キャンプで車中泊という選択肢も!車中泊を快適にするマットおすすめ8選

キャンプでの寝泊まりはテントが主流ですが、車中泊も選択肢の1つです。テントの設営や撤収の手間も無く、キャンプ場でより長くゆっくり楽しむ時間を過ごせます。その他、ちょっとした旅や登山の前泊でも車中泊をすることで宿泊費の節約にもなります。車で移動中にちょっとした仮眠を取ることもあるでしょう。そんなときにより質のいい睡眠を取るために、是非マットの導入を検討してみてください。

更新日:

車中泊に適したマットを選ぼう!

車の座席を後ろ倒して寝たり、後部座席で横になって寝たり、座席を畳んでも必ずしもフルフラットにならず凹凸がある状態で寝たり…。それでは気持ちのいい睡眠は取れません。そこでマットを使うわけですが、車内スペースには凹凸や傾きがあるため、できるだけ厚めのマットを用意するのが好ましいです。マットの種類や選び方を見ていきましょう。

車中泊用マットはなぜ必要か?

快適な寝心地を得る

車の座席を倒しただけの寝床では、フルフラットとはならず少なからず凸凹ができます。また、元々寝ることを想定した作りではないので硬さもあります。そのような場所で寝ると、当然腰や背中が痛くなり質の良い睡眠は取れません。

断熱効果

車内は締め切っていれば暖かそうですが、実はエンジンを切って時間が経つにつれ車体自体が外気により冷えて、身体を横にしたときに接する床が冷えることにより寒さを感じることになります。この冷気をマットによりシャットアウトすることで、快適な睡眠を取ることができます。

車中泊用マットの種類

手に入りやすい「銀マット」

ホームセンターなどでよく見る銀マット。手に入りやすく値段が安いことや設営・撤収がカンタンなのが最大のメリットです。100円ショップで売っているような薄めのものから2cmを超える厚めのもの、収納はロールタイプや蛇腹折りというタイプがあります。ただ、厚さがあっても銀マットは寝心地が快適とはいえません。特に大人が使う場合には、「少しマシかな…」という程度です。

寝心地抜群の「エアーマット」

エアーマットはその名の通り空気を入れて使うマット。厚みがあり寝心地が非常に良いだけでなく、コンパクトに収納ができることもメリットです。空気を入れる量を調節して好みの硬さにすることもできます。厚みのあるエアーマットは自動のエアポンプを使って膨らませば簡単に準備完了です。一方デメリットとしては、空気で膨らましているため穴が空くと使い物にならなくなってしまうことです。

汎用性のある「ウレタンマット」

ウレタンマットは発泡性のウレタンと合成樹脂でできたマットです。クローズドセルマットとも言います。凸凹のある形状で作られており、体重を分散することで寝心地を良くしています。また高い断熱力と丈夫さで、床の凸凹で破れる心配がない万能タイプです。蛇腹に折るタイプがスタンダードで、広げればすぐに設営できてしまう手軽さが魅力です。ただ、車中泊用ではなく携行のしやすさを重視して作られているアイテムであるため、厚みのあるものは少なく、銀マットの少し上くらいの性能となります。

自動で膨らむインフレータブルマット(エアー+ウレタン)

中にウレタンが入っており、収納袋から出してバルブを開いて放置しておくと自動で空気を取り込み膨らみ、設営が非常に楽というのが特徴です。エアーマットのように空気だけではないので、しっかりとした安定感がある寝心地です。収納した時のサイズもエアーマットに並ぶほどコンパクトになります。ただ、設営は楽ですが収納するときに苦戦する人が多いのも事実です。膨らんだウレタンを押して潰しながら丸めていくのは、ある程度の力とコツが必要になってきます。

選び方の基準

どのタイプのマットも一長一短があるため、重視する基準を決めて選びましょう。

値段(安い順)

