キャンプの必需品!快眠のためのエアーマットのおすすめ10選

キャンプで快適な睡眠を得るために欠かせないアイテムにマットがあります。その中でも、寝心地が良くコンパクトで軽量な「エアーマット」は多くのキャンパーに愛用されており、気になっている方も多いのではないでしょうか。今回はエアーマットのメリット・デメリットを踏まえながら、選び方やおすすめをご紹介します。

更新日:

キャンプに必需品のエアーマットの初心者でも失敗しない選び方

エアーマットにはさまざまなメリットやデメリットがあり、好みや用途によって適した選び方があります。注意するポイントを理解して、ご自身にピッタリのエアーマットを選びましょう。

エアーマットとは

エアーマットとは、空気を入れるとベッドのマットレスのように使えるキャンプで人気のアイテムです。
キャンプで地面に直に寝ても快眠は得られないですよね?エアーマットを使うことで背中が痛くならないだけでなく、ふわふわとした寝心地の良さで熟睡でき疲れも取ることができます。
エアーマットは軽量のもの多く、空気を抜いて収納するとコンパクトになるため、どこへでも気軽に持ち運ぶことができます。

エアーマットのメリット・デメリット

キャンプでよく使用されるマットは「エアーマット」と「クローズドセルマット」の2種類あります。
そこで、「エアーマット」と「クローズドセルマット」を比べた際のメリット・デメリットを解説していきます。

エアーマットのメリット

まず、エアーマットのメリットは「快適な寝心地」と「軽量コンパクトな収納」の2点です。
エアーマットは空気を入れて使用するため、クッション性に優れており、地面の凹凸を感じることなく、しっかりとした睡眠をとることができます(床に直接寝てしまったとき、体が固まって逆に疲れが取れない時がありますよね)。
それに加えてエアーマットは空気を入れて使用するため軽量であることはもちろん、空気を抜けばコンパクトに折り畳んで収納でき、持ち運びもとても楽です。
この携帯性の高さはアウトドアではとても役に立つので、キャンパーに愛されている理由のひとつです。

エアーマットのデメリット

次に、エアーマットのデメリットは「傷みやすい」と「寿命は短め」があります。
エアーマットは空気を入れて膨らむ必要があるので、柔らかい弾力性のある丈夫な素材を使用しています。しかし、空気をたっぷり入れた状態だとちょっとした傷がきっかけで穴が空きやすく、1度でも穴が空いてしまったエアーマットは完全に修理することは難しいため、買い替えとなることがほとんどです。
また、エアーマットの寿命は「おおむね2~3年」と言われており、エアーマットの購入を検討する場合は、短期間の使用を前提にするほうが良いです。

エアーマットの選び方

エアーマットの選び方は基本的に「空気の入れやすさ」「厚さ」「表面と裏面の生地」「サイズと収納性」の4つがあります。

空気の入れやすさ

エアーマットは使用する際に空気を入れるため、「すぐに使えるか」というところは確認すべきポイントです。
空気を入れるには「ポンプ内蔵タイプ」「手動タイプ」がありますが、キャンプでは外で電源を確保することは難しいため、一般的には「手動タイプ」になります。
そのなかでも「エアー注入器でマットに空気を入れるタイプ」と「インフレーターマットというマットを広げてバルブを開くだけで半自動的に空気が入るタイプ」があります。
最近では、注入や排出がしやすいモデルが多く発売されているので、エアー注入の方法やしやすさをしっかりとチェックしましょう。

厚さ

エアーマットは厚い方がよりクッション性も期待でき、断熱効果も高まるため、快適な睡眠をとることができます。
エアーマットの厚みがあると、空気を抜いて収納するときに少し嵩張ってしまいますが、収納サイズが大きくなりすぎることは少ないため、ご自身の好みの厚みや感触で選ぶことが大切です。

表面と裏面の生地

エアーマットは表面と裏面で別々の素材を使用している場合が多いです。
表面は寝袋を敷いたり肌に触れる場所のため、肌触りの良いものや柔らかい素材のものを選ぶのがおすすめです。
裏面は地面側になるため、滑り止めが付いているかどうか、そして断熱性や防水性、通気性を確認しましょう。断熱性が高ければ冬でも快適に使用することができ、防水性が高ければ万が一雨などでテントに浸水しても安心して就寝することができます。
断熱性は「R値(R-value)」で記載されており、目安としては、R値1.0以上は春・夏、R値2.1以上は春・夏・秋、R値3.3以上は冬、R値5.0以上は厳冬期とすると良いでしょう。

サイズと収納性

エアーマットの魅力の1つは「軽量かつコンパクト」なところです。しかし、コンパクトさだけに注目してしまい、ご自身の自分の体型や使用目的、そして好みに合わせないものを選んでしまっては元も子もありません。
エアーマットのサイズは、1人用のキャンプマットであれば長さ180cm・横幅56~60cm、大人数でのテント泊で人数分のキャンプマットが敷けない場合などは横幅が100cm以上ある大きめのキャンプマットがおすすめです。
サイズ選びが決まったら収納サイズや重量を見て、持ち運びや収納のしやすさをチェックしましょう。

エアーマットの選び方をご紹介してきましたが、その重要性は理解していただけましたでしょうか?キャンプで快適な睡眠を得るためのマット選びはとても重要です。ご自身に合ったマットを選んで、快適で気持ちの良いキャンプをしましょう!

