UNIFLAME(ユニフレーム) フィールドキャリングシンク

更新日:

商品説明

ユニークなフレーム(炎)を創造するという理念のもと、アウトドア製品を作り続けるUNIFLAME。フィールドキャリングシンクは、ユニークな発想が生み出した携帯軽量シンクです。キャンプで食事を楽しんだ後の食器の片づけは、少し大変です。何回も炊事場に、人海戦術で持っていき、持ち帰る。とても時間と労力がかかる作業です。こんなときは、フィールドキャリングシンクが大活躍。容量は6L。4人分の食器が入り、取手もついているので、洗い物を一気に片手で炊事場に持っていけます。さらにユニークなのが、ステンレス製なので、直接火にかけられること。マシュマロを焼いて冬にもキャンプは楽しいものです。でも冷たい水で食器を洗うのは辛すぎます。フィールドキャリングシンクは、お湯での洗い物を可能にし、冬にその真価は発揮。蓋は天然木のまな板。調理器具も一緒にコンパクトに収納、忘れ物もしにくいです。

ユーザーの評価

★★★★★ ★★★★★ 4.3
(23件のクチコミ)

★5
8
★4
15
★3
0
★2
0
★1
0

フィールドキャリングシンクのクチコミ(23件)

  • Icon default user@2x

    ミズゴロウ | ★★★★★ ★★★★★ 5

    これ1つで洗い物はまとまります

    キャンプで一番困るのが洗い物だと思います。紙の皿などにすれば捨てるだけでよいのですが、頻繁にキャンプをするのでしっかりとした食器を使っています。そのため毎回洗い物を運ぶのにも苦労していたのでこちらの商品を購入しました。正直かなり役に立っています。特に良いところは自宅のシンクをコンパクトにして持ってきたかのように、洗い物の数を増やしても問題ない点です。傷もつきにくく長い間重宝しています。

  • Icon default user@2x

    ゆうじ | ★★★★★ ★★★★★ 4

    炊事場での洗い物が便利に

    食器を入れるのに役立ちます。キャンプへの行き帰りは食器入れに、キャンプの間は食材入れに、食事は炊事場まで使った食器を運ぶのに使っています。大きいので入れやすいことや、炊事場で食器が洗いやすいなどがメリットです。使うまでは炊事場での洗い物は不便を感じていましたが、これを使うようになってからは不便を感じなくなりました。値段が高いのが気になりますが、長く使えるアイテムです。

  • Icon default user@2x

    ゆかり | ★★★★★ ★★★★★ 4

    かゆいところに手が届く便利アイテム

    キャンプ地から洗い場まで遠くて洗い物を持っていくのがとても大変だった経験から、こちらを購入しました。フタがまな板になっているのがオシャレです。中に洗い物をポンポン入れて洗い場にもっていくのにも便利だし、そのまま火にかけてお湯洗いもできるのも便利。キャンプでの洗い物が苦ではなくなりました。ただ、料金がもう少し安ければ最高です。

フィールドキャリングシンクのクチコミをもっと見る

フィールドキャリングシンクの投稿写真

フィールドキャリングシンクの仕様

商品名 フィールドキャリングシンク
メーカー名 UNIFLAME
取扱店舗 UNIFLAMEの取扱店舗はこちら
カテゴリ バーベキュー・クッキング用品 > アウトドアクッキング・バーベキューツール > 炭トング・BBQツール
使用時サイズ 37.5×26×13.5cm
重量 1200g
詳細情報 メーカーサイトで見る

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る