Sotoshiru icon
100メディアのアウトドア情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
  • Thumbnail image
写真をSNSでシェア
嬬恋村の車坂峠登山口から黒斑山へトレッキング。黒斑山は浅間山の外輪山の最高峰で標高2,404 mの山です。表コースから山頂まで標高差420m以上、水平距離2.5kmです。下山は中コースをプランニング。登山口も整備されていて表コースと登山道も美しくいい感じです。しかしながら、登山口から車坂山をいったん登りまたすぐ下るところが最初にあるのですが自分にとってはこのプチプチ縦走?があとあとプレッシャーに…。たったの標高差30mなのですが、疲れた身体では自分にとってはきついかも。中コースで下山すれば大丈夫なんだけど…。なんて考えながら登り続けました。登山コースは登りやすく途中で現れる景色も最高です。でも他の登山者が現れず、だんだんひとりだけの孤独な登山となり不安になってきました。不安が頂点に達し下山することを決意しました。1.2kmぐらい歩いたところで下山です。気分が乗らない時も撤退と決めています。そうと決まったら急いで下り始めました。気持ちが緩んでいたのか少し下ったところでいきなり転倒…。しかも、初めて前からの顔面から崩れ落ちるように転倒しました。ストックで支えましたが間に合わず。転んでいる時は意外と冷静でスローモーションのように感じ、何処を守るかを考えていました。顔は絶対守ろうと体制をとりました。次に膝を守ろうとしましたがそれでも軽い打撲と擦り傷に。転んだ瞬間は立ち上がろうとしてもまるでパンチでノックアウトされたみたいに腰や膝がガクガクで簡単には立ち上がれません。しばらくかがみこんでから立ち上がります。なんとか歩けます。大ケガしなくてよかった。あとこのコースで下山するとあの車坂山を登り返すけど、この痛めた右膝で大丈夫かな…。それでもなんとか無事に下山。山の神様に感謝。登山初心者の私にとって、前からの転倒経験は登山の厳しさを改めて思い知らされました。少し油断してたかも。今年初の撤退となってしまいましたが、これに懲りずにまたトライしたいです。黒斑山はとてもステキなお山だから山頂まで行きたい…。

スポット

公式SNSでも最新アウトドア情報を更新中

小泉桃太郎の他の投稿

アプリでもっと見る すべて見る