  1. 銀マット
  2. エアーマット
  3. ウレタンマット
  4. インフレータブルマット

※2~4に関しては、メーカーやグレードによって変わります。

寝心地

  1. インフレータブルマット
  2. エアーマット
  3. ウレタンマット
  4. 銀マット

※1~2に関しては、厚みにより変わります。

収納サイズ(小さい順)

  1. エアーマット
  2. インフレータブルマット
  3. ウレタンマット・銀マット

設営の手間(簡単な順)

  1. ウレタンマット・銀マット
  2. インフレータブルマット
  3. エアーマット

キャンプで車中泊をしたり車での移動時に仮眠を取ったりする場合、マットは非常に大事になってきます。睡眠の質は大切ですから、是非あまり妥協すること無くご自身に合ったマットを選びましょう。車中泊をうまく活用すれば、キャンプや登山などの外遊びももっと快適に楽しいものになりますよ!

快適な車中泊に適したマットはこちら!

  1. 01 エクストラデュラブルエアーベッド(ダブル) (Coleman)

    • ピクニックさん

      ピクニック | ★★★★★ ★★★★★ 4

      キャンプ先でも快適に眠れます

      アウトドア用品で人気のコールマンのエアーベッドで、寝転がるととても気持ちが良く快適に眠る事ができます。クッション性も良く厚さもあるため、人の身体をしっかりと包んでくれます。屋外での寝袋での就寝時...

    • 風来坊さん

      風来坊 | ★★★★★ ★★★★★ 3

      使い勝手は悪くなかったのですが……

      キャンプや車中泊の際に使用しようと考え、購入してみました。空気を抜いた状態だとかなりコンパクトなので持ち運びも楽な上に、空気を入れるのに少し時間は掛かりますが、1度入れれば抜けも少ない感じです。...

    コールマンのアウトドアでも快適に眠れるエアーベッドです。軽くパンクに強いダブルレイヤー構造で、従来のモデルと比べて強度が25%アップし、30%の軽量化を実現。空気を抜いた状態の本体は付属の収納カバーにコンパクトに収納できるほか、バルブの開閉もしやすく空気注入時の空気漏れを防いでくれます。20cmもの厚みにより下の凹凸を吸収してフラットな状態で快適に眠ることができ、キャンプなどのアウトドアでの使用はもちろん、ミニバンなどでの車中泊にもおすすめです。

  2. 02 コンフォートエアーマットレス / W (Coleman)

    • ピクニックさん

      ピクニック | ★★★★★ ★★★★★ 4

      ダブルサイズでゆとりのあるエアーマットレスです

      エアーマットレスのダブルサイズです。シングルサイズと比較すると一回り大きく大人二人が就寝できる広さとなっています。エアーが注入されているので、空気の力で身体を優しく包んでくれます。これまでアウト...

    • どんぐりさん

      どんぐり | ★★★★★ ★★★★★ 4

      大人2人でゆったりと寝られます

      屋外キャンプで就寝するのに快適に寝られるエアーマットレスです。2種類のサイズのうちダブル仕様で、2人用となっています。大人2人でゆったりと寝られるマットレスです。メリットとしては、エアーマットレ...

    軽量コンパクトで使いやすい、コールマンのエアーマットレスです。2サイズ展開されており、こちらは2人用のダブルサイズ。機能と価格のバランスに優れたスタンダードモデルながら、しっかりと身体を支えてくれる作りで地面の凹凸を吸収して快適に眠ることができます。バルブの開閉が容易なダブルロック機構を採用しており、ロール式収納で付属の収納ケースにコンパクトに収納可能。価格もリーズナブルで、コスパに優れたエアーマットレスです。

  3. 03 コンフォートエアーマットレス / S (Coleman)

    • ピクニックさん

      ピクニック | ★★★★★ ★★★★★ 5

      手軽に使えるエアーマットレス

      コールマンの人気のエアーマットレスでSさいずのため、主に一人で使います。シングルサイズですが、幅もゆとりがあるので安心して眠りにつけます。未使用時には、エアーを抜いてロールにして保管できるため、...

