Sotoshiru icon
100メディアのアウトドア情報まとめ読みアプリ「ソトシル」 無料DL
Thumbnail image
写真をSNSでシェア
長男、次男(トイプードル) と今年初キャン。
設営、撤収にやたらと時間が掛かったせいもありグッタリ。

帰路のハンドルを握りながら振り返った結果、以下のような課題が浮かび上がってきた。

①荷物が多くて積み降ろしに手間取った。
②新ギアのセッティングと収納に手間取った。
③リビシェル用インナーテントの撤収がプラス1の手間だった。
④サイトに到着してから薪を買い忘れたことに気付き、売店との間を余計に1往復した。
⑤相変わらず長男を設営、撤収時の戦力して活用出来なかった。
⑥チェックイン可能時間が遅くて(14:00〜)、レイトチェックアウト(11:00〜)もできないサイトだった。

各課題の解消策は次のとおり。

①「あれもこれも」ではなく「あれとこれと」の観点で最低限必要なギアを取捨選択する。
②新ギアは事前にセッティングと収納の手順をリハーサルしておく。
③長男用のコットをゲットしコット寝デビューさせる。寝相が悪いので落ちないか心配だが。
④薪を買い忘れない。
⑤ペグ打ち、抜きはまだまだ非力で無理。洗い物と特定のギアのセッティングと収納にアサインする。
⑥早い時間にチェックインできて、チェックアウトもゆっくり、あるいはレイトチェックアウト可能なサイトを選択する。

限られた時間を有効に使うにはキャンプ前の準備が大切だということですな。
まあ、最低2泊3日できると課題の質も変わるんだろうけれど。

そんな中、良かった点も幾つかあった。

①お米を予め水に浸しておけたので美味しく炊けた。
②初挑戦のオムレツにも関わらず長男が美味しそうに食べてくれた。
③シンプルなレシピの料理をチョイスしたので調理時間が短く済んだ。
④出発前に買い出ししておいたから現地で買い物時間を費やさずに済んだ。
⑤ちょい少なめを意識したことで食材がほとんど余らなかった。

食に関することばかり 笑。
公式SNSでも最新アウトドア情報を更新中

ぱーるの他の投稿

アプリでもっと見る すべて見る