。 近年造りがアップグレード。ハイテク素材の鋼板を採用し、より錆びにくくタンクも漏れにくい仕様となってより耐久性が増しました。操作性もよく光量調整もしやすいので、初めてオイルランタンを使う方にもお勧めです。 堅牢な作りながら、このクラシカルなデザイン。シックなマットシルバーのボディと柔らかく揺らぐ炎の灯りに心癒されます。置いておくだけで料理がさらに美味しく感じられそう。明るいLEDランタンも便利だけれど、このオイルランタンと一緒なら、スローキャンプをより楽しめるはず。

  2. 02 ベイビースペシャル276 ジンク (FEUERHAND)

    • 風来坊さん

      風来坊 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ソロキャンプ用として手頃さが魅力です

      シンプルな飾り気のない見た目が逆にお洒落だと思ったのと、価格も手頃だったのでソロキャンプの際に使用すべく購入しました。明かり自体は決して強くはありませんが、その薄暗い感じがキャンプの夜らしい雰囲...

    • かおりさん

      かおり | ★★★★★ ★★★★★ 4

      初心者向けのランタン

      カラフルなデザインが特徴的で、どれにしようか迷ってしまいました。点火が簡単なのでオススメのランタンです。塗装が少し甘いですが、それもアジなのかなと思います。維持費も安価だし、それなりに明るいので...

    ドイツの伝統あるランタンメーカー・フュアーハンド社のオイルランタンです。どこか無骨でクラシカルなデザインは約100年前からほとんど変わっていないそうです。基本構造も創業当時のままで、そのシンプルな構造は長年多くの人に愛されてきました。オイルがしみ込んだ芯に火が灯り、温められた空気が上部から放出、この上昇気流により下部のバーナーに左右のパイプを通った新鮮な空気が送り込まれることで燃焼を促進させるというしくみです。本体にはガルバナイズドスチールを採用、錆びにくく丈夫で長い間の使用に耐えてくれます。多少の風にも消えることなく、燃焼時間は20時間と長く照らしてくれます。カラーバリエーションも豊富で自分好みの一品が必ず見つかります。

  3. 03 ハリケーンランタン78 (DIETZ)

    • はなさんさん

      はなさん | ★★★★★ ★★★★★ 4

      キャンプにおすすめのランタン

      黒金を愛用しています。高級感があり、炎はとても幻想的で、キャンプ場の雰囲気に合っています。価格も安くタンク容量も大きいので、長時間使える点にも満足です。気になったポイントは、使うときに少し匂いが...

    • ジャバジャックさん

      ジャバジャック | ★★★★★ ★★★★★ 3

      可もなく不可もなく

      良い意味で特徴がないオイルランタン。あまりお金をかけずに、オイルランタン特有の、優しい温かみのある炎を出すランタンを求めている人なら、ちょうど良いと思う。もし明るさを求めるなら、この商品(オイル...

    アメリカで1840年に創業した伝統あるランタンメーカー・DIETZのオイルランタンです。基本的な構造はフュアーハンド社のオイルランタンとほぼ同じです。悪天候の中でも、火が消えずに明かりをともし続けることができることから、ハリケーンランタンと名づけられました。定番カラーの黒金は、マット感のある黒色に金色の火力調整ノブやグローブガード部分が映えてとてもおしゃれです。燃焼時間は25時間と長時間使用することができます。火力も強くテーブルランタンとして十分な光量を発揮してくれます。ケロシンオイルでも使用可能ですが、ススがつくと黒くなりやすいので、パラフィンオイルでの使用をお勧めします。カラーバリエーションも豊富で自分好みの一品を探すのも楽しくなります。

  4. 04 NO.78 MAR BRASS (DIETZ)

    • Buruさん

      Buru | ★★★★★ ★★★★★ 5

      インテリアとしても最高

      ハリケーンランプが欲しくて、購入を考えていましたが、DIETZ社の歴史が長くデザインもかっこいいと言うところに惹かれて購入しました。明るさを求めて購入する人には向きません(間接照明以下)が、キャ...

    • べんちゃんさん

      べんちゃん | ★★★★★ ★★★★★ 5

      高評価で大満足です

      性能がものすごく高く、買い替えや違う種類を購入など何度もしてきましたが一番いいランタンです。燃焼時間が長く吊るすこともでき、風などにも強い構造なので耐久性も優れていました。見た目が可愛らしくもか...

    アメリカで1840年に創業した伝統あるランタンメーカー・DIETZのオイルランタンです。基本的な構造はフュアーハンド社のオイルランタンとほぼ同じです。悪天候の中でも、火が消えずに明かりをともし続けることができることから、ハリケーンランタンと名づけられました。定番カラーの黒金は、マット感のある黒色に金色の火力調整ノブやグローブガード部分が映えてとてもおしゃれです。燃焼時間は25時間と長時間使用することができます。火力も強くテーブルランタンとして十分な光量を発揮してくれます。ケロシンオイルでも使用可能ですが、ススがつくと黒くなりやすいので、パラフィンオイルでの使用をお勧めします。カラーバリエーションも豊富で自分好みの一品を探すのも楽しくなります。

  5. 05 HL1ストームランタン (Petromax)

    • おがとろさん

      おがとろ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      キャンプで使用

      ホワイトガソリンなどに比べ取り扱いが安全な灯油を燃料とするランタンです。この手のタイプではニャーが有名ですがニャーよりひと回り小さなサイズです。見た目も愛らしくアウトドアで使用しないときはインテ...