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 4

      身体を優しく支えてくれます

      軽くてコンパクトなエアーマットレスです。コンパクトなシングルサイズのため、大人1人しか寝転がる事ができませんが、エアーが入っているので身体を優しく支えてくれます。寝袋やシュラフで寝るとどうしても...

    軽量コンパクトで使いやすい、コールマンのエアーマットレスです。2サイズ展開されており、こちらは1人用のシングルサイズ。機能と価格のバランスに優れたスタンダードモデルながら、しっかりと身体を支えてくれる作りで地面の凹凸を吸収して快適に眠ることができます。バルブの開閉が容易なダブルロック機構を採用しており、ロール式収納で付属の収納ケースにコンパクトに収納可能。価格もリーズナブルで、コスパに優れたエアーマットレスです。

  4. 04 キャンピングマット2.5w (snow peak)

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 4

      身体が痛くならず快適なキャンピングマット

      ワイドタイプのキャンピングマットで、広々としているので寝返りも打てるほどゆとりがあります。マット自体に厚みがあるので、身体をしっかりと支えてくれます。寝ている間に背中や腰などが痛くならないのがと...

    • たいへへさん

      たいへへ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      布団のようにしっかり寝ることができる

      アウトドア用に購入しました。シングルサイズですが、幅がそこそこあるので寝返りを打つこともできますし、睡眠しやすいです。マット自体も厚さがあるので感触もしっかりしていて、布団と遜色なく使えておりま...

    6.2cmの極厚タイプ、寝返りをうっても落ちにくいワイドモデルのキャンプ用マットです。 マット内には軽量なウレタンフォームを内蔵、裏地にはノンスリップ加工を施し、テント内でマットが滑るのを防止します。また、エアの出し入れ用バルブは軽い力で開閉することができ、閉じる時には最後に軽く押し込んでもうひと締めすることで完全に閉じる安心のバルブシステムを採用しています。 テント内だけでなく、車中泊などさまざまなシーンで快適な睡眠が得られる人気のマットです。

  5. 05 ソトネノサソイM (DOD)

    • 狩人さん

      狩人 | ★★★★★ ★★★★★ 3

      機能性は高いけど機動力に欠けます

      オートマチックエアバルブを採用しているので、広げてエアバルブを開けるとたちまち自動で空気が入り、手間がかかりません。マットとしての厚みがあり、車中泊やテント泊では心地良く、防水耐性もあり、機能性...

    • 風来坊さん

      風来坊 | ★★★★★ ★★★★★ 4

      寝心地は良い感じです

      1人で釣りに出掛けて車中泊をする際に、友人に借りて使用した事があります。バルブを開けば勝手に膨らんでくれるので、エアーマットよりも手軽に使う事が可能です。ただしエアーマット程に厚みがないので、寝...

    約4.5cmの肉厚スポンジを使用した、コンパクト収納で自動膨張が便利なエア式のキャンプマットです。 また、ブックカバー式で脱着が簡単にできる丸洗いOKなシーツが付属しており、いつでも清潔な状態で使用することができるのも人気の秘密です。さらに、シーツには肌触りの良いポリコットン生地を採用することで、ポリエステル特有のペタペタと肌にくっつく感じを抑えています。 他にも、テントにフィットするS、L、の2サイズを展開。これらを組み合わせることにより、さまざまなテントにフィットしやすくなります。 キャンプはもちろん、フェスや海水浴などさまざまなシーンで活躍する人気のマットです。

  6. 06 キャンパーインフレーターマットハイピーク/シングル (Coleman)

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 5

      自動膨張が便利なマットレス

      自動膨張式の便利なマットレスで、バルブの開閉のみで自動的に膨張してくれる便利さがあります。クッション性もとても優れており、寝ている時にも背中が痛くなりにくいです。マットレスの幅が68cmあるため...

