究極の野遊び「ブッシュクラフト」の楽しみ方と3つの必携ギア

最近よく「ブッシュクラフト」って言葉をよく聞きませんか?ブッシュクラフトは、自然の中で「生き残る」ことが目的のサバイルとは異なり、自然の中で「生活」することが目的のキャンプスタイルのこと。最近では、SNSなどでもブッシュクラフトを楽しむキャンパーを見かけることも多くなりました。そんなブッシュクラフトの楽しみ方と必携アイテムについてご紹介します!

更新日:

ブッシュクラフトとは?

ブッシュクラフトとは「持ち込む道具は必要最低限におさえ、自然の中にある素材を利用して、アウトドアを楽しむ」というキャンプスタイル。ベテランキャンパーを中心にブームが広がってきています。
ブッシュクラフトを通して、より自然と深く向き合って、日頃のストレスから解放されてみませんか?そこで今回は、ブッシュクラフトの楽しみ方とその必須アイテムについて、ご紹介します。

ブッシュクラフトの楽しみ方と3つの必携ギア

ブッシュクラフトを楽しむなら、まずは以下のアイテムを準備しておきましょう。

  • ナイフ
  • 火おこし道具
  • 水筒

この3アイテムを使えば、木材でランタンポールや箸、スプーンなども作れちゃいます。中にはチェアも作ってしまう猛者も。では、詳しくみていきますよ!

ブッシュクラフトにおけるナイフ選びのポイント

ナイフ無しではブッシュクラフトは語れない!というくらい重要なアイテムのナイフ。火を起こす際のバトニングと呼ばれる薪割りはもちろん、お箸などのカトラリーもこれ1本で作ることができます。

身幅の広さ

日本のキャンプではあまり薪を割ったり、また薪を割るときにナイフを使うことがないため、日本のキャンプ用ナイフの身幅は狭く作られています。
身幅が狭いナイフだと薪割りまではできないので、できれば身幅の広いナイフを選ぶようにしましょう。

切れ味

切れ味が良いナイフは扱いやすいだけでなく、事故も防げます。切れ味が悪いナイフのために、無理に力を使って事故に繋がることも多いんです。また、切れ味を保つためにもメンテナンスは怠らないようにしましょう。

素材

ナイフの切れ味やメンテナンスに関わってくるポイントが、ナイフの刃の素材。主には鉄と、ステンレスの2種類です。

鉄は、切れ味が鋭い反面さびやすいので、定期的なメンテナンスが必要です。中には黒サビでコーティング加工したサビに強いタイプもあり、自分で黒錆加工を施す楽しみもあります。

ステンレスは、さびない分メンテナンスには優れますが、一般的には切れ味は鉄製のものより劣ります。濡れた食材などをカットするなど料理におすすめです。

ブッシュクラフトにおける火おこし道具選びのポイント

火おこしは、ブッシュクラフトの基本。それも着火剤や新聞紙などは使わずに、ナイフ・薪・麻ひも(薪を縛るため)・ファイヤースターターだけで火がおこせれば、ブッシュクラフターへの第一歩です。薪は、現地で枯れ枝などを集めるとより雰囲気が出ますよ。

着火させるファイヤスターター

マッチを持っていくのもひとつの方法ですが、火起こしも少し、原始的な方法でやってみましょう。ナイフと一緒に火打ち石代わりに使えます。

火吹き棒

調理をする時に火の調整をするのに、火吹き棒があると便利。竹筒などで自作するのも良いですね。

ブッシュクラフトにおける水筒選びのポイント

水筒

生きるうえで必要不可欠な水。もちろんブッシュクラフトでも同じです。おすすめは火にもかけられるキャンティーンカップ。時には水筒に、時にはクッカーにと便利なアイテムです。

浄水ボトル

ブッシュクラフトでは川や湖などの水を使うこともあります。そんな時にあると良いのが、浄水ボトル。注入口にろ過装置が付いているので、水をボトルに汲むだけで飲み水として使うことができます。

ブッシュクラフト上級者であれば…

木材と布を使ってテントやチェアを作る

ブッシュクラフト上級者であれば、その場で過ごすためのチェアやテントも自作する方も。布を組み合わせたり、中には木の枝だけで作る猛者もいます。

ブッシュクラフトにおすすめなアイテムはこちら!

  1. 01 ブッシュクラフトサバイバル (MORAKNIV)

  2. 02 ファイヤーブラスター60 (FIRE SIDE)

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 4

      スリムに折りたためる便利なスタンド

      ワンタッチで開閉ができてスリムに折りたたみができるスタンドです。フラットに折りたたみできるので、車に積む際も場所を取らずクーラーボックスと重ねておく事ができます。スタンドは頑丈なため、中身に入っ...

    • やすさん

      やす | ★★★★★ ★★★★★ 5

      デザインがかっこいい火吹き棒

      デザインがかっこいいしっかりとした火吹き棒です。実際に触ってみるとイメージより丈夫な印象です。火吹き棒は数々の種類が出ており、もっと小さい伸縮性の物もあたりもするのですが、これは所有欲も満たされ...

    薪ストーブの輸入販売を手掛けて30年、ファイヤーサイドのドイツ製ファイヤーブラスターです。わずかな熾き火や炭火、弱くなった火にピンポイントで空気を送り込み、炎をよみがえらせることができ、バーベキュー時の炭起こしや、焚き火のお供に最適です。高級感のあるアルミ製の本体に、グリップや吹き口に無垢のブナ材を使用しており、エイジングによる味も楽しめます。60cmの長さで安全に火起こしができ、静かな時間の中で火と対話できるアイテムです。

  3. 03 キャンティーンカップ (米軍)

  4. 04 サバイバルプラス携帯浄水ボトル (Seychelle)