Web header banner
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image

jcanさんの投稿

岩場が楽しめる山 |

低山ソロハイクおじレポ。( ・ิω・ิ)

蒼天&無風&昼間寒くない、、『❝待って❞ たぜ!この時をよォ!?』( ー`дー´)キリッ

↓又、浪漫を感じ駆り立てられた山が有りまして。。

〜交野山(こうのさん、山域は生駒・金剛・和泉山地)→大阪府交野(かたの)市の東端近くにある山で、山頂にある巨岩が特徴的な山。古くから信仰の山として栄え、山頂にある巨岩・観音岩からは全方向に展望が開け、標高341mとは思えないほどの眺望が楽しめる。〜

↓滝も見れる【最短ルート】
JR京橋駅2番ホームより学研都市(片町)線、伊住&四條畷方面行〜(片道400円12駅目、但し7駅目の四條畷駅途中下車3番ホーム木津方面行き区間快速に乗り換え)〜(約1時間半)〜JR津田駅〜(約0.5〜1時間)〜(入山口にトイレ、東屋有り)〜源氏の滝(←高さ18m)〜(約0.5〜1時間)〜交野山山頂観音岩(山頂手前に和式トイレ、東屋?テーブル有り)

ギリギリ午前中出発。東大阪方面。乗り換え2回ともややこしいですがJR津田駅降りてそのまま入山口行けるようで、アクセスはまだ近い&スムーズでマシです、、が、津田駅到着から入山口迄結構遠し。(;´Д`)
駅前セブイレにて飲食物&軽登山1日保険購入。
駅前出てずっと左へ進み、機物(はたもの)神社が左に見えたら左折、駅裏方面山側の坂を登る。

14時頃に入山口到着、
16時頃に山頂到着、
17時〜半に下山開始、
18時に入山口に戻る。

害獣&スズメバチは居ないようです。ただ傾斜キツいし手を使うプチ岩場&沢も山頂手前に有るので登り下山時共に足元注意。ナイトハイクは危ないかも。目印や標識もあまり無いです。
他ハイカーさん達も数人&数組チラホラ。
観音岩の有る山頂は狭いですが各野鳥が居ます(鳥獣保護区)。ゴマダラ?模様の蝶も見かけました。
山頂は風強く。翌日雨90パーだからか、、夕方には冷え込んできて18時には暗くなりました。

交野山も山岳信仰修験者の修行地らしく、源氏の滝は滝行に使われてたようです。やはり不動明王(シヴァ神)が祀られてます。入山口の史跡〘夜泣き岩〙の説明によると昔は山賊も居たようで。φ(..)

↓【今回のトラップ、その1】

滝からは神社横の階段上がらないといけないのですが、ワイ、つい見落として滝横の45度?の崖を登る、、落ち葉が積もりまくってて滑りやすい。山頂らしき場所に着くも、どう見てもココは交野山じゃない、、真ん中くり抜かれた大きい岩とか数個が点在。
ワイ、ザレ場用のチェンスパ装着。メット帽子の顎紐を締め、トレポをフル活用&木を掴んで崖を下る。最後らへんは滑り台みたいに滑って何とか正規の登山道に戻る。。(;´Д`)ハァハァ

↓【今回のトラップ、その2】

下山時に パキ パキ と木の枝を踏む音が数回聞こえる。
ファッ!?
崖から聞こえるのでハイカーさんでもなく、鳥でもなさげ、、
ワイ、ザック左側に吊るしてた火薬玩具銃に火薬キャップを詰める。数発鳴らす。(パン!と響く音。耳を塞ぐ程では無かったす。)
一応進む。まだ怪しかったけど。。
更に二手分かれたトコで道間違えしてたのに気付き、又山頂迄戻る。。(;´Д`) 
下山完了寸前でも崖方面から パキ パキ と音、、何だったんだろ。(-_-;)

交野山、そんな手軽には感じなかったですが、街中からまだ近いほうで標高もそんなに無く、入山口&山頂手前にトイレも、色々と史跡&見所も有り。( ・ิω・ิ)

まあ、だいぶ冒険ゴッコ成分補給出来ますた。( ・ิω・ิ)

この写真のスポット

このテーマの投稿写真

このテーマの写真をもっと見る

おすすめ投稿テーマ

投稿テーマをもっと見る