快適な睡眠を得られるおすすめエアーマットはこちら!

  1. 01 エクストラデュラブルエアーベッド(ダブル) (Coleman)

    • ピクニックさん

      ピクニック | ★★★★★ ★★★★★ 4

      キャンプ先でも快適に眠れます

      アウトドア用品で人気のコールマンのエアーベッドで、寝転がるととても気持ちが良く快適に眠る事ができます。クッション性も良く厚さもあるため、人の身体をしっかりと包んでくれます。屋外での寝袋での就寝時...

    • 風来坊さん

      風来坊 | ★★★★★ ★★★★★ 3

      使い勝手は悪くなかったのですが……

      キャンプや車中泊の際に使用しようと考え、購入してみました。空気を抜いた状態だとかなりコンパクトなので持ち運びも楽な上に、空気を入れるのに少し時間は掛かりますが、1度入れれば抜けも少ない感じです。...

    コールマンのアウトドアでも快適に眠れるエアーベッドです。軽くパンクに強いダブルレイヤー構造で、従来のモデルと比べて強度が25%アップし、30%の軽量化を実現。空気を抜いた状態の本体は付属の収納カバーにコンパクトに収納できるほか、バルブの開閉もしやすく空気注入時の空気漏れを防いでくれます。20cmもの厚みにより下の凹凸を吸収してフラットな状態で快適に眠ることができ、キャンプなどのアウトドアでの使用はもちろん、ミニバンなどでの車中泊にもおすすめです。

  2. 02 コンフォートエアーマットレス / W (Coleman)

    • ピクニックさん

      ピクニック | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ダブルサイズでゆとりのあるエアーマットレスです

      エアーマットレスのダブルサイズです。シングルサイズと比較すると一回り大きく大人二人が就寝できる広さとなっています。エアーが注入されているので、空気の力で身体を優しく包んでくれます。これまでアウト...

    • どんぐりさん

      どんぐり | ★★★★★ ★★★★★ 4

      大人2人でゆったりと寝られます

      屋外キャンプで就寝するのに快適に寝られるエアーマットレスです。2種類のサイズのうちダブル仕様で、2人用となっています。大人2人でゆったりと寝られるマットレスです。メリットとしては、エアーマットレ...

    軽量コンパクトで使いやすい、コールマンのエアーマットレスです。2サイズ展開されており、こちらは2人用のダブルサイズ。機能と価格のバランスに優れたスタンダードモデルながら、しっかりと身体を支えてくれる作りで地面の凹凸を吸収して快適に眠ることができます。バルブの開閉が容易なダブルロック機構を採用しており、ロール式収納で付属の収納ケースにコンパクトに収納可能。価格もリーズナブルで、コスパに優れたエアーマットレスです。

  3. 03 コンフォートエアーマットレス / S (Coleman)

    • ピクニックさん

      ピクニック | ★★★★★ ★★★★★ 5

      手軽に使えるエアーマットレス

      コールマンの人気のエアーマットレスでSさいずのため、主に一人で使います。シングルサイズですが、幅もゆとりがあるので安心して眠りにつけます。未使用時には、エアーを抜いてロールにして保管できるため、...

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 4

      身体を優しく支えてくれます

      軽くてコンパクトなエアーマットレスです。コンパクトなシングルサイズのため、大人1人しか寝転がる事ができませんが、エアーが入っているので身体を優しく支えてくれます。寝袋やシュラフで寝るとどうしても...

    軽量コンパクトで使いやすい、コールマンのエアーマットレスです。2サイズ展開されており、こちらは1人用のシングルサイズ。機能と価格のバランスに優れたスタンダードモデルながら、しっかりと身体を支えてくれる作りで地面の凹凸を吸収して快適に眠ることができます。バルブの開閉が容易なダブルロック機構を採用しており、ロール式収納で付属の収納ケースにコンパクトに収納可能。価格もリーズナブルで、コスパに優れたエアーマットレスです。

  4. 04 キャンピングマット2.5w (snow peak)

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 4

      身体が痛くならず快適なキャンピングマット

      ワイドタイプのキャンピングマットで、広々としているので寝返りも打てるほどゆとりがあります。マット自体に厚みがあるので、身体をしっかりと支えてくれます。寝ている間に背中や腰などが痛くならないのがと...

    • たいへへさん

      たいへへ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      布団のようにしっかり寝ることができる

      アウトドア用に購入しました。シングルサイズですが、幅がそこそこあるので寝返りを打つこともできますし、睡眠しやすいです。マット自体も厚さがあるので感触もしっかりしていて、布団と遜色なく使えておりま...

