あると便利!キッチンテーブルの選び方とおすすめ7選

キッチンテーブルは、キャンプで調理をしたり調理器具や食材を収納するなど、食事や団らんをするメインテーブルとは別に設置するテーブルのことです。キッチンテーブルのメリットや選び方を知って、快適で楽しいキャンプをしましょう。

更新日:

キッチンテーブルは便利なアイテム。選び方を知ってキャンプをもっと快適にしよう!

キッチンテーブルを使うメリットって何?

キッチンテーブルが無くても特に問題ないのではないかと思いがちなキッチンテーブルですが、便利なポイントがたくさんあります。ここではキッチンテーブルを使うメリットについて紹介します。

作業を効率化できる

食材を切ったり調理をするとメインテーブル上が散らかり、お子さんと遊んだり団らんをするスペースが狭くなったり、包丁などの危険な調理器具が置かれていたり…と、なかなか作業の効率が上がらないものです。そんなときにキッチンテーブルがあれば、調理するスペースと食事や団らんをするスペースを分けることができるため、作業の効率を上げることができます。

自宅と同じ感覚で料理できる

キャンプでの食事をするメインテーブルは、チェアに座って食事をすることを前提に作られているため、立って作業をするのは少し辛いです。しかしキッチンテーブルは、立って作業をすることを前提に天板の位置が高く設計されているため、自宅のキッチンと同じ感覚で料理することができます。
またキッチンテーブルにはツーバーナーをすぐ横に取り付けることができるものも多いため、下処理した食材をすぐ横で調理をするという自宅同様の導線を設けることができます。自宅と同じ感覚で料理ができるということは、それだけ料理がしやすいということでもあります。そのため、より一層美味しい料理も作ることができるでしょう。

キッチンテーブルが活躍するキャンプスタイルとは

このようにさまざまなメリットがあるキャンプテーブルですが、全ての方に必要というわけではありません。キッチンテーブルが使用した方が確実に快適になる!となる方の特徴は次の通りです。

  • 小さな子供がいたり、大人数でキャンプをする方
  • 料理にこだわりたい方
  • ご飯を素早く済まして遊びたい方

これらに共通することは、効率良く料理に集中したい方です。小さな子供がいる場合には安全に気を付けなければいけませんし、こだわってじっくりと美味しい料理を作ったりササッと料理をしたい方の場合には効率が良くなくてはなりません。
キッチンテーブルはこれら全てのニーズに応えてくれる便利なアイテムです。当てはまる方は是非キッチンテーブルを使ってみましょう。

キッチンテーブルの選び方

キッチンテーブルには非常に多くの種類があり、いざ購入してみようと思ってもどれを選べばよいのか迷ってしまいます。そこでキッチンテーブルの選び方について解説していきます。

使用するバーナーの種類で選ぶ

キャンプでの調理には主にシングルバーナーかツーバーナーの2種類のバーナーを使用します。そしてそれぞれのバーナーに合ったキッチンテーブルが存在します。以下ではそれぞれのバーナーに合うキッチンテーブルについて紹介します。

  • シングルバーナー:天板の耐熱温度が高いもの、グリルスタンドがないシンプルなもの
  • ツーバーナー:グリススタンドがついたもの、二段式になっているもの

シングルバーナーは火元と天板の位置が近くなってしまうため耐熱性のあるステンレス製のもの、ツーバーナーはグリルスタンドは必須になります。また、グリルスタンドが左右どちらに付いているのかということが重要で、自宅のキッチンと同じ位置関係にしたほうがよいでしょう。

キッチンテーブルのタイプで選ぶ

キッチンテーブル自体もさまざまな構造のものがあります。

  • 二段ベース型
  • 多機能型
  • 収納ラック型

ツーバーナーを使用する際には二段ベース型か多機能型になることが多いのですが、多機能型はランタンを取り付けることができたり、調理器具を引っ掛けたりと便利な一方で、収納時にかさばりやすいという欠点があります。そのため、あまり荷物を大きくしたくないという方には、シンプルでコンパクトな二段ベース型がおすすめです。
また収納ラック型は食材などを隠すことができるため、就寝中に動物に持っていかれること防いだり、包丁のような危険な調理道具を子供が簡単に触れないようにすることができます。

以上のように、キッチンテーブルには多くの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。自分に合ったキッチンテーブルを選んで、快適で楽しいキャンプをしましょう!

おすすめキッチンテーブルはこちら!

  1. 01 キッチンスタンドⅡ (UNIFLAME)

    • ゆみさん

      ゆみ | ★★★★★ ★★★★★ 5

      簡単に組み立てることができてしっかりと支えてくれる

      キャンプやバーベキューなどで調理する際、このキッチンスタンドを利用して調理を行っています。コンパクトサイズに収納でき、組み立てる時は簡単に行えるのでとても助かります。一度設置してしまえば、しっか...

    • いちかさん

      いちか | ★★★★★ ★★★★★ 4

      調理が楽しくなるキッチンスタンド

      以前から欲しいと思っていたキッチンスタンドで、旦那にプレゼントしてもらいました。ユニフレームのツーバーナーをセットして調理していますが、調理が本当に楽しくなりますね。安定感があって使いやすさも優...

