武井バーナー 501A

更新日:

商品説明

昭和3年から今日まで、灯油式バーナー作りに励んでいるメーカーといえば「武井バーナー」。どこか懐かしげのあるその可愛らしいフォルムとカラーが魅力的です。1つ1つが職人の手によって作られるこのストーブ。細部までしっかりと作りこまれ、日本の物造りへのこだわりと完成度の高さは、まさに芸術品。雰囲気ある見た目と、確かな機能も兼ね備えています。燃料が2.8L入るため、連続約10時間と長時間使用が可能。高い熱量を発する武井バーナーは調理用として使用するときにも威力を発揮。セットでついてくるヒーターのガラスは水や雪に強く、万が一付着しても割れる心配がありません。また圧力計も付いているため、より簡単に着火できます。

ユーザーの評価

★★★★★ ★★★★★ 4.4
(16件のクチコミ)

★5
7
★4
8
★3
1
★2
0
★1
0

501Aのクチコミ(16件)

  • Icon default user@2x

    小森 | ★★★★★ ★★★★★ 3

    暖かいけど扱いが少し面倒

    301Aではなく501Aにしたのは、燃焼時間がこちらの方が長いからです。確かに暖かいのですが、扱いはちょっと面倒です。冬だと、プレヒートにかかる時間は7分ほど。あと、性能が高いゆえの欠点というか、テントの中で火力を最大にすると、わりとすぐに一酸化炭素の警報器が鳴っちゃいます。音も火力マックスの状態だと、結構大きめ。テントの中では少し扱いにくいかなという印象です。テントの外だと、サイズがコンパクトなので大勢で取り囲んで暖まる、という使い方はできません。幕内、幕外ともにソロキャンプ用かなと思います。

  • Icon default user@2x

    こう | ★★★★★ ★★★★★ 5

    武井バーナー「小さい」「最強」

    冬キャンをしたくて先輩に相談したところ、「薪ストーブ」か「武井バーナー」の二択を迫られ、武井バーナーを購入しました。武井バーナーの魅力は、なんといっても「熱量」サーカスTCくらいのサイズなら冬でもテント内はポカポカです。ヘキサライト6Pなら2つあればポカポカです。あのサイズ感でこの暖かさはすごいと思います。また燃料が「灯油」というのが嬉しい、ガソリンや薪よりも圧倒的に安価で、燃料をケチケチしなくていいです。 けっこう炎上するという動画だったり投稿を見ますが、私はまだ炎上したことないです、慣れれば安全に付けられます。プレヒートの時間もワクワクしながら待ちましょう。最後に301Aと501Aの購入で迷っている方へ、武井バーナーを購入するなら501Aがいいと思います。少し高価ではありますが燃焼時間が圧倒的に501Aの方が長く燃料補充もほとんどいりません(夕方くらいからなら寝るまで余裕です)。「小さくて」「カッコイイ」「最強」のバーナーです。高いけど買って使えば後悔はないですよあったか冬キャンプを楽しみましょう!

  • Icon default user@2x

    26 | ★★★★★ ★★★★★ 4

    加熱力が凄いです。

    実家で外作業する際に親父が使っていました。タイトルの通り、他のバーナーと比べて燃焼力がすごくて外でも暖かく過ごすことが出来ました。唯一他のバーナーと違うのは、余熱で3分、冬場なら5分以上しっかりと加熱しないといけません。また、少々壊れやすく、修理にもよく出していたそうです。しかし、燃料はたっぷり入るので、長時間使用したい方にはオススメです。

501Aのクチコミをもっと見る

501Aの投稿写真

501Aの仕様

商品名 501A
メーカー名 武井バーナー
取扱店舗 武井バーナーの取扱店舗はこちら
カテゴリ フィールドギア > 屋外ストーブ・ヒーター・ウォーマー
使用時サイズ 37×19×19cm
収納時サイズ 26×19×19cm
重量 2.5kg
ボンベ接続方式 一体型(直付け)
燃料 灯油
最大出力 5000Kcal/h
燃料時間 10時間

お得なセールアイテム

セールアイテムをもっと見る