    • リラックマスマイルさん

      リラックマスマイル | ★★★★★ ★★★★★ 5

      自動膨張式で便利なマットレス

      ポリウレタンフォームの素材で、クッション性がとても優れているので身体への負担が最小限になります。自宅の布団で寝ているかのような柔らかみがあり、快適に睡眠を取る事ができます。自動膨張式のため、バル...

    まるで自宅のベッドのように快適に眠れる、厚さ10cmの自動膨張式マットレスです。 横幅が68cmと大人がゆったりと横になれる十分な広さで、素材にはポリエステルとポリウレタンフォームを採用、クッション性と優れた断熱性を実現しています。また、バルブを開けば勝手に膨らむ自動膨張式でラクラク展開、収納ケース式ポンプで空気の注入量を調節できるのも嬉しいポイントです。 キャンプはもちろん、車中泊や災害時などさまざまなシーンで活躍する人気の商品です。膨張式でラクラク展開、収納ケース式ポンプで空気の注入量を調節できるのも嬉しいポイントです。 キャンプはもちろん、車中泊や災害時などさまざまなシーンで活躍する人気の商品です。

  7. 07 Z Lite™ Sol R (THERMAREST)

    • のぶさん

      のぶ | ★★★★★ ★★★★★ 4

      快適な寝心地

      今までのキャンプで底冷えや体の痛みに悩んでいましたが、このマットはクッション性があり、朝起きても体が痛くなることはありませんでした。エアーマットなどとは違い、設営・撤収にほとんど時間がかからず、...

    • たくさん

      たく | ★★★★★ ★★★★★ 4

      どこにでももっていける。

      キャンプにもそうですが、ピクニックや子供の運動会、登山、色々なところに手軽に持っていけるのでとてもオススメです。とても軽くてかなりいいです。地熱を感じにくくすごい快適に使用できます。クッション性...

    軽量で登山者やバックパッカー、サイクリストに人気の折りたたみ式クローズドセルマットレスです。エアー注入式マットレスのようにコンパクトに収納はできませんが、広げるだけですぐに使うことができるので便利です。また、エア漏れなどのリスクが無いので、長旅やタフな状況でも安心して使うことができます。クローズドセルマットレスは全体が凸凹しており、それぞれのセルが空気の層を作ることで保温する仕組みです。この凸凹は体圧を分散させて寝心地を良くする働きもあります。片面にはアルミ蒸着加工がしてあり、断熱性を高くしています。寒い時期はアルミ蒸着面を上にして使うことによって、体温を反射して暖かさを保つことができます。逆に暑い時期にはアルミ蒸着面を下にして使用します。

  8. 08 EVAフォームマット(ダブル)140×217cm (CAPTAIN STAG)

    • moro96さん

      moro96 | ★★★★★ ★★★★★ 2

      コンパクトで便利ですが

      コンパクトで便利、低コストですが単体での使用はおすすめしません。マットが薄く銀マットや他のマットと併用での使用をおすすめします。シングル用として折りたためばクッション性が上がりまだ使用できますが...

    • サバ缶さん

      サバ缶 | ★★★★★ ★★★★★ 5

      見た目は薄いけど地面の冷たさは完全シャットアウト

      太いので一人用のマットだと手や足がはみ出ることが多いので、ダブルのこれを一人で使っています。一人用のテントだと大きすぎる印象をちょっと受けますが、まあテントに入りきってるので良し。見た目は薄く感...

    テント内の床に敷き、クッション性を確保し体への負担を和らげたり、地面の冷気を遮断するクローズドセルマットです。 使用時のサイズは約140×217×厚さ1.5cmなので2人での使用が最適です。材質には水、紫外線に優れた安定性があると同時に、ゴム弾性や柔軟性および強靭性や耐候性など多くの優れた特性をもつEVA樹脂と柔軟で曲げやすい特徴がある発泡ポリエチレンを採用。また、約760gと軽いので簡単に持ち運びができます。さらに、表面を凸凹に加工することで快適なクッション性を実現しています。 キャンプはもちろん、フェスやピクニック、海水浴など、さまざまなシーンで使用できるアイテムです。