    6.2cmの極厚タイプ、寝返りをうっても落ちにくいワイドモデルのキャンプ用マットです。 マット内には軽量なウレタンフォームを内蔵、裏地にはノンスリップ加工を施し、テント内でマットが滑るのを防止します。また、エアの出し入れ用バルブは軽い力で開閉することができ、閉じる時には最後に軽く押し込んでもうひと締めすることで完全に閉じる安心のバルブシステムを採用しています。 テント内だけでなく、車中泊などさまざまなシーンで快適な睡眠が得られる人気のマットです。

  5. 05 キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル (Coleman)

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 5

      自動膨張が便利なマットレス

      自動膨張式の便利なマットレスで、バルブの開閉のみで自動的に膨張してくれる便利さがあります。クッション性もとても優れており、寝ている時にも背中が痛くなりにくいです。マットレスの幅が68cmあるため...

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 5

      自動膨張式で便利なマットレス

      ポリウレタンフォームの素材で、クッション性がとても優れているので身体への負担が最小限になります。自宅の布団で寝ているかのような柔らかみがあり、快適に睡眠を取る事ができます。自動膨張式のため、バル...

    まるで自宅のベッドのように快適に眠れる、厚さ10cmの自動膨張式マットレスです。 横幅が68cmと大人がゆったりと横になれる十分な広さで、素材にはポリエステルとポリウレタンフォームを採用、クッション性と優れた断熱性を実現しています。また、バルブを開けば勝手に膨らむ自動膨張式でラクラク展開、収納ケース式ポンプで空気の注入量を調節できるのも嬉しいポイントです。 キャンプはもちろん、車中泊や災害時などさまざまなシーンで活躍する人気の商品です。膨張式でラクラク展開、収納ケース式ポンプで空気の注入量を調節できるのも嬉しいポイントです。 キャンプはもちろん、車中泊や災害時などさまざまなシーンで活躍する人気の商品です。

  6. 06 キャンパーインフレーターマットハイピーク/ダブル (Coleman)

    まるで自宅のベッドのように快適に眠れる、厚さ10cmの自動膨張式マットレスです。 横幅が128cmと大人2人がゆったりと横になれる十分な広さで、素材にはポリエステルとポリウレタンフォームを採用、クッション性と優れた断熱性を実現しています。また、バルブを開けば勝手に膨らむ自動膨張式でラクラク展開、収納ケース式ポンプで空気の注入量を調節できるのも嬉しいポイントです。 キャンプはもちろん、車中泊や災害時などさまざまなシーンで活躍する人気の商品です。

  7. 07 テントエアーマット300 (Coleman)

    テントフロアのサイズに合わせた、コールマンのテント用大型エアーマットです。テントのサイズに合わせた2サイズ展開で、このマット1つでテントの床をほぼ覆うことが可能。家族4人で並んで眠るのに最適です。格子状の凹凸が体圧を分散し、快適な睡眠をサポートしてくれるとともに、表面は滑りにくくべたつき感の少ないフロック加工が施されています。バルブの開閉が容易なダブルロックバルブを採用しており、付属の収納袋にコンパクトに収納可能。ファミリーキャンプの快眠をサポートしてくれるエアーマットです。

  8. 08 ソトネノキワミS (DOD)

    アウトドアでもしっかりと眠れる、DODの自動膨張式インフレータブルマットです。10cmの極厚ウレタンによりアウトドア用とは思えないほどの弾力があり、エアポンプ機能付き枕も付属。それぞれに肌触りの良いポリコットン生地のカバーが付いており、丸洗いして清潔に使うことができます。テントのサイズに合わせた3サイズ展開で、こちらは1人用のSサイズ。座席をフラットにして敷けば快適な車中泊空間を作り出すことができるなど、あらゆるシーンで快適な睡眠環境を提供してくれるマットです。

  9. 09 ソトネノキワミM (DOD)

    アウトドアでもしっかりと眠れる、DODの自動膨張式インフレータブルマットです。10cmの極厚ウレタンによりアウトドア用とは思えないほどの弾力があり、エアポンプ機能付き枕も付属。それぞれに肌触りの良いポリコットン生地のカバーが付いており、丸洗いして清潔に使うことができます。テントのサイズに合わせた3サイズ展開で、こちらは1人でゆったり使えるMサイズ。座席をフラットにして敷けば快適な車中泊空間を作り出すことができるなど、あらゆるシーンで快適な睡眠環境を提供してくれるマットです。

  10. 10 ソトネノキワミL (DOD)

    アウトドアでもしっかりと眠れる、DODの自動膨張式インフレータブルマットです。10cmの極厚ウレタンによりアウトドア用とは思えないほどの弾力があり、エアポンプ機能付き枕も付属。それぞれに肌触りの良いポリコットン生地のカバーが付いており、丸洗いして清潔に使うことができます。テントのサイズに合わせた3サイズ展開で、こちらは2人用のLサイズ。座席をフラットにして敷けば快適な車中泊空間を作り出すことができるなど、あらゆるシーンで快適な睡眠環境を提供してくれるマットです。