NORDISK(ノルディスク) Asgard 12.6 Basic Cotton

更新日:

商品説明

ノルディスクの代表格と言える、ベル型テントのアスガルドになります。これぞグランピングというような目を引くデザインは、映えるサイトを構築してくれること間違いなしです。金具の一つに至るまでシロクマのロゴマークが施されており、所有欲も満たしてくれます。大型のテントにはなりますが、ポールの本数も少なく意外と設営手順はシンプルです。ポリエステルとコットンを混紡したT/ C素材を採用しており、結露が少なく意外と乾燥も気になりません。耐水圧は350㎜と一般的なポリエステル素材のテントよりは低いですが、撥水効果が高く、意外とテント内に水がしみ込んでくることはありません。燃えにくい素材はストーブをインストールすることも可能で、オールシーズングランピング気分を味わえるテントになっています。

ユーザーの評価

★★★★★ ★★★★★ 4.0
(8件のクチコミ)

★5
1
★4
6
★3
1
★2
0
★1
0

Asgard 12.6 Basic Cottonのクチコミ(8件)

  • Icon default user@2x

    なな | ★★★★★ ★★★★★ 4

    家みたいな空間

    友人がアスガルドを購入した際に一緒に連れて行ってもらいました。生地はポリコットン、6人用とあって想像通り重たかったです。なので、駐車場からサイトまで距離がある場所でしたらワゴンは必須です。フロアマットをペグ打ちしてる際に虫が次々と上にあがって来た為、2人以上でぱぱっと建てるのをオススメします。ワンポールテントと違い「ポールを立てて終わり」ではなく、外側のガイロープもしっかりペグ打ちしないといけないので、ペグ打ち回数は多いので少し面倒くさいかな。設営してしまえば、中は閉めきってでもすごく開放感がありました。ワンポールテントと比べて隅っこのデットスペース分が無いためか広く感じます。

  • Icon default user@2x

    ゾコン | ★★★★★ ★★★★★ 4

    設営のしやすいメリット

    ベル型のテントはやはりイベントなどで非常に大きな存在感を発揮してくれています。かなり広いスペースが確保できるので、中での生活空間は快適そのものです。パールの数が他のテントに比べると少なめなので、設営がしやすいメリットを感じます。一方強風下での対応力は少し心許ないように思います。ポールがもう少し丈夫になっていれば助かります。

  • Icon default user@2x

    KI | ★★★★★ ★★★★★ 3

    デザインは完璧

    デザインがシンプルでカワイく民族っぽい雰囲気が気にいっています。設営も慣れれば簡単ですし、コンパクトにしまえるので持ち運びのときにもあまり場所をとりません。中はスゴく広々として高さもあるので、解放感があり落ち着きます。なので大勢でのキャンプをする方にはオススメできますが、値段が少し高いので初心者の方にはオススメしません。

Asgard 12.6 Basic Cottonのクチコミをもっと見る

Asgard 12.6 Basic Cottonの投稿写真

Asgard 12.6 Basic Cottonの仕様

商品名 Asgard 12.6 Basic Cotton
メーカー名 NORDISK
取扱店舗 NORDISKの取扱店舗はこちら
カテゴリ テント > テント本体
タイプ ワンポール・モノポール・ティピー
ウォール シングル
対応人数 6人以上
使用時サイズ 250×400×375cm
収納時サイズ 30×95×30cm
重量 21kg
素材・材質 ポリコットン/スチール
耐水圧 350mm
カラー ホワイト
詳細情報 メーカーサイトで見る

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る