    • ユージさん

      ユージ | ★★★★★ ★★★★★ 3

      生産終了しました

      ひとりで手元を照らす程度の光量ですのでキャンプ感は味わえますが、少し不便に感じられると思います。燃費がよいのでキャンドルランタンのなかでは長持ちするほうだと思います。

    アウトドアに欠かせないアイテム「Petromax HL1ストームランタン」。コンパクトサイズで重量も軽く、取り扱いも簡単なので、初心者でも手が出しやすいオイルランタンになります。暖かみのある炎の光で辺りを照らし、まったりと過ごす夜のキャンプにベストマッチ。静かな森にパチパチと音を立てる焚火、ゆったりと椅子に座りながらテーブルを照らす暖色系の明かりは、離れて見ると美しく、オイルランタンならではの良い雰囲気を醸し出してくれます。また、デザイン性も高くおしゃれな見た目から、お部屋のインテリアとして飾るのも良し。いざという時の防災グッズにもなるので、おすすめのランタンです。

  6. 06 ランタン 276 (FEUERHAND)

    • ばじりこさん

      ばじりこ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      はじめて持つならこのランタンが調子いい

      ドイツ製の無骨でクラシカルなデザインのオイルランタンです。そのデザインから長年愛用しても飽きなく、どんなスタイルのキャンプにもマッチします。オイルを入れて、芯に火を点けるだけと簡単なため、ランタ...

    • 沙織さん

      沙織 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      味のある素敵な雰囲気のランタン

      ランタン 276を愛用するようになってから一年ほどのレビューになります。こちらのランタンの一番気に入っているところはやはりデザインです。ソリッドで冷たさを感じる外観から、温かみのある優しい明かり...

    ドイツの伝統あるランタンメーカー・フュアーハンド社のオイルランタンです。どこか無骨でクラシカルなデザインは約100年前からほとんど変わっていないそうです。基本構造も創業当時のままで、そのシンプルな構造は長年多くの人に愛されてきました。オイルがしみ込んだ芯に火が灯り、温められた空気が上部から放出、この上昇気流により下部のバーナーに左右のパイプを通った新鮮な空気が送り込まれることで燃焼を促進させるというしくみです。本体にはガルバナイズドスチールを採用、錆びにくく丈夫で長い間の使用に耐えてくれます。多少の風にも消えることなく、燃焼時間は20時間と長く照らしてくれます。カラーバリエーションも豊富で自分好みの一品が必ず見つかります。

  7. 07 ランタン〈中〉(プロンズ) (CAPTAIN STAG)

    • あみさん

      あみ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      アンティーク感のあるランタン

      ブロンズ仕上げのランタンがアンティークっぽくて気に入り、購入しました。他のオイルランタンと比較して安く購入できた記憶があります。オイルランタンの暖かい炎の動きが味わい深く、買った直後はしばらく見...

    • えすあるさん

      えすある | ★★★★★ ★★★★★ 4

      いい雰囲気

      オイルで灯すランタン。昔、小学校の理科の授業で使ったアルコールランプと同じ使い方で、最初使った時は懐かしかった。同メーカーのパラフィンオイルを入れて、ホヤを上にスライドさせて芯に着火すると、暖か...

    新潟県燕市にある金属加工メーカーが展開しているアウトドアブランド・CAPTAIN STAGのランタンです。クラシカルなデザインはキャンプサイトを趣のある空間に演出してくれます。鉄を使用し、カラーリングはブロンズ仕上げとなっており重厚感があります。燃料は白灯油やパラフィンオイルなどを使用しているため、ガスランタンよりもランニングコストを抑えられます。燃焼時間は14時間。一般的なオイルランタン用のウィックが使えるので使いやすいです。ほかのメーカーのオイルランタンと比べると、比較的安価に手に入ります。オイルランタンの雰囲気を味わってみたい方や、オイルランタンの構造を勉強したい方の入門編におすすめです。

  8. 08 ハリケーンランタン (HOLMEGAARD)

    デンマークの王室御用達のガラスブランド、ホルムガードのハリケーンランタンです。吹きガラスの本体に天然レザーのハンドルを組み合わせた高品質でスタイリッシュなデザインで、冬が長く日照時間が短いデンマークならではのアイテム。自宅のインテリアや、防災用としてもおすすめです。燃料は環境に優しいパラフィン系炭化水素燃料を採用し、100%ガラス繊維であるグラスファイバー製の芯を使用するなど、約5,000時間という長い時間燃焼が可能。温かみのある灯りでキャンプサイトを優しく照らしてくれるランタンです。

  9. 09 マイナーズランプ (JD Burord)

    イギリスのウェールズで伝統工法によるハンドメイド品として製造される、JDバーフォードのマイナーズランプです。もともと鉱夫用ランプとして作られており、ヴィンテージ感のある金属製の本体はキャンプサイトをレトロに演出してくれます。パラフィンオイルを入れて燃焼させる仕組みで、使うほどに金属が焼けて変色しアンティークな風合いが増していきます。アウトドアでの使用はもちろん、自宅のインテリアとしてもレトロな存在感を放つアイテムで、カラーやサイズも豊富にラインナップ。存在感とタフさを併せ持つランタンです。