• Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image

Tommyさんの投稿

雨キャンプスタイル |

2カ月ぶりのキャンプ。
天気予報は予想通り雨、しかもかなりの量。
しかし流石人気キャンプ場、雨にも関わらず大盛況。
週末しかやって無いし、ここはベースが石垣と砂利。
水捌けが良く、ペグも刺さりやすいし、施設も充実。
今回残念だったのは近隣の温泉施設が緊急事態宣言で
閉館中だった事。当てにしてたんだけどなー。

さて、私の雨キャンスタイルなんですが
雨だろうがキャンプなら焚き火はしたい。
そこで持ってる中で一番小さい焚き火台を用意。

タープ は一番大きいUnigearの3×5mを使い被せ張。
ただ、後ろは直接地面にペグダウンし雨水侵入を防止。
また、少しうしろにペグダウンして、真ん中上部を
貼り綱で引っ張る事で雨水の流れを確保し
タープ に水が溜まる事を阻止しました。
風はありましたが、幸い前面は木立に囲まれており
ふき下ろしに注意すればいいだけなので、山側を
背にする形で東向きに立てています。
(夏は朝日が早く暑いので西向きがいいらしい。)

焚き火をするので万一タープ に火の粉や熱が
行かないよう、開口口のポールは2m20を確保。
雨の程度に応じて上げ下げできるよう、ポールは
無段階調整できるもので最長3m、最短1m10cm
を使用しています。

また中間に160cmのモンベルミニヘキサ用ポールを
当てがい、いいい傾斜をキープしました。
吹き込みのありそうな風上側面はビーチパラソルで
ガード&軒下確保。夜はランタンスタンドに。
ビーパラは雨の日の設営おいて、先ず濡れない
場所確保のため、簡単に設置できるので
見た目と風を気にしなければ大変便利です。
他にも雨天時タープ に水が溜まる場所に下から
押し上げて流れを作ったりも出来ます。

使っているテントはOneTigris スーパーシェルター
の人気色、じゃない方(グリーン)
買ったの1年前だけどコヨーテブラウン品薄だった。
設営が簡単で四隅をペグダウンしポールを立てれば
(ちなポールはトレッキングポールを使用。)
良いので雨の日はこれになりがちだが
残念なのは湿気がこもり結露しまくる事。
シングルウォールでベンチレーションが下にあるので、雨の日は返って湿気が上がって来てしまいます。
夏なら前面をメッシュにすれば良いが今の時期は微妙。

設営したら焚き火してビールで一服
雨でもテンション上がる瞬間です。

この写真のスポット

この写真で使われているギア・アイテム

このテーマの投稿写真

このテーマの写真をもっと見る

おすすめ投稿テーマ

投稿テーマをもっと見る