    簡単組み立ての調理スタンド。キャンプ用キッチン用品といえばユニフレームと言われるほど、定評のあるユニフレームのキッチン用品。天板・棚板に使われているステンレス材、何かをこぼしてもサッと拭くだけで綺麗になります。また、熱に強いので焚火の近くにも置け、傷がつきにくいエンボス加工を施してあります。そして、このキッチンスタンドⅡは驚くほどコンパクトになります。調理するときは十分なスペースを確保できるのに、収納時はほぼ天板一枚分のサイズになるので、非常に便利です。ツーバーナーや天板など別売りのアイテムを組合わせることで、より快適に様々な使い方をすることができます。

  2. 02 コンフォートマスター(R)ワンタッチキッチンテーブル (Coleman)

    • maさん

      ma | ★★★★★ ★★★★★ 4

      使いやすい

      シンプルな見た目がスゴくいいですね。折りたたみ式なので持ち運びのときにも場所をとりません。設営もとても簡単なので使いやすいです。クーラーボックスも隣におくことができるので調理するのも楽で助かって...

    • nimoさん

      nimo | ★★★★★ ★★★★★ 5

      かっこいいキッチンが出来上がります

      マスターシリーズで竹の天板やフレームの色などが落ち着いた雰囲気で、安心感があります。このキッチンスタンド一つで調理に関することが完結するし、作業効率が上がります。配置によってバーナーを左、右のス...

    最強のギアでありながら至福の時間、至福の空間のためのホスピタリティを有することを目指したマスターシリーズの商品です。ワンタッチで簡単に設営することが可能で、使い勝手の良さが追求されています。二つ折りの天板を開くと自動でテーブルの脚が開く、楽しくて画期的な作りになっています。複雑な組み立てを必要としないので、誰でも簡単にセットできます。天板には竹集成材を使用しています。竹集成材は頑丈で弾力性があり、曲げ・圧縮強度に優れています。また、竹の線維は一定で、長さに対して狂いがほとんどないのが特徴でなので、美しく丈夫で歪みが少ない仕上がりになっています。

  3. 03 ナチュラルモザイク™ ツーウェイキッチンスタンド プラス (Coleman)

    ロースタイルにも高さを合わせられる、コールマンのキッチンテーブルです。天板高さ40cmにも調整できるので流行りのロースタイルにも対応可能。座りながら調理できたり、子供と一緒に料理できるなどメリットも多いロースタイでの調理を楽しめます。ナチュラルモザイクがおしゃれな天板は抗菌加工とメラミン加工が施されており、菌の増殖を抑えてくれるとともに、汚れを拭きとりやすくなっています。折りたたんで付属の収納ケースにコンパクトに収納できるなど、シンプルながら使い勝手のよいキッチンテーブルです。

  4. 04 キッチンカウンターテーブル (NATURE TONES)

    • まこさん

      まこ | ★★★★★ ★★★★★ 2

      初心者にオススメ

      価格もさほどたかくもなく、オシャレで可愛いので女の子受けはいいですね。ビジュアル重視な人や初心者の方やキャンプ場のような足場の整えられているとこでしかしないと言う人にはオススメです。ただ、石や岩...

    福井県発のアウトドアブランド、ネイチャートーンズのキッチンカウンターテーブルです。キッチンペーパーホルダー、メタル調理スペース、ゴミ箱フック、まな板・鍋蓋フック、タオルハンガーなど様々なギミックが満載で、下部の棚網に小型のクーラーボックスやダッチオーブンを置くこともできます。金属部はサビに強い厚膜のコーティングが施されており、コンパクトに折りたたみ可能。オプションとして、ランタン等を吊るして使えるハンガーやツーバーナースタンド、ウッドテーブルなども用意されており、カラーもレッド、ダークブラウン、チョコレートブラウンの3色を展開。用途に応じて多彩なアレンジが可能なテーブルです。

  5. 05 ワークテーブル HI SET (tent-Mark DESIGNS)

    アウトドアコーディネーターの小雀陣二氏のアイデアを形にしたテンマクデザインの調理台です。メインテーブルとしてもサイドテーブルとしても使える汎用性の高いテーブルで、ハイタイプとロータイプの2種類を展開。こちらのハイタイプは、下のラックを単独で使用することも可能です。武骨なデザインのシンプルなステンレス一枚天板を採用し、奥行きが広いので作業もしやすいサイズ。ミドルレッグや収納ケースなどオプションも豊富で、組み合わせて使用することでさらに調理の幅が広がるテーブルです。

  6. 06 ソトデーチューボー2 (DOD)

    自宅のキッチンと同じ感覚で調理ができる、DODのキッチンテーブルです。一般的な家庭のキッチンと同じ高さや調理スペースに設計されたウッド天板を採用しており、調理しやすく広く快適。天板の一部はハシゴ状のチューブで構成されたスチール天板を採用しており、熱いクッカーなども直接置けるほか、シェラカップなどを掛けたり、水切り棚としても使用可能。食器や食材を収納できる2つのストレージや、カトラリーや調理器具などをすっきり整理できるオーガナイザーポケットも設けられており、使い勝手も抜群。高さも3段階に調整可能で、アウトドアでの調理を格上げしてくれるテーブルです。

  7. 07 ワークテーブル LOW SET (tent-Mark DESIGNS)

    アウトドアコーディネーターの小雀陣二氏のアイデアを形にしたテンマクデザインの調理台です。メインテーブルとしてもサイドテーブルとしても使える汎用性の高いテーブルで、ハイタイプとロータイプの2種類を展開。こちらのロータイプは、クーラーボックスやウォータータンクのスタンドとしても使いやすいサイズです。武骨なデザインのシンプルなステンレス一枚天板を採用し、奥行きが広いので作業もしやすいサイズ。ミドルレッグや収納ケースなどオプションも豊富で、組み合わせて使用することでさらに調理の幅が広がるテーブルです。