Web header banner

匿名希望さん 匿名希望さんからの相談

ヒラメをルアーで狙い初めて2年経ちますが一向に釣れません…ポイントはキャスト先の水深が15mくらいの大きな湾内です(日本海)。近くの貸ボート屋さんの釣果情報で毎年上がっているので居るのは間違いないのですが、泳がせでしか釣れてないみたいでそれではロマンが足りません。ヒラメをメインターゲットに狙ってる方がいらっしゃいましたら、普段どういうポイントに気をつけているのか、どういうアクションかを教えて頂きたいです。よろしくお願いします🙇‍♂️

5日前 2回答 | 222views

\質問への回答はアプリから!/

回答する

2件の回答

匿名希望さん 匿名希望さんからの回答

メタルジク遠投→ボトム取る→スローなワンピッチジャークを何度か→再ボトム→繰り返し

匿名希望さん 匿名希望さんからの回答

文面から推測できる範囲で書きますね。

魚の視界内にルアーなり餌を置いている時間の問題だと思います。

水深15mにいるターゲットをキャストで狙うのは非効率的なので、ポイント直上から泳がせなり落とし込みなりジグで叩くなら確率が格段に上がると思います。
天秤オモリとスプーンを組み合わせたようなものでも効くと思いますし、タイラバのようなシステムも良いかと。

キャストの巻きで釣りたい時は表層近くのベイトに執着しているタイミングで、ミノーなりペンシルをしっかりアピールする釣りをすれば確率は上がると思います。

僕はまれに水深14〜17mの湖底に張り付いている魚群を狙う時があります。
これはジグで直上から叩くのが効果的ですが僕はフライで釣りたいので、息子たちはジギング、僕はシンキングのフライラインでやると圧倒的にジグが釣れます。
この釣りで生餌も勿論効きますが、手返しの良さでスピニングでのジギングが最も釣果に繋がります。
これは餌に相当するものの軌跡の違い、魚の視界に滞在して居られる時間の違いが大きな要素だと考えています。

質問者さんは趣きのある釣りを好まれるようなので、キャストで深場を狙う釣り方を確立させるのも良いと思いますし、魚の気持ちというか餌の動向に合わせた攻略でやってみるのも価値のある釣り方だと思いますよ。

その他の相談